事故死したので異世界行ってきます

暇人001

第43話 躍進③





「黒き闘神が現れたとの情報が入りました」

「ほぅ……遂に全ての闘神が揃ったということか」

「左様でございます」

「して、黒き闘神は今どこにいるのだ?」

「それが――」

「なんと、闘神が国を治めているとはな」

「どうされますか?」

「六闘神を使い黒き闘神を我が手中に収めよ」

「御意」


 不穏な影がユウスケの知らぬ場所で蠢いていた。





カルダド王国,国王室ーー

「大臣、教員募集の結果はどうでしたか?」

「こちらが応募者のリストになります」

「いつも仕事が早くて助かります」

 実は、入学者の人数を見て流石に厳しいのでは無いかと思い大臣に教員募集をかけるよう頼んでおいたのだ。




国立階級一貫学校 教員募集結果

合計応募者数 6名

内武教員 4名

武術教員応募者個名

リリシューラ 男
ドーラン 男
ミゼラ 女
オーディア 男



内魔教員 2名

魔術教員応募者個名

ラリフィア 女
アヴェンタ 男




 思ったより集まらないな、それにしても性別まで書き留めてある。大臣はかなり几帳面なタイプなのかな?

「6人ですか……」

「はい、もう一度募集をかけますか?」

「いえ、とりあえずこれで行けるとこまで行って見ましょう。限界が来たらまた募集するという形でお願いします」

「御意。お1つ聞きたいことがあるのですが良いですか?」

「なんでしょう?」
 大臣から質問なんて珍しいな……一体なんだろう?

「武頭の仕事を任せれているリベリアルという方は一体何者なのでしょうか?」

「あぁ、彼は俺の昔からの馴染みなんですよ。そして何より腕が立ちます」

「左様でございましたか。身につけている物と言いあの圧倒的なオーラ、私はまるで覇王を目にしているような気分でしたよ」

 身につけているもの……アイツやりやがったな?国内では絶対にエンドラとガンドラは装備するなと言ったはずなのにな……

「ははは。覇王だなんていつの時代の人ですか、やめてくださいよ」

「そうですよね…… リベリアルと言う方の名前はリベリアルだけですか?」

「と言いますと?」

「リベリアル・ヴァン・ヴィルヴォルブとか言う名前ではないですか?」

「違いますよ、ただのリベリアルですよ」

「そうですか…… それにしても国王様はこの頃魔装は前からそうでしたが魔剣すら携えていない模様ですがどうかされたのですか?」

「あぁ……実はですね、腕が立つと言ったリベリアル君なんですけど彼は俺と互角かそれ以上の実力を持っているんです」

「なんと、ユウスケ殿よりもお強い方が居るとは…… しかし、それが何か関係あるのですか?」

「魔装、魔剣は強者を好みます」

「それはつまり…… リベリアルと言うお方に差し上げたと言う事ですか!?」

 スゲェな大臣、さっきの言葉だけでそこまで理解してくれるのか。

「えぇ。いつか言おうと思っていたのですが中々言う機会が無くこんなタイミングになってしまい申し訳無いです」

「国王様が謝る事などありません! しかし……そうなると闘神の位をどうするかですね……」

「リベリアル君に継いで貰おうと思っているのですが良いですかね?」

「良いんですか?闘神の位ですよ?国王と並ぶ権力を振るうことの許された位を譲渡してしまっていいのですか?」

 あぁ、そういやあの時貰った紙にそんなこと書かれていたな。

「良いですよ。1つ聞きたいのですがいいですか?」

「良いんですか…… なんでしょうか?」

「闘神の位を失った場合、胸の紋章はどうなるんでしょうか?」

「次の闘神へと引き継がれ、それと共にスキル【闘神】も引き継がれます」

 て、ことは消えるってことだよな?やったー!!ついに謎の紋章から解き放たれるのか……

「わかりました」

「はい。それでは、リベリアル殿に引き継ぐと言う形で式を執り行ってよろしいですか?」

「よろしくお願いします」

「日時等はいつ頃がよろしいでしょうか?」

「いつでも良いですが出来れば早めにお願いします」

「御意」

「あと、応募してくれた人達の面接をしたいので応募者達を玉座の間に召集してくれませんか?」

「既に、お呼びしております」

「そ、そうですか……流石ですね」

「いえいえ、大臣として当然の仕事をしたまでです」

 優秀とかそういうレベルの話なのか?なんだか思惑が筒抜けのようで怖いんだけど……
 大臣と話しこんでしまった所為でだいぶ待たせてしまっている気がするさっさと移動しよう。




