話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生したら生まれた時から神でした

うた♪♪

王都からのお客様

30分ほど立って少し外が落ち着いたので接客室に行ってみる。
中を覗くと真ん中に机があってそれを挟んで向かい合うように2人用のソファーがある。
右側にパパリックママエミリーが座っており、左側には茶髪の少し長い髪型で、割と身長は高く180センチ位だろうか?そしてかなり豪華な服を着ている貴族当主と思われる人が座っており、その人の少し後ろに護衛らしき人が2人立っている。
俺の両親はすごく緊張した感じで話している。
10分ほど覗いているとメイドのルルがやってきた。ルルは俺のいとこである。年齢は3歳。え?なんでそんなに若いのにメイドをやっているかって?本当は普通に住んでいるだけなんだけどメイドに憧れているらしい。でもメイドになるには幼すぎすから俺の世話役をやっている。
「エリック様、こんなところにいたんですね。部屋に戻りますよ~。」
(マジか。まぁ、来た理由とかは分かったからいいか。)
「はーい!」
かわいらしい子供の声で返事をした。
うちに来たお客は公爵だった。そして2ヶ月ほど前にあった魔物の大量発生の時に公爵が率いた侯爵、伯爵、子爵、男爵の軍隊を使って何とか魔物の進行を抑えたのである。
パパリックの父、俺の祖父のエドバンド・ミラ・アウィーズは世界最強の魔法使いである。パパリックはその血を受け継いでいるため、国内でも最強クラスの魔術師であった。父の軍隊の半分以上は魔術師で構成されていて、パパリックが直々に教えているためものすごい戦力があった。この戦闘の際、魔術師の軍隊は敵の4分の1ほどの魔物を倒し、しかも負傷した味方戦力の回復まで行ったため、ものすごい活躍をしたのである。その戦績が認められ、伯爵から侯爵に爵位をあげるために公爵がわざわざ王都からの来たらしい。
(爵位が上がったら何かいいことあるのかな?)

接客室side
「わざわざ遠いところからありがとうございます。」
「いやいや、これくらい構わんよ。さて、いきなり本題に入るが、お前の爵位を伯爵から侯爵にあげたいと思うのだがどうかね?」
「こちらとしてはものすごく嬉しい所存でございますが、どうして爵位をあげてくださるのですか?」
「この間の魔物の大量発生の際にお前の魔術師の軍隊がすごい活躍をしてくれて、王都が救われたからじゃよ。もしお前がいなかったらいまごろ王都はどうなっていたことか・・・」
「理由はわかりましたがそんなことで侯爵にあげてくださるのですか?」
「お前は王都の救世主なのだよ。だからこれくらいは軽いことじゃよ。出来ることなら公爵の後継者をお前にしたいところだが、それはさすがに周りの者も黙ってはいないんでの。」
「そんな、当然のことをしただけですよ。」
「まぁ良い。侯爵という爵位を受け取ってくれ。」
「はい!ありがとうございます、公爵様!」


エリックside
(結局爵位って上がったのかな?まぁ、俺からしたらどうでもいいけどな。)
すると横にいるルルは俺に話しかけてきた。
「エリック!あんなところで何してたの?」
ルルはなんで敬語じゃないかって?公の場とかでは敬語だけど、家族などといる時はいつもこんな感じである。
「中にパパリックママエミリーがいたから見てた!」
「そうなんだ。でもかってに部屋を抜けたらダメだよ~?」
「分かったー!」
(意外とちっちゃい子のフリって疲れるんだな。)
そんなことを思っていると外からママエミリーの声がした。
「エリック!ルル!ご飯ができたわよ!」
「「はーい!」」
2人そろって仲良く返事をした。


お昼ご飯を食べたあと、パパリックママエミリーは仕事、ルルはお勉強なので俺は1人である。
昨日と同じように書斎に向かう。
(今日は何を読もうかな?・・・・・・これかな?『魔法の知識!中級~上級者編!』)
意外とページ数が多かったので1時間弱くらいかかったが全部読むことが出来た。
魔法のレベルは1~20まであり、1~5が初心者、6〜10が普通の冒険者や騎士レベル、11~13が俺の家の魔術師で、14、15が王都最強クラス、17を超えると神の領域に入るらしい。祖父エドバンドは17レベルだったらしい。
(おじいちゃん魔法のレベル神だったのかよ。まぁ、そりゃそうか)
レベルのあげ方はその属性の魔法を撃って敵を倒していけば自然とレベルが上がるらしい。
(俺も上がったのかな?見てみよっと。・・・ステータス)


―――――――――――――――――

エリック・ミラ・アウィーズ 1歳
Lv 1
HP 1000000/1000000
MP ∞
攻撃力 15000
防御力 10000
俊敏力 6400
魔法攻撃力 ???

