努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

ふむ。更に特訓だ。



階層を一つ降り、131層目。

「ふむ。この階層にはボスの”メタル・トータル”が居る。なので、お前には二つの武術の教える」

「何が『なので』になんのか分からねぇが、教えてくれるって言うんなら頼む」

ふむ。良い心意気だ。
その意気や良し。教え甲斐があると言うものだ。

とは言え、オレの武術は教えるには適していない。

「今から見せる。見て覚え、真似ろ」

この階層は、前の花畑の階層とは違い、全てが鉄に覆われた場所だ。

見通しの良さだけは同じだがな。

《イベントリ》から一本の線香を取り出し、火を付けて鉄の地面に置く。

すると、ドタドタと荒々しい足音が聞こえ、数分もしないうちに百近くのアイアン・トータスが現れた。

普段はゆっくりと行動するアイアン・トータスが猛然と駆けてきている。

オレが使ったのは、『魔寄せの線香』と呼ばれる道具だ。正式名称は『癒しの線香』と言い、香りを嗅いでいると身体の疲れが落ちると言う優れ物なのだ。だが、魔物の好む匂いを発する為に使用禁止とされた曰く付きの魔道具だ。

「おいおい…こんなにもアイアン・トータスが…さすがのイクスでも、これはヤバイだろ…」

何を言っているのだ?
オレが倒すのは数体だけで、残りはタクルスの分だ。
まぁ、良いか。先に見て貰うとしよう。

木刀を取り出し、手を頭上に。剣先を下向きに向け、両足を地面を踏み抜く勢いで踏ん張る。

この技を出す時の基本的な型だ。

慣れれば必要ないが、教える分には覚えてもらわなければならない。

「リバイア流剣術『飛斬』…『破扇』」

言い終えると同時に木刀を素早く振り上げ、勢いを利用しながら身体の回転も併せ持って刃を返し、横に一閃。

一撃目が『飛斬』。前方へと斬撃を飛ばす剣技。
二撃目が『破扇』。大気を津波のようにさせ、周囲に居る敵を吹き飛ばす剣技だ。

前方から迫り来るアイアン・トータスの群れに、鉄の地面をガリガリと削りながら突き進む『飛斬』が直撃すると、そこに一本の道が出来上がる。そして、遅れてやってきた『破扇』がアイアン・トータスを襲い、先頭の群れが後方へと吹き飛ばす。

「これがリバイア流剣術だ。主に中距離戦闘を得意とする。二撃目の『破扇』は近寄られた場合に使う技だ」

「今のが遠距離…?」

何か言ってるが、疑問は後回しだ。

「次は武器がない時の技だ。良く見ておけ」

木刀を《イベントリ》に収納し、構える。
とは言え、構えと言える構えはない。突っ立っているだけだ。なんなら、手をポケットに突っ込んでも良い程だ。

ただ、とある技を使う際にだけ特殊な構えが必要になるが、今回は教えるつもりがないので、行わない。

「デルタ流無手『反転』」

手をゆるりと動かし、宙を掴む。そして、グルリと腕を捻りつつ投げる。

刹那。アイアン・トータス達が一瞬だけ一斉に宙へ浮き、落ちる。大半が裏返ったようで、起き上がるのに苦戦している。

「本来は、相手の力を利用して使う技だが、使い方によっては、この様な事が出来る」

「いや、普通は無理だからな?」

ふむ。そこは努力次第だな。

「次だ。シッカリと見ておけよ」

デルタ流は近距離に優れている。だが、逆に言えば、近距離でしか効果を発揮しないのだ。

なので、オレ自らアイアン・トータスに近付いて行く。

あと数メートルで衝突と言った所で、先頭がオレに岩石を放つ魔法を放ってきた。

丁度良いタイミングだ。

飛来してくる岩石を掴み、その威力を利用しつつ一回転。飛来時よりも威力を増して岩石を投げ返す。

魔法を放ったアイアン・トータスに見事に命中し、木っ端微塵に砕け散った。
次に、突進をしてきたアイアン・トータスの首と甲羅の間を掴み、突進の威力を加算しつつ反対側の地面に投げる。

