努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

怪我

突如ともなく私の前に現れた彼は、私と同じぐらいの歳に見えます。

左腕は、ドラゴンの放った炎球にでも触れたのか、外套は燃え、生身の体は灼け爛れ、一部は焦げてしまっています。

しかし、肝心の炎球は何処に行ったのでしょうか?

やっぱり、私は気が狂ってしまっていて、これは夢なのでしょうか?

そう思ったのも束の間、彼は振り返って右手を差し出してきました。

「ふむ。怪我はないようだが、ここに居ては巻き添えを食うだけだ。立てるか?」

彼の差し出す右手には紋様がありません。それは、神の祝福を受けてない事を意味します。

そんな彼が、脅威しかないドラゴンに背を向けて私を気遣ってくれます。
ですが、そんな事をすれば、ドラゴンに隙を見せる事に他なりません。

「う、後ろっ!」

彼が背を向けたドラゴンが二度目のブレスを放とうとしていたのです。

私は声を振り絞って危険を知らせます。

ですが、彼はチラリと横目で確認しただけで、私の頭の上に安心させるかのように優しく手を置きました。

「ふむ。立てぬならば、オレの背後に居れば良い」

ドラゴンが放った二度目の炎球が迫り来る中、彼は私の頭の優しく撫でます。

そして、直撃する寸前。炎球を見もせずに灼け爛れた左手で炎球を受け止め、軽く手を振うだけで呆気なく搔き消しました。

「う…そ…」

本当に、私は夢でも見てるのでしょうか?

有り得ない事が目の前で起きて、自分の目が信じられません。

ですが、彼の手の温もりは本物で、優しさの篭った手で安心させるかのように私の頭を撫でてくれています。

「ふむ。信じられない、と言った顔付きだな。だが、これぐらいは出来て当然だ。努力すれば出来ぬ事はない」

言い終えると、彼は私の頭から手を離して、ドラゴンへと向き直りました。

「よく見て、よく学べ。それこそが、努力の一歩だ」

地面に落ちている剣を足で拾い上げ、宙をクルクルと舞った剣を難なく受け止めます。
そして、腰を僅かに落とし、肩の力を抜いて剣先を地に向けました。

「ガアァァァアァァ!?」

刹那、ドラゴンの片翼が根元から断たれました。

何が起きたのか、近くで見ていた私にもサッパリ理解できません。
ですが、彼が再度同じ体勢を取り直すと、ドラゴンの反対側の翼が断たれ、次に、足首が断たれました。

「ふむ…」

このままトドメを刺すかと思えば、何かを考えるかのような仕草をして全くの別の方向へと視線を向けました。

「軽く弱らせておくか」

そう呟くと、彼は剣から手を離し、ドラゴンの前へと一瞬で移動しーー殴りました。

けれど、所詮は子供のパンチです。
彼がどれだけ強くても、冒険者達が剣や槍で攻撃してもビクともしない頑丈な鱗を突き破る事なんてできる筈がありません。

そして、彼のパンチも同様に、ドラゴンの鱗に傷を付ける事は出来ませんでした。

だけど、私は自分の目を疑います。

なぜなら、彼が殴った鱗は、傷が付いたなどと言う小さな話ではなく、破壊されたからです。
私でも何をどう説明したら良いか分かりません。ですが、あの頑丈な鱗が砕け、ポロポロと剥がれ落ちたのです。

どれだけの冒険者が挑み、それでも尚、傷1つ付けれなかった鱗をいとも容易く破壊してのける彼に、底知れぬ恐怖を抱くと同時に、憧れを抱きました。

私も、彼のように成りたい。

そう思いました。

ドラゴンを何度か殴った彼は、瀕死となって動けないドラゴンを横目に、また明後日の方向を向いて何かを考える仕草をすると、私の元へと戻ってきました。

「オレの事は黙っておいてくれ。その方が何かと楽なのでな」

そう言って私の頭を撫でる彼の手は、とても温かく、優しさに満ち溢れていました。

「ふむ。そろそろだな」

またです。また、明後日の方向を向きました。

私も彼に吊られて彼が見る方向を見ますが、誰もいない道があるだけです。

不思議に思って彼へと視線を戻すと、既にそこには彼の姿はありませんでした。
ですが、彼が居たと言う証は残されていました。

可愛らしいハートマークが描かれた外套です。

私はそれを手に取り、胸にギュッと抱きしめます。
また、彼に会える日を願って晴れたばかりの空を見上げーー。

「居たぞ!アーク!アイツだ!」

「アイツだな!なぜかは知らんが、ボロボロだけどーー」

「「俺達、父親魂見せてやる!!」」

後から現れた、謎の男性二人によって、ドラゴンは討伐されました。


ーーー


ふむ。あの触り心地…。
なんとも心地良いものだったな…。

オレは用を終えたので、神秘の塔まで歩いて向かっている途中なのだが、やはり、なんだ…。オレの悪い癖だ。

獣人は頭を触られるのを嫌うと言うのに、触ってしまった。
あの小娘は、猫獣人と人間のハーフであったからか何も言わなかったが…ふむ。すまない事をしたと今頃になって悔いている所だ。

