カクシダマ

黒故障

意味意味不明なステータス

「皆さんには特別な力があります。試しにステータスオープンと念じてみてください。それぞれに職業があるはずです。」

すると…

「おお!!なんか出てきた!」

「おー!!お前騎士じゃん!」

「わぁーすごい!カミト勇者じゃん!」

など色々聞こえる。ちなみにカミトとは前島の下の名前である。

そして俺はその場に立ち尽くしでいた。なぜなら…

『ステータスオープン!』

そして出てきたのがバッリバリにヒビの入っているステータス。
ヒビが邪魔でステータスがまったく見えない。ていうかもう割れそうなんだけど。なんで?

一方その頃前島はと言うと、

「わぁすごーい!カミトくん勇者なんだー!」

「すごいカミトくん!!」

などハーレムメンバーといちゃイチャイチャしていた。 

なんだよっ!俺だって異世界でハーレム作ったりしてみたかったよ!異世界に行ってもモテモテだなぁいいなー
などと思っていると、
皇女らしき人(もうめんどいから皇女でいいや。)が

「どうですか皆さん、今からステータスを見せてください!」 

そう言われステータスをみんなの前で言っていくクラスメイト達。

「えーっと、俺の名前は前島 カミト 職業は、勇者です。みんなよろしく。」ニコッ
その瞬間、

「キャーキャー」「カッコイイ/////」などちらほら聞こえる。
あっ!次は俺の番がまわってきた。

「俺は綾乃 鳳茉です。ステータスはよく分かりません。よろしく。 」

その瞬間皇女の目付きが変わった。

「ホウマさん、後で私に付いてきてください。」
やっぱりきたか…さて何を聞かれるやら…

まあ何やかんやでステータス発表が終わり、お城に仕えているメイドに案内され、それぞれの部屋に向かった。

かという、俺はと言うと、                                      



逃げていた。必死に捕まらないように。
今クラスの奴らはいないし、ここで始末しようとしたんだろう。

間違いなく殺される。そう五感が叫びをあげている。
止まるな。走れ走れ走れ走れ走れ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ

なぜこうなったかと言うと、

あの後、皇女に呼ばれた俺はステータスを直接見せろと、言ってきたので、正直に見せた。そして、

俺のステータスが割れているのを皇女に見たらいきなり、
「この者を捕まえよ!!」「殺しても構わないわ!」
とかなんとか言い出した。 ステータスが割れているのがどういう意味なのか俺にはよくわからないがとにかく必死につかまらないように逃げていた。

そうこうしてるうちに、俺は森の中に入っていた。

今絶賛遭難中である。

そして、歩き続けた。三日三晩歩き続けた。そして、とうとう眠気に負け、意識が闇に沈んだ。

「カクシダマ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く