努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

ふむ。第二試験だな。


「二次試験を始めます。入学希望者は順番に並んで下さい。それ以外の方は、被害が及ぶ可能性があるので離れていて下さい」

昼飯を済ませ、食後の休憩を取り、昼過ぎのチャイムが鳴り終えた後に始まった二次試験。

場所は、闘技場の東にある無駄に広い運動場だ。外壁付近である東の区画の殆どが運動場に使用されているようで、かなりの広さがある。
建物を目視で探そうにも、遠くに豆粒でしか見えぬ程だ。

しかし、やはりと言うべきか、無能には辛い試験だな。

事前に仕入れていた情報通り、試験を受ける者が立つ位置から10m程離れた場所に、不規則に的が立てられている。
魔力が僅かに込められている事から、その的は強化されているのだろう。

そこから判断するに、一つは確実に壊せるだろう。

後は、魔法に指向性を持たせて、他の的も巻き込んで破壊するのだが…どうやって破壊するか…。

今ならば軽い魔法を一発は放てるだろうが…。

オレの順番が回ってくるまで色々と対策を考えながら、試験を受ける者達を観察する。

大体の者は、的の一つも破壊出来ずに終えている。出来たとしても、十発もの魔法を放って、ようやく的を一つ破壊するぐらいだ。
たまに、一発で的一つを破壊する者もいるが、それは10人に1人、居るか居ないか程だ。

そんな風に観察していると、遂にサリアが呼ばれた。

「次。ランディス出身のサリアさん」

サリアの名が呼ばれると、周囲の者達がザワついた。
何やら「怪物女」やら「怪力女」などと言われているようだ。

ふむ。何をしたのだ?

「はーい!」

だが、サリアは気にしてないようで、伸ばした手をブンブンと振りながら小走りで試験官の元まで向かった。

「初めに説明した通り、魔法を放って良いのは十発までです。それで、あそこに設置されている的を出来るだけ多く破壊して下さい」

「うん?わかったー!」

試験官が手短に説明をしたが、サリアが本当に理解しているかは微妙な所だな。

だが、行動に移るのは相変わらず素早かった。

片手を的の中央辺りに向け、「うーーんっ」と力む。
すると、的の中心地辺りに人一人分が入れそうな真っ赤に煮え滾る炎の球体が現れた。

炎の球体はグングンと縮んで行き、遂には拳大程の大きさになる。

「《エクスプロード》っ!」

サリアが魔法名を叫ぶと同時に、拳大程の炎の球体は一瞬で極小まで縮みーー爆発した。

的だけではなく周囲の地面も巻き込んでの大爆発。轟ッと大気を激しく揺らし、地震が起きたのかと勘違いしてしまう程の地揺れが起きる。

これは、オレが教えた中でも上位に与する程の威力と範囲を誇る炎魔法の一種。サリアが一番得意とする爆裂魔法だ。

ちなみに、《エクスプロージョン》と言う名の魔法があるが、《エクスプロード》はそれよりも上位の魔法だ。

砂煙などは大部分が爆風によって上空へと逃がされたが、それでも尚、モクモクと煙が舞い上がる。

これこそが、《エクスプロード》の真髄。
圧縮によって高濃度にまで溜め込まれた熱の圧力を一気に解放してやる事によって、超絶な爆発を起こす。
それだけではなく、周囲に空気の壁を作ってやる事によって爆発の威力を一定に留め、破壊力と殲滅力を劇的に高める。

もしも、この攻撃を耐え抜き、生き残ったとしても、後に残り続ける煙と化学反応で生まれた毒素によって息は続かず、仮に息をしても、毒素が身体を蝕み、数時間で死に至る。

そして、これはオレのオリジナル魔法だ。

誰もが呆然と、空いた口が閉じられなと言った状態になっている。

一早く我に返ったのは試験官であった。
ハッと我に返えると、ズレた眼鏡を元に直しながら風魔法を使って煙を散らした。

良い判断である。
後に残る筈であった毒素を逃すには、最善と言えるだろう。

そして、ようやく露わとなる爆心地。

もはや的のあった形跡など何処にもなく、縦に深いクレーターが出来上がっていた。
まるで、深い落とし穴だ。

的は全て綺麗さっぱり木っ端微塵に吹き飛び、跡形も残っていない。
的があった場所は、穴と化している。

深さは大体5mと少しぐらいだろう。
非力な者が落ちれば上がってこれなさそうだ。

「ふむ。サリアよ。これでは後片付けが大変だろう。穴を埋めておくといい」

「うんっ!…《アースクリエイト》っ!」

暫し、どうやって穴を埋めようか悩んだようだが、土を生み出す事によって穴を埋めた。
少し盛り上がっているが、踏み固めればーー。

「《グラビティ・ゾーン》っ!」

ふむ。生み出した土を無属性魔法によって上からの魔力の塊で押し固めたみたいだ。

良い考えだ。

だが、まだ甘い。範囲指定が上手く出来てないようで、関係のない周囲の土も一緒に地に減り込んでいる。
その場だけ一段下がってしまっているのではないか。

「嘘でしょ…上級火魔法だけでなく、御伽噺に出てくる神話の創成魔法に重力魔法って…」

誰かの呟きが聴こえると同時に、ザワザワと周囲が騒がしくなった。

話を聞く限りだと、どうやらサリアが使った魔法が珍しかったらしい。

だが…少し練習すれば使えるぐらいだと思うのだが?

