努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

ふむ。試験結果はどうなったのだ?


「やっぱり、アイツ…左腕が動いてねぇな」

第二試験を終えた後の休み時間。

教師に話を聞き終えてから、俺はすぐにイクス達の後を追い、物陰からコッソリとイクス達の動向を探る事にして数分。

俺は、アイツの弱点の一つに気が付いた。

いや、弱点と言えるかは微妙な点だが、アイツの左腕は全く動いてない。

歩く際に腕を振る素振りはするが、肩から先が全く動いていない。
それは、戦闘においては命取りとも言える状態だ。

なのに、イクスの動きは全くブレる気配はない。

ただ普通に嬢ちゃんと肩を並べて歩いているだけで、子供同士が仲良さげに歩いているように見えるのに、イクスだけは一挙手一投足の全てに隙がなかった。

隣の嬢ちゃんの方がまだまだ優しく感じられる程だ。

もし、攻撃を仕掛けようと思っても安易に手を出せない雰囲気がビシビシ伝わってくる。

そんな事をすれば逆に返り討ちに遭うってのが、長年の勘で分かるんだよ。

そんなけの実力差がアイツと俺にはあって、戦ってもないのに思い知らされるっつーのは、やっぱり嫌な気分だな。

「にしても、よく食べるなぁ」

お前らの胃袋は底なしかっ!ってツッコミを入れたくなる程に食べるている。

もしかして昼飯を食ってないのか?
今日の学食は無料で食べれる筈だったが?

それは兎も角、食べている最中でもイクスは全く隙がないな。

嬢ちゃんは隙だらけなのが、その差を知らしめている。

おそらく俺がコッソリと付けているのもイクスには既にバレているのだろう。だが、アイツは俺を無視しているようだし、このまま付けさせてもらおう。

それから十数分。

イクス達の行動は至って終始普通だった。

子供らしく興味が惹かれた方へと歩いて行き、無くなる気配のない金を惜しまず使って買い食いをしていた。

特に、何かの特訓をしているようにも見えないし、最終試験の試験会場を探している素振りすらない。

ただ、メッチャ食ってる。
食ってない時が珍しい程に、常に何かを口に入れている。

それでも、イクスの左腕は今の今まで一度も動いていない。

にも関わらず、偶然アイツ等に絡んだ憐れな冒険者は片手間に投げ飛ばされて地に這い蹲らされているし、偶然飛んで来た石は叩き落とされているし、偶然暴れ出した馬を睨み付けただけで泡を吹かせて倒れさせた。

まぁ、全て仕掛けたのは俺だけど。

向こうも気が付いているみたいで、何度か繰り返したら『次やったら殺す』と伝えるような目で睨まれた。

睨まれただけで少しチビったのは内緒な?

いや、マジで。

死神の鎌が首に触れたような悪寒がしたんだよ…。

それからは、ただ見ているだけだったけど、なんだか、凄いコンビだな。

何が凄いって、イクスは周りに無頓着すぎる。
んで、嬢ちゃんは、周囲に優しすぎんだ。

困っている人が居れば、イクスは無視する。けど、嬢ちゃんは助けに向かう訳よ。
大抵は嬢ちゃんが一人で何とかするんだが、それでもダメならイクスに助けを求める。んで、イクスはそれらを容易くあっという間に解決する。

それが、どんな事であってもな。

例えば、足をくじいた子が泣いていると、嬢ちゃんが真っ先に助けに向かう。それから、イクスに頼み、イクスは回復魔法でその子の傷を治す。

魔力が空な癖に魔法を使うって…。

それから、失くし物に困っているオバちゃんが居て、嬢ちゃんは真っ先に助けに向かう。そして、内容を聞いてからイクスに頼み、またもや一瞬で見つける。

まるで、失くした物がある場所を初めから知ってたかのようにな…。

もう、イクスって存在自体が訳が分からなくなっちまったぜ。

ハッキリ言ってしまうと、理解するのを諦めた。

次元が違いすぎるんだ。

イクスにできない事はないんじゃないかって程に、なんでも出来て、なんだって学院に入学しようと思ってるのか気になる程だ。

それでも観察を続けていると、いつの間にか追尾者が一人増えていた。

金髪縦ロールの少女だ。
学院では見掛けない髪型だし、学院の生徒ではないだろうな。

この時期に学院に来る私服姿の子供など入学希望者の他に居ないので、おそらく入学希望者の一人だな。

ソイツは、物陰からイクス達を見ながら、そわそわと落ち着きなさそうにしている。
まるで、話し掛けたいが話しかけ辛いって言う状態だな。

ちょっとばかし、手を貸してやるか。

「なぁ、嬢ちゃーー」

至って普通に。何も悪意などなく、呼び掛けながら肩に手を置こうとしただけだ。

なのに、気が付けば俺は空を見上げていた。

「あら、すみませんですわ。背後から近付くから、反射的に投げてしまいましたわ」

……投げた?

いやいや、俺と嬢ちゃんの体格差を考えろよ。
身長なんて俺の半分程じゃねぇかよ。

でも、現に俺は地面に転がってるし…イクスがアホな冒険者を倒すのに使ってた技に似てるし…。

マジで訳が分からねぇ…。

「あ…ああ…」

でも、投げられたのに不思議と痛みもなく立つ事が出来た。

地面に叩き付けられたって言う感じじゃなかったしな。おそらく、投げると同時に、地面に置いたのだろうな。

その方が凄い技量だと思うが。

「あら、貴方。何があったのかしら?ボロボロですわね。回復して差し上げますわ」

そう言うや否や、中級魔法の《ハイヒール》を使って俺を治してくれた。

外傷はなく、アイツにもある程度は治療してもらったし、普通は見ただけじゃ分からない筈なんだが…見ただけで内傷まで見極めるなんて恐れ入るぜ。

イクスもあの嬢ちゃんもそうだが、コイツ等って、どんな鍛え方をしてんだ?

