話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

仲間の再認識

「ふぅ~、こんなもんでいいかな?」

夜ご飯を作り終わり、ひと息ついていると家からルルとユイ、デモンが出てきた。

「おはよう、もう大丈夫か?」

「うん。もう大丈夫だよ。あと、さっきは運んでくれてありがとね!」

「お礼はいいって。それよりもマリとタマはどうした?」

「マリちゃんはタマを抱いて寝てる。タマが可愛そうだけど」

ユイが苦笑しながら家の方を見て言った。

「まぁ、あいつはマイペースなとこもあるからな。別にいいんじゃないか?」

「そう?なら放っておく?」

「そうだな。そうしとこうか」

「うん。それよりもお腹、すいた」

お腹をさすりながらユイが言う。
ユイは顔の表情は豊かだけど言葉は無表情というかなんというか。まぁそれもそれで可愛いんだけどな。
でもユイは少女よりも幼女よりかな?身長は120センチくらいか?俺とはまあまあ身長差はあるし、デモンと比べればすごい差だしな。

「分かった。じゃあご飯にするか!2人も食べるだろ?」

ルルとデモンにも聞くと頷いた。ルルは勢いよく待ってましたと言わんばかりに頭を上下に振っていた。

「皿に分けるからそこの倒れてる木に座って待っててくれ」

「私はご主人様のお手伝いを致します」

「おう、助かる!」

「じゃあユイちゃん!私たちは待っとこ!」

「分かった。あ、あとエリック」

「ん?どうしたー、ユイ?」

「今日は大盛りで」

手を前に出し親指を立ててドヤ顔をしている。

「いいぞー!いっぱい作ったからな!」

ユイは嬉しそうに笑いながらルルと倒れている木へ向かった。

俺おデモンは皿に分けながら雑談をしていた。
するとデモンは俺の顔を伺うようにして聞いてきた。

「あの、ご主人様」

「どうした?」

「その、いきなりなのですが、明日までに1度、悪魔界へ戻らないといけないのですが、その......許可していただけませんでしょうか?」

「それはいいけどさ、向こうで何かあったのか?」

「さっき、悪魔だけが使える念話で会議の招集がかかったのです」

「会議?そんなのがあるのか?」

「はい。数十年に1度、帝王以上の悪魔達が向こうで集まり、会議をするのです。主な内容は、悪魔界の内情やこちらの世界のことなど、様々なのですが......」

「悪魔でも情報交換は必要だもんな。それで、いつごろ帰ってくるの?」

「その事なんですが、悪魔は主人に呼ばれない限り悪魔界から出てくることは出来ないのです。」

「ということは俺がもう一度呼び出すということか」

「はい。それも含めてお願い出来ますでしょうか?」

「さっきも言ったけど俺はいいよ。いつごろ呼び出せばいいか?」

「分かりませんが7日ほどたった時に呼び出していただければと」

「了解。じゃあ飯食ったら向こうに行くのか?」

「はい。そうさせていただきます。」

「分かった。っと、全員分わけ終わったかな?」

「ですね。では運びましょうか」

「だな。」

2人の元に向かうとマリも起きていた。寝癖がひどくて髪の毛が結構はねていたが。

「おう、おはようマリ。」

「ふぇ?あ、おはようございましゅ。ご主人しゃま。ふわぁ~」

「ほんとに寝起きだな......それはいいや。とりあえずお前も食べるか?」

「あ、はい。じゃあマリも食べますね」

マリの分も分けといて良かったと思う。
そう言えばマリに抱き枕にされていたタマだが毛並みがぐちゃぐちゃになっていたので後でクシで整えてあげよう。

「よし、タマの分もできたし食べるか!」

「神々に感謝を!」

「「「「感謝を!」」」」

これがこっちの「いただきます」らしい。
初めて聞いたとはびっくりしたな。

「んんー!このお肉おいしいです!これはご主人様が作ったのですか!?」

「あぁ、そうだよ。口に合ったか?」

「はい!とても美味しいです!」

相変わらずマリは元気だな。髪はボサボサだけど。

「.........美味しい」

ユイは食べるのに夢中であまり聞いていない。
口いっぱいに詰め込んでなんだか小動物の食事を見ているみたいだ。

「とても美味しいです。流石はご主人様でございます。」

デモンは相変わらず俺のことを持ち上げ過ぎだな。面と向かって言われるとちょっと照れるけど。

「やっぱりエリックは料理が上手だね!おば様のお教えを受けてるからだよね!」

「まぁな、でもお前も料理くらいできるようになれよ?」

「その内ねー!」

相変わらずルルもルルだな。
こうして見ていると旅の仲間も増えたなぁ。
初めにマリとデモン、タマと出会ってタマをモフり倒し、その次に奴隷商でユイと出会い、怪我を直したりもしたな。
この数日で色々ありすぎたかな?
ま、どれも全部楽しかったけどさ。

「おーい、エリックー!どうしたの?」

「え?いや、考え事してただけだ」

「何を考えてたの?」

「この数日で仲間がたくさん増えたなぁーって」

「確かにそうだね。マリにデモンにユイ、そしてタマも。みんなここ何日かで仲間になったんだね」

「そうですね。マリも皆さんと出会えて嬉しいです!」

「私もご主人様と、皆さんと出会えとても嬉しいです」

「ん。ユイも嬉しい。もぐもぐ」

ユイは話は聞いているんだろうけど食べるのに夢中なんだな。可愛い奴め。

「俺もみんなと出会えて嬉しいよ。これが運命なんだろうな」

「運命......」

マリがぼそっと呟いた。声が小さすぎて何を言っているのが聞き取れなかったが。

「どうした、マリ?」

するとポーっとマリの顔が赤くなり慌てた様子で

「な!何でもないですよ!へへへ」

「そうか?」

「そうですよ!」

「エリック、ちょっと鈍感がすぎるんじゃない?」

「え?鈍感?何が?」

「もぉー!」

ルルが呆れた顔をし、マリがムスッとしてしまった。

「まぁいいや、食べ終わったらもう寝るか?」

「なんか話をごまかされた気がするー!」

「そ、そんなことはないって!」

「まぁいいけど。」

「絶対信じてないだろ......」

「......ぷはっ、ごちそうさま」

こっちの世界では「ごちそうさま」はあるらしい。

「え?早いな、ユイ」

「美味しかったから、早く食べちゃった」

「ふふっ。もぉー、ユイちゃん。顔にソースがついてるよ?こっち向いて」

「ん」

「こうして見ていると2人は姉妹みたいだな」

「ですねぇー!」

「よし!ちゃちゃっと食べてもう1回寝るか」

「そうしましょ!」

やっぱりマリはマイペースだな

「あれ?そう言えば黒龍は?」

「そう言えばなんかエリックのベッドに女の子がいたような......もしかしてあの子が黒龍!?」

「そう言えばあの状態は見たことなかったな。」

「あの子ならまだ寝てたよ」

「そうか、ならほっといても大丈夫か」

「そうだね」

その後、少し話しながらご飯を食べ終え、片付けをし、ベッドに入った。
食事の時にデモンのことも話しておいた。

そして俺はデモンと一緒に外に出て見送った。

「では。また7日後に」

デモンは礼をしながら黒い渦の中に吸い込まれていった。

「よし!ちょっとだけ実験でもやって寝るかー!」





ふぅー。なんかいっぱいかけちゃいました笑
少し多いけど許してぇー!

「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く