生憎とプニプニの耳は無かったが、それに似た髪型になっていたのが、また愛くるしいかった。

機会があれば、また触らせてもらいたいものだ。

そうしている内に、雨は止み、神秘の塔に辿り着いた。
気配を察するに、ラッテン達はオレの言いつけ通りにここへと来たようだ。

その他にも、何人かは人が居るものの、やはり、神秘の塔の頑丈さはそれほど知られていないようだ。

「ふむ」

オレが神秘の塔に足を踏み入れると、それに素早く気が付いたラッテン達が駆け寄って来た。

「イ、イクス様っ!ご無事でしたか!?お怪我はありませんかっ!?」

「旦那様、腕…酷い…」

「あぁ…この様な大怪我を…私めが不甲斐ないばかりに…申し訳ございません…」

ふむ。ラッテンが何かした訳ではないのだがな。

「ふむ。なに、気にする事はない。多少の痛みはあるが、これは、相手を甘く見過ぎだオレへの戒めだ。ダクダ草でも付けてれば治ると言うものだ」

「なっ!?い、いけませんっ!それは猛毒です!!」

ふむ。冗談だったのだがな。

ちなみに、ダクダ草とは、汁一滴の香りだけで何百人もの人を殺せる猛毒だ。しかし、葉だけになると効果は激減され、葉に触れた箇所を腐らし、使えなくすると言った効果しかない。

即ち、葉を付けると言うのは、その腕を捨てると言う事に他ならないのだ。

昔に流行った軽いジョークなのだがな。

「ーーっ!?」

突如、左腕に猛烈な痛みが走り、顔を顰めてしまった。
何が起きたのかを確認すると、そこにオレの腕を突くかのような格好をしたミーネが居た。

どうやら、ミーネに突かれたようだ。

「なに強がってるのよ。やっぱり痛いんじゃないのよ」

呆れたようにジト目を向けてくるミーネは、ポケットをゴソゴソとほじくり、なにやら白い布が巻かれた物を取り出した。

「ちょっと腕あげなさい。それじゃあ、巻けないじゃない」

ふむ。何を言っているのか良く分からぬが、悪意は感じないので言われた通りにしておこう。

オレが腕を上げれば、ミーネは腕に白く細長い布を巻き付けて行く。
まるで、傷跡を隠すかのような行為だな。

そんなに酷く見えるのか?

耐性がまだ付いていないようで、痛みがあるのだが、オレとしては焼けて動かなくなっただけに感じるのだがな。
所詮は腕が捥げるのとそう変わらぬぐらいだ。

「ミーネは良く怪我する。それは、ミーネの特製、痛み止めの包帯」

ふむ。言われてみれば確かに、痛みが多少和らいだぞ。

「痛みを抑えてるだけだから、治癒は誰かにしてもらうのよ」

「ふむ。気が向いたら行こう」

これぐらいならば、治そうと思えば一瞬で治せる。
しかし、これは敵を甘く見過ぎだオレへの戒めなのだ。オレが前の強さを取り戻すまでこのままで居るつもりだ。

「気が向いたらって…バカでしょ…」

ふむ。酷い言われようだな。

「違う。旦那様には旦那様の考えがある」

そうではあるが、オレは旦那様ではないと何度言えばいいのだ?

「はぁ…」

ふむ。また呆れられてしまったな。
オレが呆れられる要素など、あったか?


〜〜〜


その後、オレの服を新調するにあたってリリルとミーネが言い合ったり、父達がドラゴンスレイヤーとして英雄扱いされて街を上げての宴になったりと色々とあったが、遂にオレ達がこの街を発つ日になった。

「おぉー!!友よぉぉ!!」

「友よぉぉ!!」

隣で父達が熱苦しい抱擁をして涙を流しているが、それが友人と言うものなのだろうな。

「寂しくなる。また会える?」

「ふむ。オレは未来を見れぬ。だが、会おうと思えば、会えるだろうな」

人探しの魔法もあるぐらいだ。
努力すれば、それを会得できるだろう。

「イクス様。どうか、お元気で」

「ふむ。ラッテンも老いに負けるではないぞ」

「はい」

ふむ。別れ際に、そう哀しそうな表情をするものではない。
どこかで聞いたが、別れ際には笑顔が一番らしいのだぞ。

「イクス。これ、持って行きなさい」

「む?…ふむ。戴いておこう」

ミーネが渡してきたのは、オレの左腕に巻かれた白い布と同じ物だ。
包帯と言う物らしいのだが、生憎とオレとは関わりがなかったもので、詳しくは知らぬ。

怪我を隠し、痛みを和らげる効果があるぐらいだ。

「よしっ!行くぞイクス!男なら、別れを惜しむな!振り返らずに行くんだぞ!」

父が涙を流しながらオレの手を掴んで引っ張って歩き始めた。

まるで、自分自身に言い聞かせているような言葉で、涙で顔がグチャグチャだ。

振り返ると、アークは涙を流しているが、ミーネ、リリル、ラッテンは手を振ってオレ達を送り出してくれていた。
オレも軽く手を挙げて、父と共に彼等と別れた。

ちなみに、馬は置いて来た。
オレ達と共に来るのを嫌がったのもあるが、一番の理由は、トレールに馬は載せられないかららしい。

「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く