甲羅が割れ、魔力の粒となって消えた。

「ふむ。少し距離を離すか。デルタ流無手『空波』」

オレは片手が使えないが、手拍子をするようかのに、右手で宙を叩く・・と、そこから衝撃波が発生し、近付いて来ていたアイアン・トータスを吹き飛ばす。

ついでに、タクルスも巻き添えを食らって吹き飛ばされそうになったが、即座にタクルスの足を掴んで吹き飛ばされるのを阻止する。

「ガッ!?」

地面に背中を強打していたが問題はないだろう。

アイアン・トータスとの距離が大きく開いたのを横目で確認した後、ヨロヨロと起き上がるタクルスに一言告げる。

「手首にコレを付けろ」

「労わりもクソもねぇな…」

文句を言いつつも、オレが渡したリストバンドを手首に嵌める。

「…あ?魔力が…?」

おそらく、体内の魔力操作が出来なくなった事に困惑しているのだろう。

「ふむ。それは魔力を使えぬように魔道具だ。それを付けたまま戦え」

「あの大群と魔力なしとか…冗談…じゃねぇよなぁ…」

「ふむ。分かっているのならば、さっさと行け」

ゲンナリとしているタクルスの背を軽く押して、前に立たせる。

「はぁ…。わーった。わーったよ。やるよ。やれば良いんだろ…」

今度は一回で覚えたのか、オレが初めに取ったリバイア流の構えをし、剣を勢い良く振り上げる。

筋が良いのか悪いのか、斬撃は飛んだ。

飛んだが、ものの数メートルで掻き消えた。
威力も弱く、もし当たったとしても、そよ風程度の力だ。

「マジで出やがった…」

「ふむ。何事もやってみなければ分からぬのだ。今は使いこなせとは言わぬ。ただ、出来るようになれ」

「それが難しいんだよ」

そうは言いつつも、何度も何度も繰り返し同じ型を取り、『飛斬』を放つ。


〜〜〜


あれから数時間。この迷宮に入ってから、ざっと1日が経過した。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

「ふむ。上出来だ。では、暫し休憩を挟むか」

ここには太陽がなく、昼か夜なのか判断する事は出来ない。
しかし、オレの体内時計は正確だ。

「飯か?寝るか?それとも、オレか?」

「オレって何だよっ」

ふむ。疲労でツッコミに覇気がないな。

「いや、なに。特訓をまだ続けるかと聞いたのだ」

「だったら、初めからそう言えよ…。はぁ…取り敢えず飯だな」

「ふむ。分かった」

食事は身体を作る基本となる。その為、食事の内容は濃く、栄養を考えた物にしなければならない。

だとすれば…。

サッと料理した物をタクルスの前に出す。

「これを食え」

アイアン・トータスの肉を主とした焼き物。前の階層で手に入れた花を使った煮物。両方を合わせて作った汁物だ。

アイアン・トータスの甲羅は鍋にもなるので便利だな。

「オエッ」

食用には向かないがな。

タクルスが料理を一口食べた瞬間えずいた。

「アイアン・トータスの食材は旨味とは程遠い味だが、精力増強の効果がある。その他に挙げるとするならば、活力増強。血行促進。傷の治りが早くなったりもする」

「泥水を固体にして食った気分だ…」

「そう言わず、食え」

「お前は食わねぇのか?」

何やら恨めしそうな眼差しだな。
そう心配するな。

「勿論、オレも食べるぞ?お前に食べさせる為に作った訳ではないからな」

オレの言葉に、タクルスはホッと安心したような息を吐いて食事を始めた。

オレも追加の料理を作りながら片手間に食事をし始める。

食事を終え、タクルスが一眠りした後、寝ているタクルスを叩き起こして再出発する。

向かうはボス部屋だ。

「思ったんだけどよ、お前って、どうやって俺に教えた技とか覚えたんだ?」

「ふむ…」

「いや、ふむ。じゃなくてよ」

「本で読んだのだ」

「嘘だろ。絶対」

緊張感のない奴だ。

ボス部屋へと向かっていると知っている筈なのに、よく喋りかけてくる。
もしかして、緊張を解す為に喋りかけてくるのか?

