努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

ふむ。褒美をやろう。


御伽噺などで出てくる、まさに天国のような場所だと書かれている至高の楽園。

俺と同じぐらいの大きさをした白い箱を開ければ、そこは食材の宝庫。
適当に食材を選び、皿に載せ、近くに置かれた箱に入れて蓋を閉めると、数秒後には湯気が立ち昇った料理が出来上がっている。

俺が皿に載せた食材が使われた、野菜を肉で巻いた料理だ。

調味料も置かれてはいるが、それらを使わなくとも味は絶品。どれもが美味い。

机に置かれたティーカップを傾けると、そこからは俺の欲しいと思った飲み物が出てくる。

まるで夢でも見てるかのようだ。

「ふむ。タクルスよ。食べながらで良い。この迷宮(ダンジョン)でのお前の戦いを見て、一つ分かった事を教えてやろう」

「ん?なんだ?」

唐突に何の話だ?
まあ、食べながらで良いんなら幾らでも訊くけどよ。

「お前の手の甲にある剣の紋様。それは、神の祝福とやらで間違いないか?」

「あ、ああ。当たり前だろ?」

それ以外に何があるって言うんだ?

イクスの手の甲には無いが、これぐらいは知ってて当たり前の常識だ。
いや、イクスに常識を求める事が間違いか?

「ふむ…。もしかすれば、その紋様……」

ブツブツと何かを呟き、俺の神の祝福を見つめている。

もしかして…有り得ないとは思うが、自分には無い物だから羨ましいのか?

いや、それはないな。

「ふむ。その紋様。やはり、初期段階だな」

「なんだそれ?」

「神の祝福と呼ばれている、その紋様。それは、”力の紋様”と言う。際限はなく、力を求めれば求める程に魔力を糧にして力を得る事が出来る物だ」

じゃあ、力を求めてたら強くなれるのか?
いや、そんな上手い話はねぇよな。

そもそも、神の祝福はスキルと魔法を使えるようにする為だけの紋様だ。そんな上手い話がある筈がねぇ。

「しかし、お前達は力の紋様の使い方を間違って理解している」

「なら、どうすりゃ良いんだ?」

でも、これ以上強くなれるってんなら、幾らでも試してやる。訊くだけで損はしねぇだろ。

「ふむ…。すまないが、それは分からない。作製者には効果のない物だったのでな」

なんだよ。意味ねぇじゃねぇかよ。

……待てよ。作製者って誰だ?
作製者は教会内で秘匿されている筈だ。
なぜイクスが知ってやがんだ?

「だが、これだけは言える。その紋様が進化すれば、より強大な力を得る事が出来る。そのように作られた」

まるで、この紋様を生み出すアーティファクトが作られる過程を知ってるかのような口振りだな。

「一度サリアに話を聴くと良い。彼奴あやつは自力で進化させた。剣と杖の紋様だ。見れば分かる」

なぜ、そこまで詳しく知っているのか……深く聴くのはやめておくか。

それよりも、サリア…か。

学年一位。特待生。イクスの友であり、俺を負かした嬢ちゃんだな…。

入学者発表の日以来、一度も会っていないが…アイツは進化させていたのか。
だから、あれ程までに強かったのか?

「ちなみにだが、サリアは紋様の意味を理解していない可能性がある。そこだけは理解しておけ」

それ、意味ねぇだろ…。


ーーー


過去にオレが創った、この迷宮内に幾つもある休憩所の内の一つ。

際奥に存在する、迷宮ボスを倒す事でようやく辿り着ける場所にあるのが、心地の良い最高の場所として創り上げた、この休憩所である。

隠れ家として創っていた場所だが、使用回数は少ない。

そこでタクルスに思う存分に休憩を与えてやると、顔に張り付いていた疲労感は消えていた。

ハンモックで寝る際は、何度も落ちそうになって苦戦していたみたいだがな。

それでも、十分すぎる程に疲れを癒せたようだ。

「ふむ。では、約束通り褒美をやろう」

「褒美?何の話だ?」

む?忘れてしまったのか?