〈魔法〉
火属性Lv15 水属性Lv1 風属性Lv1 光属性Lv1 闇属性Lv1


〈神スキル〉
創造神 破壊神 生命神 代行神 叡智神 空間神 結界神


〈称号〉
転生者 神 世界の理を知るもの

―――――――――――――――――
(え?なんで火属性のレベルが15になってるの?昨日あの的を壊しただけなのに)
⦅理由としてはあなたがあの的を壊したからですよ。あの的はあなたのお父様でもかすり傷くらいしかつけられないほどの強度を持っていたのにあなたは軽々と破壊したのでレベルがかなり上がったと思われます。⦆
(確かにあの的は騎士団でも壊せないのは知ってたけどそこまで硬かったとは・・・・・・)
⦅おそらくあの的にほかの属性の魔法を撃てば全てLv15程になると思われます。⦆
(お、おう。そうか・・・。まぁやってみよう。・・・・・・・・・空間神発動。それから創造神発動)
昨日と全く同じことをした。
(まずは水属性からだな。念の為、一番弱いやつを撃とうかな。・・・・・バブル!)
すると前にシャボン玉くらいの大きさのボールが出てきて一直線に的に向かっていった。見事に的は壊れた、それだけでなくその周囲にクレーターのようなものがいくつか出来ている。
(俺って威力をおさえてたよな?)
⦅はい。しっかり魔力を抑えてましたよ。昨日も言いましたが、魔法攻撃力が高すぎるため、あの威力になったと思います。練習をすれば普通の威力まで抑えることができますよ。⦆
(抑えることが出来るって、練習しないとダメなんだ・・・。)
その後、全ての属性を撃ってさらに魔力を抑える練習もした。するとステータスがすごくなった。

―――――――――――――――――

エリック・ミラ・ウィーズ 1歳
Lv 875
HP ∞
MP ∞
攻撃力 ???
防御力 ???
俊敏力 ???
魔法攻撃力 ???


〈魔法〉
火属性Lv19 水属性Lv16 風属性Lv18 光属性Lv16 闇属性Lv17


〈達人スキル〉
魔力操作


〈神スキル〉
創造神 破壊神 生命神 代行神 叡智神 空間神 結界神


〈唯一スキル〉
無詠唱  


〈称号〉
転生者 神 世界の理を知るもの  魔法の神

―――――――――――――――――
(うわー、すごいことになってる。HP無限になってるし攻撃力も全部???になっちゃった。魔法に関しては神レベルだし、唯一スキルって何よ?)
⦅唯一スキルとは、ある特定の人や、特定のスキル、あるいはアイテムなどを持っていないと獲得できないスキルです。ちなみにあなたのおじい様も無詠唱を持っていたそうです。⦆
(さすがに持ってるわな。ちゃっかり称号のところに魔法の神とかあるし。もうめちゃくちゃだな。まぁ、いいや。部屋に戻ろっと。)
部屋に戻ってしばらくするとルルが呼びに来た。
「エリックー!ご飯できたよー!」
そしてルルと二人で夕食を食べる場所に向かった。
するとパパリックが、
「今日は重大発表がある。」
と言っていっしょに食べている俺やルル、そしてルルのお父さんやお母さん、その周りにいる執事やメイドに向かって少し大きい声で言った。
「実は・・・・・・・・・、」







8/1 文章をかなり改訂しました。
主に公爵との対談のところです。
名前に貴族名を入れました。

「異世界転生したら生まれた時から神でした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • うた♪♪

    リンフーさん:
    HP無限でも意外な弱点が?笑

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    HP無限ヤバすぎるwww

    2
コメントを書く