努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す

九九 零

ふむ。では、行くか。


トレールで数時間。それから徒歩で数時間。
1日と掛からずに家に到着した。

こんなに早く移動できるのならば、初めからそうすれば良いと思うのだが、父は「そんなもの使ってたら、旅にならねぇだろ?」と言っていた。

ならば、なぜ、帰りには使ったのだ?
……まぁ良いか。

それは兎も角、その数日後。父は母にこっ酷く叱られていた。
理由は、オレの左腕だ。

オレが大火傷を負い、あまつさえ後遺症まで残ってしまった事を母が知り、しっかりと面倒を見ていなかった父に激怒したのだ。
その際に、父がアークと呑み歩いていた事も知られていた。

ちなみに、ドラゴンのブレスによって負った後遺症は、肩から先が全く動かぬ事だ。だが、オレからすれば肩は動くので問題はない。

治そうと思えば、いつでも治せるしな。

それから、4年と少しの時が経ち、オレが15歳になる年になった。

こんな些細な事など普段は気にしないのだが、数日前からこの年になるのを楽しみにしていたのだ。

その理由はだな…。

「よしっ!イクス!約束通り、再来月からお前には学院に通ってもらうぞ!」

こう言う事だ。

生憎とオレは人間の学び舎に行った事がないので、心成しか楽しみにしているのだ。

「無事に卒業できれば、お前の好きな事をするのを許す!だが!それがダメだったら、お前にはこの街の兵士になってもらう!」

数日前…年末に言われた事と同じ事だが、それでも良い。なにせ、どこかで聞いた話ではあるが、学院に行けば友が出来るのだ。

生憎と前世でのオレは学院に近寄る前に学院を管理する国を敵に回してしまっていたので、どうしようもなかったのだが、今回は違う。
現状ではオレは敵を作っていない。だからこそ、学院に行ける。

今の気持ちを表すのならば、ウキウキとしていると言っても過言ではない。

そんな訳で、オレは今まで以上に努力をしている。勿論、サリアもだ。
共に学院に行く事になったので、その為の準備である。

勉学は勿論の事ながら、戦闘術に関しても、オレが教えれる範囲の全てを教え、学院に行ってもバカにされないようしておく寸法だ。

学院とは物を教える場所。そこで、バカにされてなどいれば、友など出来る筈もないだろうからな。

たった数ヶ月でどこまで成長するかは定かではないが、なに、学院に行っても努力を怠らなければ良い話だ。

それからと言うもの、オレとサリアの努力の日々が続いた。
オレはより高みへと登る努力を。そして、サリアはオレに追いつく為の努力を主とした。

時には、竜討伐に向かいサリア一人で討伐させてみたり、剣と魔法を使っての模擬戦を行ってみたり、新たな魔術式を作り上げて試し打ちしてみたり、と色々な事を行なった。

ちなみに、オレは空を歩く際の魔法を簡略化した魔術式を作ったのだが、サリアは何をしようとしたのか分からなかったが、失敗に終え、周囲一帯を焼け野原にしていた。

それには、さすがのオレでも肝を冷やした。
街から離れた人気のない場所で行使して良かったと、安堵の息を吐いた程だ。

そして、遂にオレ達が学院へと向かう日となった。

「ふむ行ってくるぞ」

「行ってきまーすっ!」

今回は学院までの道程を馬車で移動する事になっている。前のように馬に乗っては行っては、向こうで馬の世話をしなければならなくなるらしいのでな。

御者は、街から街へと物資を運ぶ商人だ。

「道中気を付けるのよ、イクス。危ない事はなるべく避けて、学院に着いたら到着の手紙を送ってね。絶対よ。それから、何か嫌な事があったら、いつでも帰って来ても良いのよ。お父さんが何か言うようだったら、お母さんが説教してあげるから」