「始めに言った筈だ。この迷宮を打破できれば、この奥の倉庫に置いてある物の中から一つ、好きな物をやる、と」

「あー、そんな事言われたっけか?」

ふむ。忘れているようだな。
話を無かった事にしても良いが、オレは約束は守る人間だ。

「言ったぞ。兎に角、付いてくると良い。案内しよう」

場所は、この休憩所の側だ。
厳密に言うならば、この階層の下である。

見方によれば、隣とも、上とも取れる曖昧な所だが、地下にあるので、下だ。

「ふむ。この扉だ」

案内したのは、この小島の端に設置された扉だ。

その奥に部屋など存在せず、一見すれば、開ければ上から流れ落ちる滝が良く見えるだけの、ただの飾りのようだ。

実際に扉を開けると、滝が流れ落ちるのが良く見える。

しかし、そうではない。

扉を潜った先。そこに広がったのは、一面に金銀財宝が敷き詰められた場所ーー倉庫だ。

俗に言う、宝物庫のような場所になるが、オレからすれば必要のない物を放り込んだだけの倉庫だ。

たまに数が減る事があるが、それは迷宮に吸収され、宝箱の中身として迷宮内にあるのだろう。

遅れてタクルスが扉を潜り抜けて来ると、眼前に広がる光景に目を白黒させた。

「ふむ。好きな物を選ぶと良い」

「あ、ああ…。なんて言うか…スゲェ…」

言葉も出ない。そんな様子だな。

「ホントに良いのか…?」

「ふむ。ここにある物ならば何でも良い。好きに選べ」

ここにあるのはオレが使えなかった魔道具や武器。文字通りの金銀財宝などだ。

タクルスには一つと限定はしたが、別に、そこに深い考えはない。何なら、10でも20でも持って行っても構わないのだ。

しかし、与え過ぎは何かと問題があるかと思い、一つと絞ったのだ。

「じゃあよ…この木剣を貰っても良いか?」

タクルスは腰に携えた木剣を手に取って言った。

「む?」

これは予想外だ。
何でもと言ったが、まさか、木剣を欲しがるとは思わなかった。

「ここにあるって言うんなら、この木剣も含まれるだろ?だったら、俺はこの木剣が欲しい」

「…ふむ」

なかなかどうして。
面白い事を言うのだな。

「ふむ。…ふむ」

随分と嬉しい事を言ってくれるな。

「ダメか?」

「ふむ…。一つ聞く。なぜだ?」

「そりゃ、強さを磨くために決まってるだろ。お前に教わった技を使い熟したいしな。それに…この木剣って、なんだか手にしっくりと来るんだよな」

ふむ。そんな理由で木剣が欲しいと?
ただ木を削って作っただけの物だぞ?
それを欲するのか?

「ククッ。クハハハハッ!」

タクルス。お前はやはり面白い奴だ。

「良いだろう!くれてやる!だが、そんな木剣ガラクタだけでは物足りぬだろう。これもやる」

《イベントリ》から、新たな木剣を取り出してタクルスに投げ渡す。

純白色をした木剣だ。
刀身から淡く白い光が放たれているのが特徴的だ。

タクルスは木剣を壊す事が兎に角多かった。なので、それに耐え得る木剣を渡してやったのだ。

「なんだこれ?」

「”不屈の木剣”。お前に相応しい名だろう?」

「あ、ああ…?」

分からぬか。

だが、ここまでオレの指導に付いて来れたのだ。流石のオレでも途中で諦めるだろうと思っていたが、それでも諦める事なく、なんだかんだと言いながら従っていた。

その諦めの悪い精神。不屈と言っても過言ではないだろう。

「世界樹の枝を削って作った物だ。折れにくく、もし折れたとしても再生する。一時だが、オレが愛用していたぐらいだ。大事に使ってくれ」

「い、良いのか…?」

「ふむ。要らぬと言うのならば返してもらうが?」

「要る!ありがたく使わせて貰うぞ!」

ふむ。ならば、初めからそう言えば良いのだ。

若干、その木剣を渡すのが名残惜しく感じるではないか。


ーーー


タクルスとイクスを地の迷宮に送り出してから、二週間が経ったのである。

うむ。我の予想だと、そろそろ終わらせている頃合いであるだろう。

向こうの様子を覗いてないが為に、どう言った状況なのか把握していないが、おそらく、タクルスならばやり遂げている筈である。

そう我は信じているのである。

それはそうと、現在は日を跨いだ辺り。午前〇時を過ぎた辺りである。

我は寝る必要がない為、その時間帯を使用して永遠の歯車エターナル・ギアの調整、ならびに、整備を行っているのであるが…。

「やはり、一秒毎に3.26の誤差が出現するのである。なぜであるか…?これでは、幾ら調律しても埒が明かないのである」

どれだけ調律しようと、魔力生成率が安定しない。

永遠の歯車エターナル・ギアの稼働率を調整する為にモニターを幾つも出現させているのであるが、魔力放出率のグラフ値が揺れ続けているのである。

稼働率は良好。魔力生成率も良好。温度は若干低いが、外気温度との差異を視野に入れると問題はない。魔力濃度、魔力放出濃度共に調整通り。取り込む大気魔力も良好。

永遠の歯車エターナル・ギア本体に不備があるとは思えないのである。

長年放置されていたのが原因かと思い、歯車を全て検査させ、重要箇所は新たな物に入れ替えさせ、余分な物は破棄させた。にも関わらず、一向にグラフ値は安定しない。

「うむ…。これは、他に原因があると考えても良いのであるな」

そうとしか思えない。

しかし、永遠の歯車エターナル・ギアを狂わす事の出来る物など我が記憶には存在しない。

「やはり、報告するべきであるな」

いつからこの様な事が起きているかは定かではないが、つい最近なのは事は確かである。

おそらく、ここ数ヶ月の間だ。

そうでないと、不安定な状態で魔力を生成し続けた永遠の歯車エターナル・ギアは、我が出現すると同時に、消費魔力の過大によって魔力暴走を起こし、辺り一面を消し飛ばしているのである。

「うぅむ…。しかし、なぜであるか…」

我が知恵を振り絞っても導き出せない答えである。

何度も調整し直しても、どれだけ作り変えても、幾度も再起動をさせても、結果は全て同じ。

現在の永遠の歯車エターナル・ギアの状態をインプットして仮定シミュレーションを幾度となく行ったが、どうしてもこのような事態にはならなかった。

だが、実際になってしまっているのである。

このままでは、あと持って一年で永遠の歯車エターナル・ギアが暴走しかねない。

「このままでは…」

この学院どころか、空間に巨大な穴を空けかねない。最悪の場合、空間震によって世界を滅ぼしかねない事態である。

早急に解決しなければならないのである…。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー385074

    続きがとても気になる!

    1
コメントを書く