話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

契約なのだが・・・

昨日の夜はルルと色々・・と楽しんだのであまり寝てない。
なのでただいま絶賛寝不足です。
「ふわぁ~」
「エリックがなかなか寝かせてくれなかったからすごく眠たいよぉ~。ふわぁ~」
二人揃って大きな欠伸をした。
「よし。あまり気分じゃないけどそろそろ出発するか。ふわぁ~」
(やばい、まじ眠い。昨日ルルとやりすぎたかな?)
「そうだね。このまま行けば夕方までには着くと思うよ。」


時々魔物に襲われたりしたが負けるはずがなく無事に王都に到着した。まだ2時頃だろうか?
「予定より早くついたな。」
「だね!うわぁー!ここが王都かぁ~!」
ルルはしゃいでいた。
「まず初めに教会に行くからその後で少し観光でもするか。」
「うん!そうと決まれば早くいこー!」
そう言ってルルは俺の手を掴んで引っ張っていく。
「お、おいルル!あんまり引っ張るなって!」
王都はやはりすごく賑やかだ。大きな道の両端には隙間がないくらい店がたくさん出ている。

少し歩くと協会が出てきた。
外観はフランスにあるシャルトル大聖堂みたいな感じだ。
「中に入ってみるか。」
中に入ると真ん中に赤いじゅうたんで道があってその両脇に3、4人がけの椅子と机が10列ほど並んでいて、正面には石で掘られた像がある。
(あれが女神様か?)
今は契約だ。
近くにいた白い服を着た女の人に声をかける。
「あのー。少しいいですか?」
「どうしましたか?」
「ここで精霊と悪魔の契約ってできますか?」
「はい。右にあるカウンターで手続きを行っております。」
「ありがとうございます。」
俺がそう言うと女の人は一礼して歩いていった。
「行くぞー、ルル。」


カウンターに着いた。
「あのー、ここで精霊と悪魔の契約が出来るって聞いたんですけど・・・。」
「すると中にいる少し年をとった男の人が
「できますよ。おひとり様銅貨10枚です。」
俺は二人分、銅貨20枚を渡した。


☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜
お金の説明をしよう!
この世界には白金貨、大金貨、金貨、大銅貨、銅貨、銀貨がある。
銀貨・・・1円

銅貨・・・100円

大銅貨・・・1万円

金貨・・・100万円

大金貨・・・1億円

白金貨・・・100億円

くらいの値段だ。今回は1人銅貨10枚だから1000円くらいなのだ。
ちなみに俺は10億ほど持っている。
なぜそんなに持っているかって?
侯爵家の息子だもの!
☆。.:*・゜☆。.:*・゜☆。.:*・゜


お金を渡して10分ほど待つと隣の扉から先程のおじさんが出てきた。
「手続きが完了致しましたので付いてきてください。」


その人について行くと周りは白くて部屋の真ん中に石で掘られた魔法陣が2つあった。
その後、おじさんから精霊と悪魔についての説明があった。
・精霊と悪魔は対極の存在であり1人の契約者に両方が契約することはない。(理論上は可能)
・精霊と悪魔には位がある。
・帝王以上は擬人化というスキルを持っている。
・帝王は10、神は1人ずつしかいない。
・契約の基準は不明。
ということだった。
「ではこちらの針を手に指して、両方の魔法陣血をにたらしてください。その後、適当でいいので詠唱してください。」
俺は言われた通りに血をたらした。
「我の声が聞こえたなら答えろ!そしてここに姿を表わせ!」
(中二病みたいで恥ずかしいけど周りは普通だから良かったなあ。)
すると両方の魔法陣から煙が出てきた。
(出てくる時って煙が出てくるんだよな?両方から出てるぞ。)
次の瞬間魔法陣から煙が飛び出してきて部屋を覆った。煙が晴れると両方の魔法陣の上には人がたっていた。
精霊の魔法陣の方には身長が150センチくらいで白っぽいグレーの髪型をしている白いワンピースを着たかわいい女の子がたっていた。
胸はそれなりに大きい。
悪魔の魔法陣の方には白いシャツに黒いスーツという執事みたいな格好をした身長が190センチはあるすごくイケメンな男の人が立っていた。
おじさんは驚いていた。
「き、君それは?」
「精霊と悪魔じゃないんですか?」
「まさか!?両方の召喚に成功しただと!?しかも人型ということは帝王以上!」
「おぉー!そうなのか?」
俺は二人の方を向いて
「ちっちゃい子が精霊でこっちが悪魔でいいのかな?」
「「はい。主(ご主人様)」」
「よろしくな!で、どうやって契約するんだ?」
「既に契約は完了しております。あと、私たちを主の眷属にして頂けないでしょうか?」
「おう!いいぜ!」
「ありがとうございます!ご主人様!」
そして二人を眷属にすると何かが体の中に流れ込んできた。
(なんだ?この感覚。)
⦅二人を眷属にしたので一部の能力が流れてきたのかと。⦆
(なるほど!)
するとおじさんが
「君たち二人は人型だから帝王以上でいいのかな?」
「わたしは精霊神だよ~。」
「私は悪魔神です。」
「ま、まさか!?精霊と悪魔を召喚して、しかも両方が神なのか!?」
するとおじさんは気絶した。
「二人とも名前とかある?」
「「いえ、まだありません。」」
「じゃあ俺がつけるよ?」
すると精霊神が
「ほんとに!?ありがとうございます!」
とうれしそうに言った。
(うーん・・・)
「よし!決めた!精霊神はマリ、悪魔神の方はデモンだ!」
「ありがとうございます!ご主人様(主)」
「よし!次はルルの番だ。」
「わかりました!」
ルルは魔法陣に血をたらして、
「我と契約を結べ!今ここに現れろ!」
と言うと精霊の魔法陣の方から煙が出てきた。見た目は猫だが少しでかい。
ルルはこの子にタマと名ずけた。
(猫にタマとかテンプレすぎるだろ!)
心の中でそうツッコミを入れた。
ちなみにタマは上級精霊だった。
タマはすごく毛が多くてもふもふだ。
「終わったし次はギルドに向かうか!」
「「「はい!」」」
「ニヤァー!」
そして4人と1匹はギルドに向かった。

「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ふれぐら

    銀貨と銅貨を逆にしたほうがいいんじゃないんでしょうか。

    0
  • シン・ウォルフォード

    教会が協会になっているところがあります。

    0
  • べりあすた

    あえてポチ

    1
  • うた♪♪

    色々なサイトでかなりの数の小説を読んでいるので、かぶるかも知れません。
    似ていることについてはごめんなさい。

    3
  • ノベルバユーザー169512

    なろうのスキルの種 〜俺のチートは 以下省略〜の契約内容が似ているのですが。

    3
コメントを書く