事故死したので異世界行ってきます

暇人001

第10話 盗賊狩り①





「起きてー、起きてくださーい」

「…ん? 今何時だ?」

「朝の9時です」

「えっ!? もうそんな時間⁈」

「だから起きてって言ってるじゃん!」

 この日はギルド長から部屋とお金を受け取る日だった

 ギルドには9時には来てくれと言われていたのだが……

「早く行くよ! もー私先に行ってるからね!」

「わ、わかった!直ぐ追いつく!」

 俺は急いで身支度をして、リリカに追いつきギルドへ向かった。


「おーい!」

 ギルドに入るなり大きな声を上げて呼んでいるのはギルド長だった

「はーい!今行きまーす!」

 俺は返事をし前と同じようにリリカと、一緒に応接室に入った


「ユウスケ君、くれぐれも、クエストに遅刻する事の無いように、頼むよ?」

 入室して早々に説教を食らった

「すいません… 気を付けます…」

「とりあえず、座りなさい」


 ギルド長にそう言われ、俺とリリカはソファーに腰かけた

「おい、持ってきてくれ」

 ギルド長がそう言うと秘書のような人が1人、執事のような人が4人応接室から出て行き、数分後応接室に戻ってきた。

 秘書らが5人がかりで運んできたのはーー

「これが約束の10億リンだ」

「これが…」

 改めて見ると壁のような札束だ

「受け取ってくれ、ん? そういえばユウスケ君はマジックボックスを持っていなかったな」

「なんですかそれ?」

「これのことなんだが…」

 そう言ってギルド長は巾着袋のようなもの取り出した

 話を聞くところ、転生者しか使えないアイテムボックスのような物になっており、唯一違う点は 入れられる量に限りがあると言う事だ、それでも10畳ほどの異空間が広がっており相当たくさんのものを入れられるとのことだ。

「便利ですね…」

 俺は単に使うのではなく、アイテムボックスからものを取り出す際のカモフラージュに使おうと考えたのである

「それ、おいくらで売ってるんですか?」

「Sランク冒険者になれば無料で配布されるのだが市販で買えば500万リンほどだ」

「500万リンですか…」

「だがまぁ、これは君にやろう、元はと言えばSSランクになる時点でこれをもらえることは確定していた事だし何より、このマジックボックスは君のために用意したものだ」

「ありがとうございます…」

「気にしなくても良い、これからどんどん仕事があるのだからな、ははは!」

 俺はギルド長からもらったマジックボックスにお金を入れるフリをして、アイテムボックスに10億リンをしまった

「それからコレが 家の鍵だ」

 ギルド長がテーブルに置いた家の鍵を、リリカは目を輝かせて見つめている
 こう言う無邪気なところがまた可愛い…

(おい、今隣の女子のことを可愛いと思っただろ?)

「なっ…  失礼、なんでもありません」

(なんでわかんだよ)

(それはまぁ妾とお主はもう一心同体じゃからのぅ…)

(意味深なことを言うな)


「コレが家のある場所を示した地図だ」

「ありがとうございます 。 …ん?コレは?」

 地図の下にもう1枚紙があるのに気づきその紙に目を通す。






盗賊狩り

適正ランク 不定

対象冒険者: ユウスケ,リリカ

クエスト達成条件

盗賊団【シャングリ・ラ】
の殲滅及びアジトにある盗品
《王家のペンダント》の回収


クエスト報酬

1000万リン







「コレが今回の依頼というわけですね?」

「察しがいいようで助かる」

 ギルド長は、スッと1枚の紙を渡してきた。

「これは?」

「我々が持っている賊の居場所の情報だ、確かではないが恐らくその辺りにいるはずだ持って行きたまえ」

「心遣い感謝します」

 一言言い残し、俺たちはギルドを後にし
 マイホームを見に行く前に、盗賊のアジトを探すためにリリカと共に国を出た。









「ねぇ…」

「どうかしたか?」

「食料とかって全然買ってないけど大丈夫なの?」

 これまでクエストは1日で終わらせていたから、食料を持って行く必要が無かった、しかし今回のクエストはリリカと2人で行くクエストだし、何より情報があるとは言え的確な敵の位置までは把握しきれてない、そんな状況で食料を持っていかないという選択は愚策すぎた。

「あ… たしかに…」


 俺たちは運悪く国を出て1時間ほど歩いた後にそのことに気づいたのだった。

「戻る…?」

「いや、それはしない、料理できるか?」

「できるけど…」

「なら大丈夫だ、もし食料が必要になったらその辺の動物を狩ってくる」

「それを調理しろってことね…」

「もしもの時はたのむ」

「わかったわ…」

「すまない…」

 とても申し訳ない気分になってしまった
 心なしか俺の背中は小さくなった。

 俺はギルド長から貰った情報だけを頼りにドンドンと緑豊かな山を登り進む。

「ユウスケー、そろそろ休憩しない?」

「疲れたか?」

 ステータスが高い所為か、全く疲れを感じない
 しかし、クエストよりもリリカの体の方が大事だ
ここは一旦休もう。

 俺は近くの木をエリフィスを使って膝くらいの高さを残して切り倒した。

「ふぅ… リリカそこ座っとけ、俺は水を汲んでくる」

「ありがとう」

俺は、切り倒した木でコップを作り、ソレに 近くにあった川から水を汲んでリリカに手渡した

「ほらよ」

「ありがとう、ユウスケは休まないの?」

「俺は大丈夫だ、ゆっくり休め」

「ユウスケはいつも凄いね…」

「そんなことは無い」

「あの、ずっと気になってたんだけど腰のそれ、偽物だよね?」

「コレか?」

(妾をコレ呼ばわりするで無い!)

「ソレ、魔剣エリフィスだよね?」

「そうだけど?」

「魔剣エリフィスのレプリカでしょ?」

「いや?違うが…」

「そんな嘘通じないよ!だって魔剣エリフィスって触れたら死んじゃう強力な魔剣なんでしょ?」

「そうなのか?」

(まぁ、妾の気分次第だが、だいたい殺すようにしている。)

 もっと命を大事にしろよ…


「ユウスケは死んで無いからそれは偽物!」

「いや、本物なんだけどな…」

(妾に魔力を注いでみよ)

 俺はエリフィスに言われるがまま、魔力を流し込んだ

 その瞬間、エリフィスの刀身から禍々しい程の赤黒いオーラが溢れ出した。


「う、うそ… 本物なの?」

「だから本物だっていってるじゃんか!」

「ごめん… 偽物だと思った…」

「いや、別に構わないんだけど、何で、コレがエリフィスだと分かったんだ?」

「だって、その鍔と持ち手と禍々しさを感じさせる刀身 こんだけ特徴があれば誰だってすぐわかるよ」

「そんなに有名なの」

「歴史上で何度も出てきてるよ?」

「そうなのか?」

(その通りだ)

「そうだよ」
「教えてくれてありがとう!ごめんね信用してなくて…」

「いや、全然大丈夫だ、そろそろ体も休められたか?」

「うん、ありがとう」

「それじゃ、行こうか!」

「うん!」


 俺らは盗賊のアジトの探索を進めた、そして探し始めてから2時間程が経っただろうか、山の中に洞窟が一つ見えてきて、その中には少し大きめの家のようなものも確認できた

「アレだな…」

「私もアレだと思う…」

 俺らが声を揃えて明言できる程、ソレらしさ満載のアジトだった




「事故死したので異世界行ってきます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く