話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

旅の途中楽しい夜

またしばらく歩いた。
「そろそろ昼ごはんにするか!」
「うん!」
俺は空間神で作った収納から弁当箱と水筒とレジャーシートを取り出した。
「「神々に感謝を!!」」
弁当にはサンドウィッチがたくさん入っていた。具材はレタスや卵、とんかつみたいなものまであった。
「ねぇ、エリック。王都についたら初めに何やるの?」
「まずは冒険者登録をしたいからギルドかな?」
「教会には行かないの?」
「教会?なんで?」
「知らないの?王都の教会に行けば精霊と悪魔の契約ができるのよ。契約できる人はほとんどいないけど。」
「精霊と悪魔ってなんだ?」
「え?エリック知らないの?精霊は霊界に、悪魔は魔界に住んでいる魔物みたいなものだよ。魔法みたいに位があって精霊は
精霊神>精霊帝王>上級精霊>中級精霊>下級精霊、
悪魔は
悪魔神>悪魔帝王>上級悪魔>中級悪魔>下級悪魔
という順番。そして帝王以上は擬人化というスキルを持っているの。
上級まではたくさんいるけど帝王は10人、神は1人ずつしかいないの。」
「へぇ~、そんなんがあるのか。よし!まずはついたらそこに行くか!」
「うん!」
そして俺たちは昼ごはんを食べ終わり、再び王都に向けて出発した。


気づけばもうすぐ日が落ちる。夜の森は魔物の発生する速度が少しだが上がるため危険だ。
いい感じに開けた場所があった。
「よし。ここら辺で今日は野宿かな?」
「分かった。ちょっと待ってね、今テント出すから。」
「いや、いいよルル。」
「え?なんで?」
「なんでって、家を作るから。」
ルルは目が飛び出そうなくらい驚いている。
「ここら辺に立てるか。」
すると簡単な家ができた。
「まぁ豆腐小屋に近いけど一晩だけだしいいだろ。」
「エリック、こ、これは?」
「家だけど?」
「だよね。あはは。」
ルルの笑いはぎこちなかった。
「とりあえず入るか。」
中はワンルームに風呂とトイレがあるがそれ以外は何も無い。なのでベッドを二つ作った。


俺たちは夜ご飯を食べて、風呂も入った。
なのであとは寝るだけである。
「ふぅ~。なんか今日は色々疲れたなぁ~。」
「ほんとに、エリックのには色々驚かされたし。」
「はははは。まぁそれはいいとして、明日の夜までには王都につきたいな。」
「うん。夜の7時には門が閉まっちゃうからね。」
「まず王都についたら教会に行って、それからギルドに行く、それでいいよな?」
「うん、いいよ!」
「よし!予定は決まったしそろそろ寝るか。」
「あ、あのさぁ。エリック。」
「ん?どうした?」
「告白の続き。まだ、その・・・返事、もらってない。」
「あ、あぁ。そういえばまだだったな。」
(やばいやばい。めっちゃ緊張する。ちゃんと伝えれるかな?)
「お、俺も好きだ。お前のことがすごく好きだ!」
テンパって声を張ってしまった。
「え?ち、ちょっと!そんなに叫ばないでよ!恥ずかしいじゃない。」
ルルは「ううっ・・・」と言いながら枕に顔を押し付けている。
そして落ち着いたのか顔を上げて
「わたしとエリックはカップルってこと?」
と言ってきた。
「そ、そうだよ。言わなくても分かるだろ?」
ルルは風呂から上がってすぐだからちょっとエロい。
「あ、あのさぁ。その・・・。」
するとルルが俺に顔を近づけてきた。
唇と唇が重なった。
「んっ…はっ」
ルルは少し顔を離して言った。
「私たちはもう恋人だからこれくらいいいでしょ?」
(やばい。今のルルはすごくエロい、それに上目遣いとか男の急所を的確についてくる。)
これに耐えられる男はいるのだろうか?
そろそろ俺の理性も限界に近い。
するとルルは
「今度は、エリックが、して?」
(もぉー限界です!)
俺はルルに顔を近づける。そしてもう一回唇と唇を重ねた。
俺は舌を入れると、嫌がる様子なく受け入れてくれた。
少し長いキスをしたあとルルはまだ何かを言いたそうにしていた。
「どうした?ルル。」
「あ、あの。し、しないの?」
「したいか?」
と聞くとルルは顔を真っ赤にしながら頷いた。
その夜はルルと楽しんだ。
さ、最後・・まではやってないよ!

「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー282808

    seyanaー

    0
  • べりあすた

    15で成人だもんな

    1
  • うた♪♪

    りんふーさん
    ( ・◇・)?

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    …( ´゚д゚`)

    2
  • うた♪♪

    一応、エリックは15、ルルは18ですよ笑
    3歳差です!w

    4
コメントをもっと見る / 書く