努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零


この世界には、三種類のジョブがある。

一つ”魔法使い”。
武器は不慣れだが、魔法を得意とする者達。

二つ”戦士”。
魔法を不得意とするが、武器の扱いに長けた者達。

三つ”村人”
全ての能力が平均であり、何かが得意な訳でも苦手な訳でもない。凡人たる者達。

そして、論外なのが、どのタイプにも属さない”無能”。
名前の通りの無能であり、生きる事すら不得意とする者達。

スキルは使えず、魔法も使えない。産まれたとしても、殆どの者はすぐに死んでしまう。
そんな恵まれないジョブを授かって、尚、諦めない者がいた。

その者は、無能にも関わらず過酷な人生を生き抜き、呆気なく人生を自らの手で終わらせたーー。







魔導暦3802年。
世界は平和であった。

ありとあらゆる魔導機が制作され、一部の人間を除いて何不自由のない生活が可能となった世の中。
そんな世界で、無能である彼は嘆いていた。

「あぁ、退屈…」

男は、荒野で悪態を吐く。

いや、そこは荒野ではない。
元は綺麗な平原があり、川があり、美しい白亜の塔が立っていた。

しかし、先程まで行われていた激しい戦いで、その面影は見るも無残な姿へと変貌を遂げたのだ。

平原は焼け野原のはらとなり、一部は荒野と化した。あちこちには壊れた魔導兵器が転がり、どうしたらこうなるのかさえ不可思議な程に斬新な壊れ方をしている。

綺麗で大きな川は干上がり、今の現状だと本当にあったのか疑わしく思える。そして、そこには巨大兵器が横たわっている。

塔は、下町もろとも瓦礫となって、空中には壊滅した塔の大部分が浮遊している。

「どうして、この世界は僕を嫌うんだろうね…ハハハ…」

戦火の跡が残る中、男はあからさまに落ち込んで、乾いた笑みを浮かべた。
そして、肩を落として呟いた。

「あぁ、僕に友達が居たら、こんな事にはならなかったんだろうなぁ…」

彼が空を見上げれば、雲一つ無くない空に二つに割れた月が浮かんでいる。

「もう、これ以上生きていても仕方ないかぁ…」

そう言って、どこからともなく短剣を取り出して自身の胸に突き付ける。

「だけど、次は、次こそはーー幸せをこの手に…」

ーーだけど、まずは友作りからだね。

覚悟の篭った発言と共に、躊躇なく短剣を胸深く突き刺して男は命をーー世界を見捨てた。


ーーー


「これは、神代の時代の始まりと終わりを描いた、有名な英雄と悪人のお話ーー」

本を持った女性はペラリとページを捲り、中々に寝付こうとしない子供達に読ませ聞かせる。


〜〜


神代の時代が始まる100年前。魔王の魔の手が世界を破壊せんと迫り来る頃に、雷鳴轟く豪雨の中に浮世離れした人が現れた。

慈愛に満ち溢れた心を持った”慈愛の勇者オルタナ”は苦しむ人々を見て心を痛め、仲間を集い魔王に挑んだ。しかし、魔王の力は余りにも強大で、仲間は散り散りになってしまった。
だが、それでも尚、彼は仲間を説得して魔王との死闘に勝利を収めた。
そして、世界に平和が訪れ、新たな時代が始まった。だが、肝心の彼は仲間を残して姿を消してしまった。


〜〜


とある山奥で、ひっそりと生きる名も無き剣士がいた。彼の名前は”孤独の武神リバイア”。孤独と共に生き、彼は人知れず人々に迫り来る脅威と戦い続けていた。

しかし、彼にも手に負えない相手が出現してしまい、彼は初めて人里に降り立ち、人々に助けを求めた。
しかし、誰も彼に手も借そうとせず、彼と世界は死を迎えた。


〜〜


世界が滅んだ後、どこからともなく現れた賢者が居た。
彼は次々と魔法を生み出し、人々を幸せにしようと魔法や技術を教えた。だけど、人間達の悪意に心を痛めて姿を消してしまった。

彼の教え子達は彼を慕って永劫の賢者ループと呼んだ。


〜〜


彼は優しき人だった。しかし、世界から向けられる悪意に耐えられずに闇へと堕ちてしまった。
誰とも関わろうとせず、何もしようとせず、怠惰を貪り、邪魔する者は屠る。
そんな彼を畏敬の念を込めて人々は怠惰の悪魔ベルフェゴルと呼び、恐れた。

今も彼はどこかで怠惰を満喫しているだろう。


〜〜


世界を滅ぼし、神々に敵対した過去極悪最強の”災禍の魔王マキシマム”と呼ばれる大魔王が居た。

世界中の人々は意志を一つにして彼を倒そうと躍起になった。だが、彼は指先を軽く動かすだけで容易く大陸を消し飛ばす力を持っていた。

彼は生きとし生ける者達を恨み、全ての破壊を求めた。
その暴虐さ故に怒りを抱いた神々が彼を欠けた月の昇る晩に神々が与えし”神秘の塔”に封印した。


〜〜


「ふぅ〜」

本を読み終えた女性は一息付き、目の前にあるベットに目を向ける。
二人の少女は満足したかのように、気持ち良さそうに寝ているようだ。

女性は窓から覗く二つの月へと視線を向けて呟く。

「あぁ、早く、早く会いたいよ…私の愛しい人…」

窓から吹き込んだ一陣の風が彼女の白銀の髪を揺らした。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く