俺の魔法科学園生活

お湯

第2章:中間試験【11】

「今日はありがとうっ」
「ああ」

訓練を終えた俺は少し考える
今すぐにでもエルナの家に行きたい。だがさすがに日も暮れており今日は遅い。
なにか理由はないものか…あ、そうだ

「もう遅いし送っていくよ」
「えっ?ああー…そうだね…でも悪いしいいよ」

なにぃ?!
確実に行けると思ったんだが…

「いや、こんな夜道に女の子ひとりは危ない」
「大丈夫だよ。ほんとに、それに私だってそんなに弱いわけじゃないし」

ど、どうしよう…

「ねえアグナくん」

俺がどうしようか考えているとエルナにジト目を向けられた

「な、なんだよ?」
「なんでそんなに私を家まで送ろうとするの?」
「い、いや、それはだなぁ…」

言葉を濁す俺にエルナはムスッとして

「だいたい今日のアグナくん変だよ?私の魔法に防御魔法使ったりしたり急に怒ったり、なんかあったの?それとも何かあるの?」

ぬ、ぬぅ……

「いやほんとなんでもな「言って」いやほんと「言って」」

ゴゴゴゴゴ…という文字が似合いそうな物凄い形相で言われた俺に拒否権は無かった

いやまあそれでも親が魔族かもしれないということはなんとか黙っていたが

「なるほどね、私の魔力量が多い理由が知りたいと。それでお父さんに会おうとしたと。」
「そうなんだよ。だから頼むよ」

いつの間にか正座させられていた俺はなんとかそう頼む

「ダメだね」

即答っ?!

「というかまず、お父さんは今仕事で家にいないから来ても無駄だよ?」
「いつごろに帰ってくるんだよ」
「わかんない」
「わかんないってことはないだろう?」
「わかんないよ。お父さんいっつもそう。一年に一回帰ってきてはすぐどっかに行っちゃうんだ」

はあ…こりゃ当分会えそうにないな…
俺は立ち上がりながら諦めの言葉を口に出す

「わかった。まあ帰ってきたら教えてくれ」
「うん。そうする」

うーん。困ったなあ

まあいいか…よくないけど。


それから俺は、一応エルナを家の近くまで送ってから家へ帰宅した

「はあ…魔族…か…久しぶりだな…」

ベッドへ倒れ込んでそう呟いた時にはもう意識が落ち始めていた

「俺の魔法科学園生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く