玉座の間ーー

 中に入るや否や玉座から少し離れた場所に2人の女性と4人の男性が立膝をついて玉座に向かってこうべを垂れていた。

 うわぁ……こんな場所で面接とか俺だったら絶対嫌だわ、面接する側でも相当プレッシャー感じるもん。
 俺はそんな事を考えながら玉座にゆっくりと腰をかけた。


「お待たせして申し訳ありません。それじゃあ、右から順に自分の名前と特技と志望理由を教えて下さい」

 俺がそう言ってから何秒だっただろう?5秒、10秒?普通なら即座に答えられる質問内容だったはずだが……
もしかすると聞こえていないのかもしれない……いやいや、それは無い。立膝をついて下を向いていた彼ら彼女らは俺が言葉を発した直後から現在に至るまで、互いに目配せをしているのだから聞こえてはいるのだろう。

「ゴホン……皆様方側から見られて最も右に居られるリリシューラ様からお願いできますか?」

 数刻の静寂を破ったのは面接に同行してくれた大臣だった。その言葉を聞くなり応募者たちはどこか安堵の表情を見せ俺から見て左側にいた白髪に水色の目をした推定20代前半の美男子が立ち上がり口を開く。

「私の名前はリリシューラと申します、このカルダド王国で冒険者を勤めており、SSランクを保持しております。私の特技は剣技と武技であります、剣技に関してはこのカルダド王国において3本指には入る技量だと誇示しております!そして、私が教員という新たな職業を選んだ理由は国王であるユウスケ様の人柄に惹かれ、些細な力しかありませんが貴方様のお力になれればと思い志願いたしました」

 この時ようやく俺は気づく、何故6人が慌てふためいているような様を見せていたのか。それは俺が言った『右から順に』という不明確一言が原因だったのだ。

「まず、先にこの場に集まって下さった6人に謝罪を申し上げさせていただきます。右から順になどと不明確な発言をしてしまった事、それにより動揺させてしまったこと、本当に申し訳なく思います」

 俺は玉座という似つかわしく無い席から立ち上がり彼ら彼女と同じ高さの位置まで足を運び頭を下げて謝罪した。
 すると、彼方此方から涙ぐむ声が俺の鼓膜を揺らした。何事かと思い下げていた頭を上げる。

「どうされたんですか……?」

 そこには、涙を隠す男や泣き崩れる女性、目の前にいたリリシューラの頬には輝かしいほど綺麗な涙が溢れていた。
 リリシューラはにっこりと笑いながらこう答えた。

「我々は貴方のそういう型破りなところに惹かれたんですよ」

「え?」

 そう呟き大臣の方へと首を向ける。すると大臣はコクリと頷いた。

「いやいや!ミルコさん、頷かれても困りますよ!型破りってどういうことですか!?」

「はぁ……全く貴方という人は本当に型破りなお人です。第一に王が民に頭を下げるなどあり得ない事なのですよ」

「え、そうなんですか?」

「えぇ。そうですよね、皆さん?」

 すると、大臣の問いかけに6人は呼吸ぴったりに頭を縦に振って応えた。

「我々は貴方のそう言う所に惹かれたんです。どうか我々の力をユウスケ様の為に使わさせて下さい」

 リリシューラは立膝をついて懇願した。

「「「「「何卒!!!」」」」」

 リリシューラが立膝をついたのをみて他の五人も改めて姿勢を正し、こうべを垂れながら玉座の間の隅々まで響き渡るほどの大きな声でそう言った。

「皆さん、頭をあげてください。そしてこれから未熟者の俺をどうかよろしくお願いいたします」

 俺のその言葉に、両手を挙げて喜ぶ者、頭を下げて感謝を伝える者、さらには泣いて喜んでくれる者まで居た。

「全員面接合格という事でよろしいですか?」

 大臣が俺に確認を取る。

「もちろんです。それでは大臣、後は頼みます」

「御意」

 俺はその返事を聞くなり玉座の間を後にした。

 彼等は大臣から今後の予定表を配られどのような仕事をするかなどを事細かく説明された後解散となった。




学校,本館ーー

「全く、あの大臣は優秀すぎるよな……この建物が僅か数週間で建てられた物とは思えない」

 俺は1週間後に始まる学校生活、いや校長生活を過ごす上でまず1番初めにしなければ行けない事をしに単身で学校まで足を運んだ。本当であれば一国の王が護衛も付けずに行動などあり得ない、例えそれが国で最も強い存在であってもだ。つまり、今俺は完全にプライベートで訪れているのだ。
 そして、実の所この学校は少し国から離れている。沢山の人が居ても自由に動けるスペースを確保する為に広大な土地が必要となった。その土地に選ばれたのは俺がかつて《神の裁きジャッジメント》で山々を抉り取った場所だった。
 奇跡的に抉り取った場所はどこも同じ高さを保っていてまるで整地された土地のようだった。
 そして、今そこにはとても大きな木造の建造物が多く建ち並んでいる。

