努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

緊急警報

翌日。

本日は、天気も悪く、外に出ようとは思わない程に土砂降りの雨が降っていた。

「ふむ…」

しかし、雲の動きで風の流れを見た限りでは、昼を過ぎた辺には止むだろう。

「旦那様。雨降ってる。散歩する?」

ずっとオレの背後を付いてきていたリリルの声だ。

「ふむ。雨の中で散歩か。悪くはないが、生憎とオレは雨が嫌いだ。それと、オレはイクスだ」

濡れるのは気にしない。オレは雨を防ぐ術は持っているので、雨の中を歩くのも問題ない。

だが、雨は、オレの嫌な思い出を甦らせるのだ。

……オレが涙を流した日は、決まって雨だったからな。

「旦那様、悲しそう」

オレの表情を見たリリルが哀しげな瞳を浮かべて眉を落としてしまった。

なぜ、リリルが悲しむのか分からないが、おそらく、言葉から察するに原因はオレにあるのだろうな。

「なに、問題ない」

そう言ってリリルの頭を撫でてやると、僅かに顔を上げてオレを見上げた。

「本当?」

「ふむ」

窓を閉めて、リリルに向き直る。

「これで大丈夫だ」

そう言うと、リリルはオレの顔を確かめるようにジッと見つめた後、下手くそな笑みを浮かべて頷いた。

ふむ。オレに幼女趣味があるとは思えないのだが、その、なんだ。リリルの笑顔が下手くそながらも、とても美しく見えた。

だが、オレの鍛え抜かれた精神力は、そんな事で揺るぐ事はないがな。

「ふむ。今日は、この宿でゆっくりしようではないか」

「それじゃあ、私は旦那様と一緒に居る」

「ふむ。オレと居ても退屈なだけだぞ?それと、オレはイクスだ」

「旦那様と一緒に居ると楽しい」

ふむ。オレは旦那様ではなく、イクスなのだがな。
何度言っても変えてくれぬ。

それは兎も角として、オレと居ても本当に退屈で仕方ないと思うのだがな…。
なぜならば、オレは暇になると自身を鍛える事しかしないからだ。

しかし、それではいけないのだろうな。
そんなのだから、オレには友が居なかったのだろう。

とは言え、前世では自身を鍛えなければ、自身を守れなかったので、致し方なかったとも言えぬがな…。

これでは言い訳になるか…。

ふむ。これから改めると言った考えにすべきだな。なにせ、何かに縛られる事のない二度目の人生だ。自由に生きるとしようではないか。

「ふむ…」

しかし、何をしたものか…。

オレは暇を潰す方法など知らないのだ。
前世では、暇などなかったのでな。

「リリルは何かしたい事はあるか?」

「旦那様と一緒」

ふむ。その返答では、オレが何をすべきか分からぬな。

ふむ…………そう、だな。そうするか。

「ならば、【イベントリ】を教えてやろう」

「いべんとり?」

ふむ。
そう言えば、説明をしていなかったな。

「物を収納する魔法だ。一度、オレが使ったのを見た事があるだろ?」

「消える魔法?」

ふむ。そんな認識でいたのか。
だが間違いではないな。

「ああ、そうだ。異空間に自分の空間を作り、そこに余分な荷物を置いておける。それが収納魔法【イベントリ】だ」

「聞いた事ない」

ふむ。やはり、そうであろうな。
初めて【イベントリ】の魔法を見た時の反応からして、そうだと思っていた。

「ふむ。暇をしているのならば、ラッテンとミーネも呼んでくるがいい。ついでだ。教えてやろう」

オレの言葉に、リリルは一つ頷いて駆けて行った。
ラッテンとミーネを呼びに行ったのだろうな。

オレは窓を開けて、雨雲を見つめる。
未だに雨が止む気配はない。しかし、雲の流れから察するに、昼頃には止む事は確実だ。

こんな豪雨を見ていると、嫌な気持ちしかないが、それでもオレは空を眺める。

そうしていると、唐突に街の鐘が鳴り響いた。