将来は間違いなく化け物になるぞ…。

「で、私に何か用かしら?」

おっと、そうだったな。

「お前、イクスか嬢ちゃんの知り合いか?さっきからアイツ等に話し掛けようとしてたみたいだけど?」

「えっ、あ、その…知り合いと言うか…顔を合わせた事があるだけと言うか…ですわ…」

さっきまでの威勢はどこ行った。

つか、それは知り合いですら無いだろ。顔合わせた事があるだけで跡を付けるか、普通?

「それじゃ、なんだって尾行してたんだ?」

単なる疑問だ。
俺もしてるしな。

特にやましい事がなければ答えれるだろう。

そう思ってたんだが…。

「そ、それは……し、失礼しますわぁ!!」

突然挙動不審になったかと思えば、脱兎の如く俺の前から逃げて行った。

「ちょっ!おいっ!」

とは言ったものの、余りにも速すぎて追い掛ける気すら覚えない。

あの歳で、その身のこなし…。今年は化け物揃いだな…。

教師をする立場である俺が言うのもおかしな話だが…もう、学院に通う必要なくね?

……って、なっ!?

イクス達を見失しなっちまったじゃねぇかよ!!


ーーー


試験を終えて3日が経った。

今日は、試験結果が発表される日であり、落第者と入学者が判明する日である。

少しばかり緊張していると言っても過言ではない。

なにせ、オレは第一試験を受け損ねているのだからな。心配でないはずがない。

だからこそ、心のケアは必要不可欠だ。

「いつ見ても美しいな」

「そ、そうかなぁ?えへへ〜」

ふむ。サリアに言った訳ではないのだがな?
まぁ良い。

照れているサリアは放って置いて、オレは目の前に聳え立つ時計塔を見上げる。

前世でオレが丹精込めて手掛けた最高に美しい時計塔だ。特に飾りがあるわけではない。言ってしまえば無骨だ。
だが、それがまた良い。

秒針が動く度に長針が僅かに動き、時を刻む。

外には音が聞こえないようにしているが、中は大量の歯車が廻る音が響き渡り、それがまた心地良いのだ。

とは言え、これを作った経緯はーー。

「この時計塔は、ありとあらゆる知識を人々に教えてくれた偉大なるループ様が『時間は無限ではない。有限である』って人々に伝える為に建ててくれた由緒ある時計塔よ」

「ふむ。久しいなミーネ…と、リリル」

懐かしい声が聞こえて振り返ってみれば、いつしか神殺しの塔…ではなく、神秘の塔がある”カルンカーレ”で世話になった二人が立っていた。

【気配察知】を弱めていたとは言え、オレに気配を気取らせないように背後に近付くとは…たった四年ばかりで成長したな。
余程の努力を積んだのだろう。

良い心意気だ。

「ん。旦那様。結婚」

「ふむ。まだ早いな」

「早くない。15歳は大人」

「…そうなのか?」

オレが生きてきた時代では、20を超えてようやく大人と認められていたのだが?

「なんで私に振るのよ。…まぁ良いわ。リリルの言う通り、15歳から大人で間違いないわ。常識よ?」

文句を言う割には教えてくれるのだな。

それにしても、15歳から大人が常識なのか。やはり、時代が変われば常識も変わるのだな。

「ふむ。覚えておこう」

「結婚。婿入り?嫁入り?子供は何人?家は小さいのが良い」

リリルよ。前と比べて、随分と押しが強くなったな…。

「む…むぅ…。ふむ…」

グイグイと来るその迫力に、このオレが一歩後退ってしまったぞ。

「ま、また今度だ」

「今度。いつ?いつ結婚?いつ子供作る?」

「………この学院を卒業出来ればな」

「分かった。約束。絶対」

「むっ…」

知恵を振り絞って出した答えで、逃げ場を失ってしまったぞ…。

なぜ、こうも結婚を迫るのだ…。オレなぞよりも良い人間は探せば山程居るだろうに。

「で、そこで凄い睨んでる子は誰なの?」

ミーネがオレの背後を指差して聞いてきたので、振り返ってみれば、サリアが「ムーッ」と頬を膨らませてオレを睨み付けていた。

なぜだ?

「ふむ。サリアよーー」

「イっくんはサリアの物っ!」

リリルとミーネを紹介しようとした瞬間、サリアがオレの左腕にしがみついて、二人を睨み付け始めた。
「キシャーッ」と猫のような威嚇までしてる程だ。

しかし、一つ聞きたい。

「…物?」

いつからオレは『物』になったのだ?

「違う。旦那様は、私の物」

反対側の腕にリリルがしがみついてきた。

「ふむ。物とはーー」

「イっくんはサリアのっ!」

「私の旦那様」

ふむ。なぜオレを挟んで睨み合うのだ?

二人の視線がオレの前でぶつかり合い、火花を散らしている幻覚が見えるぞ。

サリアには良き友になると思っていたのだが、顔を合わせただけでこれとは…少々予想外だったな。

「貴方、筋金入りの鈍感ね」

「ふむ。そんな事はないと思うぞ?」

痛みの方であれば、左腕は何も感じないが問題はない。
色恋沙汰の方であれば、経験はないが、誰が誰を好きだと言うぐらいは把握出来ているつもりだ。

現に、サリアは未だにオレの兄へと恋心を寄せているのだ。

「どの口が言うのよ…」

ふむ。ミーネに呆れられてしまったぞ。

なぜだ?
余計に分からぬ。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く