「教えてくれても良いだろ?誰にも言わねぇからさ」

「…ふむ」

「頼むぜ。少しぐらい良いだろ?」

「…ふむ」

「なぁ。教えてくれよ」

ふむ。気を紛らわす為に話してやるか。

「……一つ、昔話を聞かせてやる」

「昔話?それがお前が強さを手に入れた話か?」

「昔々。遥か昔。愚かなる人間が悪魔と契約を交わし、世界を蹂躙していた」

「悪魔…」

「そうだ。悪魔だ。魔物や魔王などよりも遥かに強大な力を持つ怪物だ。そして、そんな存在と、たった一人で戦っていた男がいた」

「それが、お前…?」

「ふむ。話は最後まで聞くものだ」

「悪い」

話の節を折られたが仕切り直しだ。
思い浮かべるのは、実際に見てきた光景。

「その者は純粋に力を求め続けていた。何者にも阻まれる事のない力を。そして、悪逆の限りを尽くす契約者共から人々を守る為の力を。だが、悪魔の力は余りにも強大すぎた。其奴一人では一体を相手するだけで精一杯であったのだ」

「御伽噺でしか聞いた事ないけどよ、そんなに強いのか?悪魔って」

「ああ。一体で一国を滅ぼせる程だ」

「ヤバすぎだろ…」

「ふむ。話を続けるぞ。…其奴は力及ばずとも悪魔との戦闘に日々奮起した。血反吐を吐きながらも、動かぬ身体を引き摺ってでも動かし、悪魔と契約者を狩り続けた。しかし、ある時。愚かなる人間共は、より強力な力を得る為に数万もの罪なき命を生贄に、より強大な悪魔を召喚した」

悲鳴。助けを求める悲痛な叫び。憎悪に狂った雄叫び。色々な幻聴が聞こえてくる。
耳から離れない。忘れられない嫌な思い出だ。

「召喚された悪魔は、まず初めに世界に穴を開けた。悪魔の棲む魔界と、人間の住む人間界との境界に大穴を開けたのだ。そして、魔界の悪魔が人間界に雪崩れ込んだ」

「ゴクリッ…」

「男は必死に抵抗し、人々を守ろうとした。だが、所詮は一人。何も守れず、人々が無残に殺されて行くのを目に焼き付け、未練を残して其奴は死んだ」

そして、デルタが生まれた。

「…で、この話のどこにお前の力に関係してるんだ?」

全てだが?
しかし、まぁ、この話はここで終わりのようだな。

「ふむ。着いたぞ」

なにせ、ボス部屋へ繋がる扉の前に着いたのでな。

地面に不自然な形で設置された円盤型の鉄の扉。これが、ボス部屋へと繋がる唯一の道なのだ。

「…なんだこれ?通れるのか?」

いかにもな疑問だな。
普通に扉を開けようにも、取手らしき物はなく、ただ地面に張り付いているだけで、パッと見では扉だとも思わないだろう。

タクルスは、扉の周囲をグルリと回って、コンコンと足で蹴ったり、木剣で突いたりしているが扉が開く気配は一切ない。

「ふむ。そこを開けるには、この階層の何処かに居る甲羅に鍵のマークが描かれたアイアン・トータスを倒さなければならない」

「じゃあ、無理じゃねぇかよ」

「む?そうでもないぞ?」

《イベントリ》から手に収まる程度の大きさをした箱を取り出し、タクルスに投げ渡す。

「その赤いボタンを押してみろ」

「ん?こうか?」

ーーポチ。

ボタンを押した瞬間、ガコンッと何かが外れるような音が聞こえ、扉が回転しながら開いた。

「うわっ!わあぁあぁぁぁぁぁぁっ!!」

そして、ボタンを押した本人であるタクルスは、扉の上に立っていた為、落ちた。

以前。ずっと昔にだが、この迷宮でアイアン・トータスを全滅させた際に手に入れたリモコンだ。

まだ使えると言う確信は無かったが、使えて何よりだ。

タクルスは落ちて行ったがな。

「ふむ。では、オレも行くか」

扉の先は暗闇に覆われており、何も見通す事が出来ない。
そこへ進んで飛び降りる。

「ふげっ!?」

降りた先にはタクルスが寝ていたようで、踏んづけて着地してしまった。

これから戦う者に対して酷い事をしたな。

「ふむ。すまない」

取り敢えず、謝っておいた。
まぁ、タクルスなので問題はないだろうがな。

「謝るくらいなら、早く退けよっ!」

「ふむ」

やはり問題はなかったようだ。

タクルスの背から飛び退いてやると、足元から「グフッ」と呻き声が聞こえたが、気にする程でもないだろう。




「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く