母は相変わらずの心配性だな。
それだけいっぺんに言われると、返す言葉に困るぞ。

「イクスに限って危険な事なんて無いと思うけど、なるべく問題を起こさないようにね」

「ふむ。善処しよう」

なぜかオレの父だけはいないが、それ以外の家族が出迎えに来てくれているのだ。
ちなみに、姉には未だに会った事すらなく、この場にも居ない。

隣のサリアを横目で見てみると、彼女の両親は号泣しているにも関わらず、サリアはいつも通り元気な笑みを見せているようだ。
だが、どうもサリアは両親が泣いている理由が分かっていなさそうに見えるな。

「では、そろそろ行くとしよう。商人よ。頼めるか?」

「一応、メアードルって名前があるんですが…」

「ふむ。それは悪い事をしたな、メアードル」

「いえいえ。では、出発しますね」

「ああ、頼む」

オレの独断での判断だが、なに、永遠の別れでは無いのだ。会おうと思えば会えるのだから、悲観する必要はない。

「バイバーイ!」

サリアは号泣する家族に向かって元気に手を振って僅かな別れを告げている。

ふむ。では、オレもしておくか。

オレが軽く手を挙げて別れの印にすると、兄は和かに微笑みながら手を挙げ返してくれた。
母は、涙を拭ったハンカチを持った手を振って送り出してくれた。

さて、では行こうではないか。
”オルタルーブ”学院へとな。

確か、馬車で急げば二週間と言う話だったので、今から出発すれば入学試験の当日には着くだろう。

少し強行な旅になりそうだ。

「ちょっと待てぇえぇぇぇぇ!!」

馬車がゆっくりと走り始めた時。街の方角から誰かがオレ達の出発を呼び止める叫びが聞こえて来た。
振り返って確認してみると、父がこちらに向かって駆けて来ていた。

ふむ。

「すまないが、少し止まってくれ」

「はいよっ」

メアードルに頼みを入れたが、彼は既に手綱を引っ張って馬に停止の指示を送っていたようだ。
オレが言うまでもなかったようだな。

しかし、父は今の今まで何をしていたのだ?
出発し始めた時に来るなど、予想すらしていなかったぞ。

「ふぅ、ギリギリ間に合ったぁ…」

馬車の後部に手を掛けてゼーハーと荒い息を吐く父。
どうやら、全力疾走をしていたようだ。

余りに遅いものだから、全力だとは思わなかったぞ。

父は少しの間、荒い息を吐いていたが、息を整えると手に持ったカードのような物を二枚差し出して来た。
一枚はサリアの分のようだ。

「ほれ、これ持ってけ。これがあると街に入る時とかに便利だからよ」

…見覚えがあるな。
いつしか、トレールに乗る際に父のポケットから出て来た身分証に似ている。しかし、描かれている内容は少し違うようだ。

「ありがとーっ!」

サリアは考える素振りすらなく嬉しげに受け取った。
オレも一応受け取っておこう。
街に入るのが楽になるのは、便利な事だからな。

「一応言っとくが、それはギルドカードだ。お前等が学院生の内は冒険者をして小遣いを稼ぐ事になるだろうから、その為に必要な物だ。だから、失くすなよ?」

ふむ。そう言うことか。
冒険者が何かは分からぬが、まぁ良い。
向こうで過ごしている最中にでも知る機会があるだろう。

「ふむ。了解した」

「立派になって帰ってこい!って言ってやりたい所だけど、お前等にそんな言葉は意味ねぇのな分かってる。だから、これだけは言わせてくれ。嫌な奴がいたらブチのめせ!」

父がそう言った瞬間、ガンッと母にフライパンで頭を殴られて倒れた。

見た所だと、気を失っているだけのようだが、母よ。そのフライパンは何処から出したのだ?

「貴方ったら、何を血迷ったのかしら?」

ふむ。オレから言わせれば、母よ、何を血迷ったのだ?
気絶までさせなくても良かったのではないか?

