話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

戦いのやりなおし





エリック・ミラ・アウィーズ  15歳  
Sランク冒険者
Lv12495
HP ∞
MP ∞
攻撃力 ???
防御力 ???
俊敏力 ???
魔法攻撃力 ???


〈攻撃〉
剣技Lv14 弓技Lv16 体術Lv17


〈魔法〉
火属性極Lv13  水属性極Lv1  風属性極Lv3  
真光属性Lv1  真闇属性Lv1


〈帝王スキル〉
魔力操作  


〈神スキル〉
創造神  破壊神  生命神  代行神  叡智神  
空間神  結界神  偽造神  鑑定神  召喚神  
契約神


〈唯一スキル〉
無詠唱  二刀流  三本矢  瞬間移動  経験値5倍 精霊化 悪魔化


〈称号〉
転生者  神  世界の理を知るもの  魔法の神  炎神  水神  風神  光神  闇神  精霊神の契約者  悪魔神の契約者  竜殺し


〈眷属〉
ダークフェンリル  ダークウルフ  マリ  
デモン  ユイ 



「真闇属性ってなんだよ......」

俺は目の前にいる黒龍にバインドをかけたまま・・・・・考えた。

(真闇属性ってなんなんだ?ほかの属性も極とかついてるし、光属性に至っては闇属性と同じ真がついてるし...)

「は…はやく...この...ばいんど...を...とい...て...」

(この極とか真ってなんだ?見た感じだと普通の魔法よりは強いことは分かるけど............。うーーん)

「お...おねがい...はやぐ...どいで...」

「あ!わりぃわりぃ、今解くな」

そう言って俺はバインドを解いた。

「ぜぇー、ぜぇー、ぜぇー、ふぅー。やっと解いてくれた!あれすごく苦しかったんだよ!僕死ぬところだったんだよ!」

「ごめんって、許してくれよ。で、どうする?契約してくれるのか?」

「むぅー!なんか軽いなぁ。じゃあもう1回!」

「じゃあ今度はバインド無しでやるか?」

俺は勝てると思っていた。だってあれだもん。

「今度は戦うんじゃなくて、魔力と殺気当てで勝負だ!」

「魔力あては分かるけど、殺気当てって何?どうやってやるの?」

「?ボクは知らないよ。なんか出せるからやってるだけだよ?」

「おいおい、なんで出せるんだよ」

俺は振り返ってルルに助けを求めた。

「殺気っていうのは相手を殺したいとかそういう感情のことだよ。普段は魔力と殺気、同時に出すことは難しいけど、大切な人が殺された時とかそういうことがあった時は自然と両方出るらしいよ」

「例え方が物騒だな…ま、やり方はわかったしその勝負のった!」

「ふーん、人間の癖にあんな魔法が使えてもこの勝負には勝てないんじゃないかな?」

「そんなのやってみないと分からないだろ?」

「随分と威勢がいいね!」

「まぁな。やったことがないことに挑戦するんだ、テンションくらい上がるさ」

「それじゃあ、始めようか!」

それを合図に黒龍は魔力と殺気を全力で出した。

(確かに魔力は感じる。すごい魔力だ!ここまでの魔力は見たことない!あれ?でも......殺気が分からない?そもそも殺気が感じ取れない。なんでだろう?)

そう思い後ろを振り返り、みんなのことを見てみるとみんな気絶していた。

(.........って、おぉーーい!なんで気絶してんだよ!)

すると黒龍が魔力を収めて

「ふん!やっぱり人間程度僕の魔力と殺気に当てられて怯えて......ない!?なんであれを食らって普通に立ってるの?普通は後ろの子みたいになるはずだよ!」

「え?そうなのか?俺は少し強い魔力しか感じ取れなかったけど」

「もういいよ!次は君の番だよ!さぁ!早く!」

(まぁ、とりあえずやるか。殺気っていうのは相手を殺したいとかそういう感情だったはず。だったら......)

そして俺は黒龍を視界から外し目を閉じ、
(殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す)

そう思いながら魔力を半分だけ解放した。
流石に全部の魔力を出して魔力切れを起こして倒れたくはない。

すると地面が揺れ、俺達が入っていた異空間自体が揺れだし、やがてその空間は破壊された。

異空間が破壊されたことによって、元の世界に戻ってきたが、俺の魔力と殺気は収まっていない。

木々がざわめき、大地が割れ、近くにあった木々は倒れそうな程に傾いている。

「ちょっ...と...はや...く...とめ…......」

(ん?黒龍の声がしたけど途中で途切れたぞ?)

俺は魔力と殺気を収め、黒龍を見る。
その体は倒れ、白目を向き、よだれを垂らして気絶している。

「えぇーーーーーー!なんで気絶してるの!?回復魔法かけた方がいいかな?」

だが俺は、迷わずに回復魔法をかけた。

「んん、あれ?なんで倒れてるの?うぅーん......。はっ!そうだ!あの時、君の魔力と殺気を受けてそれで......そっから記憶が無いなぁ」

「とりあえず大丈夫か?」

「うん、僕は大丈夫だよ。でも後ろの子達が......」

「うん?」

俺は後ろを振り返った。

「忘れてたぁー!」

そして俺はみんなに回復魔法をかけた。



10分が経った。
流石に辺りが暗くなり始めているので簡単な家を土魔法で作り、ベッドも人数分作った。
みんなをベッドに寝かせてから黒龍の方を見ると口をあんぐり開けていた。

「ね、ねぇ、君って無詠唱でこんなことが出来るの?」

「そうだけど?」

「そうだけどって...」

「まあまあ、っと。そんなことより、みんなが目を覚ましたっぽいぞ」

そう言って俺は家の中に入ってみんなを見る。

「あれ?私、黒龍の魔力と殺気を受けて...それで......だめ、思い出せない」

「マリもです」

「私も同じく」

「ユイもー」

「ニャー」

「みんな揃ってかよ。まぁ、あいつとの勝負は勝ったぞ。」

「えぇー!エリック、あの恐ろしい圧に何ともなかったの?」

「圧?俺にはただ少し強い魔力しか感じられなかったぞ」

「え?そ、そうなんだ、へぇー.........」

なんかルルだけじゃなくみんなまで唖然としている。

「あ、契約は終わったの?」

「ん?あ、忘れてた。つい力を出せることにテンション上がってて。」

「ふふっ、エリックらしいね。はやく契約してきたら?」

「そうだな、そうしてくる」

そう言って俺は簡易的な家を出て黒龍の元へ向かった。







み、皆さん。お久しぶりです......
やばいです、マジやばいです!
て、テストが!テストがぁぁぁー!…>_<…
それでも頑張って小説は投稿しますが。
あと、点の感じを変えてみました。「・・・」から「...」に変えたんですがどうでしょう?あまり気にしていなかったので善し悪しは皆さんで評価お願いします。
これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m
8/1   名前を改訂しました。

「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • レッディー

    投稿楽しみにしてます

    3
  • うた♪♪

    (*´▽`人)アリガトウゴサイマス♡

    1
  • 咲

    面白いですね!

    4
コメントを書く