オレのように無能ではない限り、簡単に行使できる魔法ばかりだ。
それと間違いの訂正だ。火魔法ではない。爆裂魔法だ。そして、生成魔法ではなく土魔法。重力魔法ではなく無属性魔法だ。

似通っているが、本質は全く違うのでな。

まぁ、指摘してやるつもりはないが。

「こ、これ程とは…一次試験の結果を聴いて薄々と予測はしてましたが…魔法までとは…」

試験官は鳩が豆鉄砲を食ったような表情で唖然と目の前の光景を見続けている。

これでは順が進まぬな。

「ふむ。的が無くなったのであればサリアの順は終わったのだろう?次を呼んではどうだ?」

「ハッ…そ、そうですね。それでは次の方…ランディス出身のイクスさん」

「ふむ。オレだな」

どう言う順番なのか分からぬが、サリアの次がオレなのだな。

サリアと場所を入れ替わるように、オレが前へと出ると、試験官は慌てたような口振りでまくし立ててきた。

「す、少し待ってて下さいね。すぐに的の準備をするので」

そう言って、試験官は少し離れた場所で待機する者達へと指で指示を出し、僅か数分で的の設置を済ませた。

「初めに説明した通り、魔法を放って良いのは十発までです。それで、あそこに設置されている的を出来るだけ多く破壊して下さい。それでは、始めて下さい」

ふむ。今まで考えに考え抜いた案を行使する時が来たな。

「では、行くぞ」

手の平を的…ではなく、空へと向ける。

「《ファイアーボール》」

そして、僅かに回復した魔力を全て込めて、手の平に現れた火球を空へと撃ち放つ。

「どこに向かって打ってんだアイツ?バカだろ?」
「何だよ。偉そうに出てきた癖に、ただのファイアーボールかよ」
「前のサリアちゃんって娘と比べたら、見劣りしちゃうよね」

後方から色々と良いように言われているが、特と見よ。これが《ファイアーボール》の真髄だ。

込めた魔力は、他の者達が撃っていた魔法の一割にも満たない。ただ脆弱な、それでいて、工夫を凝らした《ファイアーボール》だ。

指向性を持たせる事によって威力は大幅に変化する事を思い知れ。

《ファイアーボール》は消えずに空へと永遠に飛んで行き、遂に見えなくなってしまった。
だが、ここからが本番だ。

「堕ちろ《ファイアー・インパクト》」

これは、魔法ではない。
《ファイアーボール》に仕掛けておいた、指向性と言うものだ。

オレが手を振り翳せば、先程放った炎が球が周囲の大気を取り込み、轟々と、より火炎を大きくしながら勢いを増しつつ落下してくる。

そして、的…いや、少し照準がズレたようで、地面に着弾した。それと同時に、大気が割れるかのような音を響かせて真っ赤なドームを作り上げた。

おそらくドームの中は灼熱の業火によって全ての物が燃やし尽くされているだろう。

だが、後方に控える者達や、試験官などには被害は及んでいない。
10m離れているオレに対しても被害は少ない。多少、飛び石によって頬を切ったぐらいだ。

…熱もあるな。

しかし、あくまで、的だけを標的にしたので、じんわりとした熱しか漂って来ない。

魔法の効果が切れると同時にドームが消えると、そこに見えたのは、溶けてガラス状となった地面と、一番端の的が一つ。

「ふむ。やはり、これは照準を付けにくいな」

高高度からの圧縮指定爆撃。

魔法が途中で切れぬように調節するのも大切だが、爆発の範囲を事前に決めておき、的がある範囲にだけ照準を絞るのが一番困難であり、重要だ。

自然の力によって威力が何倍にも膨れ上がる超火力を主とした魔法。
しかし、僅か数ミリでもズレてしまえば、今のように的が一つだけが残ったりしてしまう。

殲滅性は高いが、有用性に欠ける応用魔法だ。

だがしかし…やはり、的が一つ残ったのは心残りだ。あと一発放てる魔力さえ残っていれば、全て壊せたのだがな…。

…ふむ。今更言っても仕方ないか。

やりようはあるが、周囲の魔力を吸収したとしても、地を枯らし、大気を枯らし、人々を魔力不足に陥らせてしまうだけで、ただ混乱を巻き起こすのは目に見えているのでな。

「試験官よ。オレにはもう魔力が残っていないので、これで終わりだ」

「は、はい……聞きたい事が山程ありますので、また後で聴かせて下さいね」

困ったような苦笑いを浮かべて言われた。

ふむ。何を聴きたいのか分からぬ所だが、後で良いと言っているのであれば後にしよう。

地を硬化させたままでは先に進むのに時間が掛かるだろうし…ふむ、サリアの出番だな。

「ふむ。サリアよ。地を慣らしておいてくれ。オレは魔力切れだ」

「分かったー!」

サリアは返事すると同時に、爆裂魔法によって残る的も一緒に消し飛ばしてから、先程同様に土を生み出し、押し固め、地を元通りにした。

慣れたのか、先程よりも上手くなっているようだ。
さすがだな。

周りの者は唖然としていたがな。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く