事故死したので異世界行ってきます

暇人001

#番外編 クリスマス

 雪が降り、あたり一帯は白で埋め尽くされている。

「はぁ〜、はぁ〜」

 口から出る行きは白く、もくもくと煙のように空に向かっては消えていく。
 寒さが際立つ、そんな季節。
 男は1人、王国のとある店の前で自分の息だけを頼りに暖を取ろうとしていた。

「しっかし冷えるな……つか、いつになったら戻ってくるだ……」

 ガチャ──
 店の扉が開くと同時に、1人の女性と、1人の少年が出てきた。

「ありがとうございました!」

 そんな店員の声に笑顔で頷き答える女性は──

「リリカ!ちょっと遅くねぇか!!??俺、死んじまうぞ!」

「何を冗談言ってるの?そんな程度で死なないでしょユウスケさんは」

 そう、外で1人待たされていたのは元勇者兼元国王。
 そんな人物を待たせていたのは、ユウスケの愛妻リリカだった。

「ま、まぁいいや……ところでアレは買えたのか??」

 その問いに対して、少年シンは親指をぐっと立てて応えた。

「よし!じゃあ帰るぞ!」
「ええ!」
「うん!」

 ユウスケは、シンとリリカが持っていた紙袋を持ち家へと帰った。





「よし……食うぞ!」
 ユウスケは食卓に並べられた豪勢な鶏肉とケーキを前にそう言った。

「「「いただきます!!」」」

 3人は息をそろえてそう言った後、その言葉よりも大きな声で『メリークリスマス』と言う声が家の玄関から聞こえてきた。

 3人は玄関に目を向ける、そこにはまさしくサンタクロースと言えるほどの立派なヒゲと赤い服に赤い帽子を被った男性が立っていた。

「ラギ……「オホホ!サンタがシン君にプレゼントを渡しにきたぞ〜?」

 ユウスケの言葉を遮るようにサンタ、否、現国王ラギナはそう言った。

「えぇ!!!やったぁ!!」

 サンタの格好をしたラギナの言葉に少年らしい喜び方をしたシン。

「オホホッ!コレを君にあげよう!」

 そう言ってラギナは肩にかけた白い袋の中からラッピングされた大きな箱をシンに手渡した。

「これは??」

「オホホ!開けてからのお楽しみじゃ!それではまた来年会おう!それまで良い子にしておるのじゃぞ?でなければサンタはもう来ないからの〜!」

 そう言ってラギナは家から出て行った。


「お父さん!開けても良い?」
 キラキラと輝く少年の目は、ユウスケのハートを射抜く。

「あ、あぁ。勿論だ」

 その言葉を聞くなり、シンはがむしゃらにラッピングを引き剥がす。
 ラッピングを剥がした中には黒く、長い箱が入っていた。

「なんだこれ?」
 ユウスケは思わず心の声が出る。
 そんな言葉をそっちのけにシンはおもむろに箱を開ける。

「わぁぁ!!」
「ブッ!!??」
「まぁ……」

 三者はそれぞれ違うリアクションを取る。
 1人は喜び、1人は驚き、もう1人は呆れだった。

 箱の中身は自分の顔が映って見えるほど綺麗仕立てあげられた剣だった。
 柄の部分は黄金でできており、わずかながら刀身からは魔力を感じる。
 いわゆる魔剣である、だがその辺に転がっている魔剣とはわけが違う──

「こりゃ、国宝級の……「すごく綺麗な剣ね、でもその剣お父さん以外には使っちゃだめよ?」

「うん!」
「まてぃ、『うん』じゃ無い!バカか!」

「え?だってこんなんじゃお父さん死なないでしょ?」

 無邪気にそう言う息子に、父親は優しくこう言う。

「死ぬ死なないじゃ無いんだ、シンに武器を向けられるだけで精神的にはもう死んでるんだぞ」

「ん?よくわかんないけどまた勝負してね!コレつかうから!」

 無邪気すぎる少年には父親の言葉は通じなかったようだ。

「あ、はい」

「冷めてしまうよ、早く食べましょ?」

 リリカのその言葉で3人は食卓に戻り食事を始めた。




 翌日──

「ラギナぁぁあ!!」
 ユウスケは朝イチで王国の国王室に足を運んだ。

「ん?」
 すっとぼけた表情でそう返すラギナ。

「何だそのアホみたいな顔、つかよくもあんな物、息子に渡してくれたな……」

「何の話だ?」

 ラギナはまるで見覚えのない表情でそう返す。

「何の話って、昨日俺の家に来てサンタの格好でシンに国宝級の魔剣渡したろ!」

 声を上げるユウスケに対してラギナは深く考え込む。

「はて……昨日はずっと激務に追われていてこの部屋から一歩も出て無いんだがな……」

 ユウスケは〈心眼〉を使用したがラギナその言葉に嘘はなかった。

「なんだと……じゃあ昨日きたのは本当のか?」

「何を言っているのかよくわからんが、そうなんじゃないか?」

「そうか、朝からすまなかったな」

「うむ、構わん」


 ユウスケは静かに国王室を後にして、王宮を出て空を見上げた。
 するとそこには白いモヤがフワフワと飛んでいた。

「まさか……そんな訳ないな。何かのトリックで俺の心眼をくぐり抜けたに違いない……」

「オホホ!」

 そんなユウスケを嘲笑うように、昨日聞いた独特な笑い方が空から聞こえてきた。

「マジか」
 ユウスケはそうポツリと呟くと、ゆっくりとした足取りで家へ帰った。


 〜終わり〜



12/25
クリスマスですね!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私は……まぁこんな話はどうでも良いですね!

風邪には十分気をつけて1年に1度のイベントを楽しく過ごして下さい!

平成最後の、メリークリスマス!





「事故死したので異世界行ってきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く