それと、そのフライパンの出所を知りたいのだが…。

「イクス。お父さんの言った事は無視するのよ?」

「む…。ふむ。分かった」

久々に気圧されたぞ。
しかも、眼力だけでなど…何千年振りだ。

「じゃあ、私はお父さんの説教があるから行ってらっしゃい、イクス。無事に帰って来るのよ」

「ふむ…」

そして、オレ達は生まれ育った、この街。”ランディス”を後にした。


〜〜〜


街を出発してから数日。

「いやぁ、ホントにお嬢さんは強いですねぇ」

魔物と戦うサリアを見てメアードルは感嘆の声を上げている。

初めの頃は「危ない」や「逃げる」などの単語をギャーギャーと喚いていたのだが、変わり身が早いようだ。

「ふむ。あれぐらいの雑魚相手ならば、サリアでも余裕だろうな」

なにせ、竜と戦っても傷一つ負わずに勝利を収められるようにまで育て上げたのだからな。

「雑魚って…Dランクの冒険者が5人集まって、ようやく一体を倒せる程の魔物ですよ?それを雑魚って…」

サリアが戦っているのは大型の蜂の魔物だ。
それが数百といて、オレ達は囲まれているのだが、なに、サリア一人でも対処可能な数だ。

既に半分程が片付いている。

オレはと言うと、メアードルと会話しながらサリアが取り逃がした魔物を片手間に掴んで軽く放り投げているだけだ。

オレが倒せば早く片付くが、それだとサリアの特訓にはならぬからな。

「ふむ。サリアよ。剣だけではなく、魔法も使うのだ」

前にも教えた筈なのだが、いつもサリアは剣で戦おうとする癖がある。

「分かったー!」

返事をすると共に、全身に魔力が行き渡り、そこから滲み出した魔力が体の表面を覆う。すると、全身を魔力が包み込むかのように青白く光を放った。

魔力を全身に行き渡らせる事で身体能力を総合的に上昇させる《身体強化》と、体外に纏う事で鋼を纏うかのように頑丈さを得る《武装》だな。

そして、身体に纏う魔力を剣にも送り、剣も青白い光を帯びた。

これは、ただの《武器強化》だ。
《武装》のように纏わせる事によって、頑丈さを得れる。そして、魔力で刃を作り出す事によって斬れ味も変化させる事の出来る魔法だ。

「む、無詠唱っ!?」

メアードルはサリアが詠唱せずに魔法を行使した事に驚きを露わにしているようだが、詠唱などしていれば魔力効率が悪いし、応用も効かぬ。
本来の力の半分も出せぬだろう。

それに、そもそも詠唱をサリアに教えていない。そんな事を教えてしまえば、詠唱が癖になってしまうかもしれぬからな。

だが、魔法名だけは唱えるように教えたのだがな…。

「いっくよーっ!」

サリアが剣を雑に一振りすれば、剣圧だけで付近の魔者共は吹き飛ばされ、剣の軌跡から放たれる刃で遠方の魔者共は切り飛ばされる。

スキル【剣撃波】だ。
オレの得意技の一つである。

それが連発されれば魔者共もたまったものではないだろう。しかし、サリアが【剣撃波】を放てるのは数発が限度だ。
なにせ、簡単な風に見えて、その実、かなり体力を消耗するスキルだからな。

