話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

事情聴取

歩き始めて30分、やっと王都の北門に着いた。

(結構遠いところにいたんだな)

お父さんが北門の兵士に王都に入る手続き……というか貴族証を見せて俺たちのことを指さす。

「このまま王城に行く。入っていいな?」

「どうぞ、お通り下さい!」

俺達は王都に入って王城に向かって歩き出した。

王都の中は何事も無かったかのように平和だった。




王城の門を潜るとついてきていた騎士達は聖騎士のリーダーの人を除いてどっかに行った。

リックは馬を降りて王城の入口にいる騎士に要件を伝えた。

「リック・ミラ・アウィーズだ!」

リックがそう言うと騎士のひとりが扉を開け、もう1人が俺達の前をいき、案内する。恐らく先行した騎士の人がいたから事情は知ってるんだろう。

「こちらでお待ちください!」

数分歩いて俺達が案内されたのは会議室のようなところだ。

真ん中に長いテーブルがあり、それを挟むように5人ほどが座れるソファが2つとテーブルの短い方に2人ほどが座れるソファが2つある。

リックは扉から遠い方のソファの角にに座り、俺はその隣に座る。スティラは俺の隣、そしてもうひとつの角にヴァイスが座った。聖騎士のリーダーの人は俺たちのソファの後ろに立っている。

陛下を待つ間沈黙が続いた────が、ヴァイスがいきなり立って俺が座っているソファとテーブルの間に来て膝をついてに話し出した。

「エリックく……様でしたか?この度は本当に申し訳ありませんでした!」

「はぁ……」

「……エリック、この国は他種族国家だ。種族差別はほとんどないが……魔族は別だ」

「どういうこと?」

「エリックは魔王の存在を知ってるよな?魔王は魔族の王、そして魔族はその手下だ。そして、お前はヴァイス殿に魔族と言われた。お前はどう思う?」

(え?魔王って魔族の王のことなの!?)

⦅いえ、魔王とは魔族ではなく魔物の王であり、魔族とは全く関係ないですよ?というかマスター、昔話とか読んでましたよね?あれには魔族の王と書いてあったはずですが?⦆

(あれー……そうだっけ?)

⦅はぁ…⦆

かすみに呆れられた気がするのは気のせいだろうか?


(もうひとつ疑問に思ったんだけど魔物は魔族が作ったのか?)

⦅それも違いますね。太古の昔、生物を作る際に一緒に作られましたし⦆

この国、というかこの世界大丈夫か?

「その顔はなんとも思ってないようだな」

「まぁ、魔族だから何?って感じかな?」

「俺とは価値観がだいぶ違うみたいだが……まぁいい、そろそろ陛下がいらっしゃるだろう」

リックがそう言うと外から声が聞こえた。

「陛下をお連れしました!」

ガチャっと音を立てて2枚扉が開いた。
そこには陛下とデルガ公爵と紙とペンを持った文官らしき人がいた。がいた。俺たちは椅子から立って礼をした。

「座っても良い。ここは公式の面会の場ではなく、緊急事態に伴う事情聴取の場だ」

俺たちの向かいのソファに陛下とデルガ公爵が座り、文官の人はテーブルに紙を置いて2人用のソファに座った。

「いきなりだがエリック、お主があの魔力を出したのか?」

「はい」

「どうやってあれほどの魔力を出したのだ?」

「覚えていません」

というか魔力を出してる感覚とかなかったし。

「正直に話すつもりは無いと……」

「いえ、そういう訳では……」

「もう一度聞くぞ?」

その瞬間陛下の目が少し光った気がした。

「どうやってあれほどの魔力を出したのだ?」








「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く