my memories

第6話

-日曜日-

医者「こんにちは七海さん」

七海「こんにちは…」

医者「今日はアルツハイマー病の進行を抑えるために脳のトレーニングをしましょう」

七海「はい…」

医者「今日は何日ですか?」

七海「10月21日です」

医者「では昨日の夜ご飯は何でしたか」

七海「昨日は…ビーフシチューでした」

医者「合ってますか?」

母「合ってます」

医者「そうですかありがとうございます。このような質問をして、病気の進行を遅らせていきます。これからも頑張りましょう」

母「よろしくお願いします」

七海「…」

-帰りの途中-

母「ねぇ七海」

七海「なに?」

母「竜之介くんとなんかあった?」

七海「っ…なんで…」

母「見てればわかるわよ」

七海「…俺には相談してくれないのかって言われて…ごめんねって言うことしか出来なかった…」

母「そっか。話せるといいね」

七海「いつかね」

-翌日-

竜之介「おはよ」

七海「えっ…」

竜之介「この間は悪かった。ついあんなこと言っちまってお前の方が大変なのに…」

七海「大丈夫だよ!」

竜之介「あの後1人で学校行ってお前が傍にいないと寂しいって思ったから朝一番に謝りに来た」

七海「ごめんね。ありがとう」

竜之介「おう。学校行こうぜ」

七海「うん!」

「my memories」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く