まるで、何かを警戒するかの如く激しく鳴らされている。

「ふむ」

気配を察する限り、この鐘の音を聴いた人々は慌ただしく街内を駆け巡っているようだ。
大半は、建物の中に篭っているが、残りは街の外へと避難している。

北側から来る何かに怯え、逃げているようだな。

その何かを確認しようも、今のオレにはこの街内の気配を感じ取るのが限界で、街の外を把握しきれない。

「イ、イクス様!今すぐに避難します!付いて来てください!」

ふむ。リリルがラッテンとミーネを連れて来たようだが、どうやら彼等の意図は別の所にあるようだ。

三人共、何やら大きな鞄を背負って、今すぐにでも旅に出れそうな格好をしている。

「ふむ…」

ラッテンの慌てた言葉に返答しようとした、その時。オレの気配察知の範囲に大きな気配の反応があった。

「逃げても良いが、これでは意味がないな」

「それは、【イベントリ】の事でしょうか?でしたら、今度、機会がある日に是非お願い致します。ですが、今は逃げる事が先決です。貴方方に何かあれば、私はお父様方に合わせるお顔がありませんっ」

ふむ。随分と急いでいるようだが、オレの言葉は別の意味で取られたのか?

「イクスっ!」

「ミーネっ!リリルっ!」

そんな時、話題の父達が戻って来た。

顔を真っ赤にしているのは、酔っているからだろうな。
だが、しかし、オレ達の顔を見た瞬間、安堵の表情を浮かべた。

「よしっ!逃げるぞ、イクス!」

「ラッテン!馬車を出してくれ!それで逃げるぞ!グランズ達も乗ってくれ!」

「助かる!」

「畏まりました」

ふむ。二人は、慌ててはいるものの頭は冷静なようで、的確に行動、指示をしているようだ。
ラッテンも即座に言われた行動をし始めた。

しかし、だな…。

「グォォォォオォォォ!!」

父達が逃げようとしている存在は、既に、街の上空にまで来ているのだ。

「ちっ!もう来たか!俺が足止めする!アーク!息子を頼む!」

「なっ!…わ、分かった!任せろ!」

ふむ。これが、男の熱い友情と言うものなのか。

オレの父はアークの言葉を聞き届けると、満足そうに親指を立てて腰の剣に震える手を当てて宿屋から出て行ってしまった。

「旦那様。裏手に馬車をご用意させていただきました」

「よしっ!ラッテン!三人を頼む!」

「で、ですが…」

ミーネとリリルの表情を確認するラッテン。
二人はどこか不安気な表情を浮かべているようだ。

「男が友を置いて逃げるなんて、みっともねぇ事が出来る訳ないからな!俺も行く!」

「…畏まりました」

どこか納得いかなさそうに頷いたラッテンだが、それでも良いのか、アークも剣を手に取って宿屋から出て行った。

「ミーネ様、リリル様、イクス様。私が命を賭けてでも、お守り致します」

不安を抱える二人を安心させるかのような言葉で、オレ達の前を先導するラッテン。

「ふむ…」

しかし、だな…。

「イクス様、急いで下さい」

ラッテンよ。内心は慌てているものの、冷静を繕うのは流石とは思うが、そう急かすものではない。

そもそも、この程度ならばオレ一人でも対処可能だ。

「ふむ。オレは用事がある。先に行ってくれ」

「で、ですがっ!」

「オレの心配は無用だ。それと、向かうならば神秘の塔に向かうと良い。あそこは、頑丈だ」

街の人々を一瞬で恐怖に陥れる存在。それが、オレの想定する魔物であるならば、神秘の塔には敵わぬだろう。

なにせ、あそこは神殺しの塔と呼ばれた場所なのだ。
並大抵の魔物では破壊できぬ。

「か、畏まりました…」

渋々と言った風にだが、オレの意図を汲んでくれたようだ。

さて、平穏なる1日は一瞬で崩れ去ってしまったが、なに、問題ない。
オレにとってみれば、些細な事であるからな。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く