 敷地の中には、本館,二号館,三号館,体育館,第二体育館の計5つの校舎が有りどれも日本にある物の比では無い大きさで作られている。正直第二体育館を除き他の校舎は、王宮よりも全然大きいくらいだ。そんな大きな建物を建設する際に鉄などの素材を使っていては費用がバカにならない、と言うか全部鉄で作ろうものなら国にある全ての鉄を使っても足りないだろう。しかし、木ならそこら中に生えている為今回の建築にはほぼ全て木で作られている。経費削減と時間短縮である。驚くべきことにこのカルダド王国には日本と同じように大工と言われる職人が居て彼等は類い稀なスキルを持っておりそのスキルを使えば木造建築士をも凌ぐ画期的すぎて良い意味で訳のわからない技術を使うのだ。
 そして彼等もまた建築をする為だけに編み出した魔法を使う。その結果尋常ではないほどのスピードで超巨大建造物が5つ完成したのだ。


「うぅん……いいねこの木特有の香り、日本で嗅いだ匂いと同じ匂いがこの校舎中に漂って、ゴホッゴホッ」

 なんだこのむせかえる空気は……
 思わず校内から飛び出す。

「外に出るとなんともないな…… ん?」

 服を見てみると大量の木屑が付着していた、あのむせ返りの原因は木屑だったのだ。
 俺は息を止めて再び校内へと入り息が続く限り窓を開けまた校外に飛び出した。

「はぁ……はぁ……」

「ゆ、ユウくん何してるの?」

「へぇっ!? あぁ、リリカか……どうしてこんな所に?」

 思わず変な声出ちゃったじゃんか!さっきまで息止めてたから心拍数がただでさえ上がってるのに今ので余計に上がったわ!
 でもまぁ……校舎の前で肩で息している国王が居たらそりゃ『何してんの』ってなるよな。

「体育館しか見たことがなかったから他の校舎も見たいなって思って!」

「そうなのか!だったら一緒に見て回らないか?」

「うん!」

「あー、でもその前にこの校舎の中に【暴風】を打ち込んでくれないか?」

「え?良いけど……壊れたりしない?」

「大丈夫、大丈夫」

「わかった、じゃあ打つね!風魔法【暴風】」

 リリカが放った【暴風】は木屑を天高く吹き上げた。

「おー! これで大丈夫かな。ありがとー!!」

「すっごい木屑が見えたけどもしかしてまだ完成してないの?」

「いや、多分掃除をしてなかっただけだと思う。 助かったよ!」

「そうなの、いえいえ!」

「じゃあ早速本館から見て回ろうか!」

「うん!」

 このあと数時間かけて全ての校舎の全ての部屋を1つずつ周り、第一体育館と本館を除く全ての校舎の木屑を掃除して帰宅した。





次回更新予定日は3/22です

いいね! フォロー
ありがとうございます!
これからも是非よらしくお願いします!

以下、新キャラ紹介

リリシューラ 
カルダド王国出身
身長186cm 体重78kg
SSランク級冒険者
所属ユニット【ランシエル】
役職 リーダー

ステータス


Level:582
HP 78500/78500
MP 34680/34680
攻 6890
守 5870
知 3490
速 4890
運 3000

スキル

【剣技の心得】常時発動型/剣技の習得速度が上がり消費MPが少し下がる。

【剣卓の騎士】常時発動型/剣技の威力が50%上昇する。

剣技

【ジラフグリュート】
消費MP150/氷属性の剣撃

【スティリアラート】
消費MP500/氷属性の斬撃を衝撃波状にして放つ

【ブリュンフェルト】
消費MP850/物理防御不可の一撃を放つ

武技

【二連撃】
消費MP50/威力100%の追撃をする。

魔法

【アイス】
消費MP10/氷属性の狭範囲ダメージ(小)

【アイスィクル】
消費MP100/氷属性の中範囲ダメージ(中)

【アイスィナル】
消費MP250/氷属性の広範囲ダメージ(中)

【アイスィゲル】
消費MP500/氷属性の広範囲ダメージ(大)

【フロストレバレチィア】
消費MP250/氷属性の狭範囲ダメージ(大)

特性

氷耐性Level 4/10
炎耐性Level 2/10
剣撃耐性Level 2/10

「事故死したので異世界行ってきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く