サリアはその事を理解しているようで、吹き飛ばされた魔物に【瞬動】で瞬く間に近付き、トドメを刺して行き、残った僅かな魔物を倒して戦闘は終えた。

「イッくんっ!イッくんっ!どうだったっ?」

初めての群れを成す魔物との戦闘に勝利を収めたサリアは嬉しげに飛び跳ねて訊いてくるが…ふむ。

「まだまだ詰めが甘いな」

まだ動ける魔物が数匹残っている。
なにせ、蜂の魔物だ。首を刎ねたぐらいでは死なぬ。

「虫の魔物は、首や四肢を切るのではなく、心臓を潰すのだ」

そう言いながらオレは近くに落ちている生きた魔物の心臓に《イベントリ》から取り出した木刀を突き刺す。

「でも、心臓は見えないよ?」

「へ?木剣?刺さった?いや、そうじゃなくて、どこから…?」

メアードルが何かを言ってるが、その質問に答える前にサリアは疑問を口にしたので、そちらを優先しよう。

「ならば、全身を刻めば良い。そこまですれば、虫とは言えど生き絶えるだろう」

「うんっ!分かった!」

返事をすると、既に死んでいる魔物から動ける魔物まで、見境なく切り刻み始めた。
側から見れば、血気盛んな少女が暴れてるようにしか見えない光景だ。

だが、オレからすれば、そうではない。
虫の魔物は危険なのだ。首を刎ね、四肢を捥ごうとも、攻撃をしてくるのだ。

かく言うオレも、過去に虫の魔物と戦って何度も傷を負った覚えがある。
それぞれに個性があり、戦い方を知らなければ危険な相手なのだ。

「これが考え方の違いと言うものですか…」

ふむ。この様子だと、先程の質問は答えなくて良さそうだな。


〜〜〜


ガタガタと馬車は揺れるが、ゆっくりと流れる景色を眺める旅は、そう悪くはないものだ。

時折、群れから逸れた魔物が街道に入り込んでくるが、それらは全てサリアの特訓に有効活用させてもらっている。

何が言いたいかと言うと、

「旅とは良いものだな」

旅をした経験は幾度もあるが、いつも一人だった。
友は居なく、一緒に行動する者も居なかった。

前世のオレにとって、他人とは敵であったのだ。

旅をして会うのは、何かと理由を付けてオレを追い回す国々からの回し者や、依頼を受けてオレを殺そうとする者達ばかりだった。

道中に人と会わなかった訳ではなかったが、姿を変え、喋り方を変え、声を変えても、人々はオレに怯えて逃げてしまっていた。

オレが彼等に何かをした覚えはなかったのだが、なぜか、オレは人々に忌み嫌われていた。悪魔とまで言われた程だ。

なぜだ?

今になっても分からぬ。

「あっ!イッくん!見えたよっ!」

空を見上げて黄昏ているオレだったが、サリアが嬉しそうに声を上げたので、そちらへと視線を向けてみる。

「…ふむ」

あれは…街か?

大きな壁に覆われているのは人が集う場所ならばどこも同じようだが、中の様子が一風変わっているようだ。

そこらの街ならば、中央には領主の屋敷があるのだが、その代わりとして見覚えのある時計塔が建っている。
それを中心として、東西南北と巨大な建物で別けられているようだ。

そして、その建物から一番離れた壁付近には、またもや東西南北で別けられた建物と空白地帯がある。

「何か見えましたか?私には何にも見えないですけど…?」

「ふむ。気にするな」

この辺りは何もない平原なので、確かに近くしか見れない人からしてみれば草原しか見えぬだろうから、気にしても仕方ない事だ。

しかし、オレとサリアは【千里眼】のスキルを習得しており、メアードルよりも遠くの場所を見る事が出来るので、気になるものだ。

とは言え、サリアは【千里眼】を使用すると目を回す為、特訓の為に常に使用しておくようにさせていた《身体強化》で見つけたのだろう。

《身体強化》を使えば、筋力が強化されるだけでなく、目視で見える距離も強化されるからな。

ちなみにだが、【千里眼】とは人によって使い方が異なるが、オレの使用方法は誰かの見た物を盗み見る方法だ。
今回は空を飛んでいた鳥の目を借りて、街…ではなく、学院を確認させてもらった。

【千里眼】を使用して学院を空から下見していると、ふと、近隣にある森が目に入った。
この学院の建つ場所が、オレの予想する場所であるならば、この森には迷宮がある筈だ。

それを確認しておきたい。

なにせ、その迷宮の最奥にはーーむ?


「努力を極めた最強はボッチだから転生して一から人生をやり直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー110206

    地味に父と母とイクスのやりとり好きなんだよなぁw

    2
コメントを書く