話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

模擬戦

はじまりの合図と同時にスティラが消えた、周りにはそう見えただろう。だが俺にははっきりと見えていた。初めの合図とほぼ同時に俺の左側の首目がけて斜めに斬ろうとしてくる所まで。
全て見えていた俺は剣を左手で持ってスティラの初撃を防いだ。
この攻撃を防がれたスティラは直ぐに後ろに飛び距離を取った。

「やっぱりそう簡単にはいかないわね」

防がれた本人はやっぱりという表情をしていたが、周りはそうではなかった。

「もしかしてレイモンドさんの一撃を防いだのか!?」

「いつもより本気だぞ……その攻撃を防ぐって、あの新入生何者だ?」

ルル達を除いて、全員が驚愕の表情を浮かべていた。

「分かっててなんであんなバカ正直に突っ込んできたんだ?」

「小手調べよ。あれで倒れたら私の本気が出せないでしょ?」

「そうか。なら本気を見せてみろよ」

「言われなくてもそうするつもりよ!」

そう言うとスティラの目の色がうすい桃色から燃えるような赤色に変化した。

⦅あれは魔眼の一種ですね。どのような魔眼なのかは見てみないとわからないですが、おそらく身体強化系の魔眼でしょう⦆

(解説ありがとな)

「どう、ビックリした?でもまだまだよ!」

俺の返答を聞く前にスティラからそれなりの魔力を全身から感じた。身体強化と防御系の同時展開だろう。

「さぁ!いくわよ!!」

さっきまでとは別人のような速さで迫ってくる。しかし俺はそれでもはっきりと見えている。

カーン!

木刀と木刀がぶつかる音が鳴る。1秒間に5回ほどの交差。こんな激しい戦闘をして周囲に被害が及ばないはずはなく、小さい石などが飛んでいるが、そんなことはお構いなしにスティラは俺に連撃を打ち込んでくる。
それが30秒ほど続いて、鍔迫り合いになった。

「あんた何で反撃してこないの!?」

「さっきのお前みたいに小手調べしてるだけだ」

「何言ってんの!もうあたしは本気で戦ってるのよ!」

「分かったよ。それじゃ、ちょっと本気を出すか」

そう言って俺は強引にスティラの剣を押し返して距離を取る。

「あんたの本気を見れるなら準備ができるまで待ってあげる!」

「それはどうも。誰か、もう一本木刀を貸してくれませんかー?」

俺は周りに呼びかけた。すると審判の男子生徒がこっちによってきた。

「僕ので良ければ貸すけど、まさか2本持って戦うつもりかい?」

「そうだ。問題ないだろ。もしかしてルール違反か?」

「いや、そんなことは無いんだけど、単純な考えで二刀流は扱えないよ?」

「単純な考え?」

「剣を2本持てば手数も2倍になるって考え方だよ。そんなに簡単じゃないんだけどね。均等に攻撃出来ずにどうしても利き手の方が多くなったり、片方手の方に釣られたりですごく難しいのさ。二刀流のスキルを持っていたら別だけどね」

「なるほどな……忠告ありがとうございます。でも大丈夫ですよ」

俺は男子生徒から木刀を受け取る。持った感じ長さも重さもほぼ同じだ。

「頑張れよ、期待してるから」

「ありがとうございます」

「もう話は終わった?」

話が終わったタイミングでスティラから声が掛かった。

「終わったぞ」

スティラは俺の顔と今受け取った剣を交互に見て呆れた顔をした。

「二刀流、ね。あなた本気でって言ったのよ?」

「そう言ったしこれが俺の本気だ。まぁ、本当の本気は魔法戦なんだがな」

「だったら尚更負けられないわね。あなたの家は魔法家庭。私は剣術家庭。それも世界最高峰の剣術流派。それにそんなふざけた戦い方をする人には特に負けられない!」

「分かった分かった。それじゃあ……いくぞ!!」

第2ラウンドが始まった。


「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く