神様を拾った俺はイケメンになれるそうです

おろしポン酢

雰囲気とは一体?


大変お待たせいたしました




ゴールデンウィークを1週間後に控えたある日、放課後に俺はクラスの友人数人と外でコートを借りてバトミントンをしていた

「くあぁ〜〜、工藤お前本当に何でもできすぎるだろう」

先ほどまで俺と試合をしていた男が話しかけてきた
彼の名前は 藤本将吾 バトミントン部のはずだが、なぜか坊主にしている根っからのスポーツ少年だ。

「俺ってバトミントン部だよな...素人に負けたって…素人に…」
「あんまり気にすんなよ藤本。俺は昔からスポーツで誰かに負けたことないから仕方ないって」
「お前それ嫌味か!それ嫌味だよな!………やっぱイケメンって何でもできたりすんのか?水の上走るとか」
「いやできねぇよ!そんなのいたら俺が霞んじまうだろうが!」
「あっははは!やっぱ工藤って接しやすいよな。最初は近づき難いオーラが出てたけど意外と面白くてびっくりしたな」
「だよなぁ。なぜか初対面の男子と仲良くするのが難しくってな」

春樹は全く気づいていないが、将吾が言ったように春樹には近づき難い何かがあるのだ。そんなこんなで将吾と別れた後、普段なら帰るため校門に向かうが、今日は珍しく激しい運動をしたので少し休むため中庭のベンチに座りゴールデンウィークの予定をどうしようかと思案していた

「あ!工藤くんこんなところにいたんだ!少しいい?」

ベンチに座って10分くらいが過ぎた頃に、不意に見覚えのない美少女が声をかけて来る

「ん?誰だ?……もしかして5組の"変人美少女"って人?」
「あ、知ってたんだ。その呼び方誰が始めたんだろうね、僕はこれでも女の子なんだから傷ついちゃうよ」

俺に話しかけてきた美少女、橘花蓮 は全校で有名で、五魔女の1人であるにもかかわらず入学して1週間で告白する人がいなくなったと言う

「そうか、悪いな。いやな呼び方で呼んじまって。それで橘は俺に何の用事があるんだ?」
「あ!そうそう、僕はバトミントン部なんだけど、次の試合でペアだった人が怪我しちゃって…だから僕と一緒に試合に出てもらえませんか?」

そう言うことなのか。でもちょっと待てよ、バトミントンって男女一緒に出来たか?

「そうなのか。でも俺男だし試合に出られないんじゃないか?」
「そのことなんだけどね、今度僕たちが出る大会は公式試合じゃなくて学校同士で競い合う、謂わば練習試合みたいなものなんだ。だから、ダメかな?」

グハァ!ボクっ娘の涙目の誘いを断る奴なんているのか?危うく落とされるとこだったな…だがまぁ、俺に断る理由はない

「部活のみんながいいって言うなら助っ人として行くことにするよ。それに、橘さんほどの可愛い女の子に誘われたら断れないよ」ニコッ

俺はお返しと言わんばかりに爽やかなイケメンスマイルを浮かべて畳み掛ける。でも、何で橘が"変人"何て呼ばれてんだろうか

「くっ、工藤くん…………//急にそんなこと言われたら…僕……ん?もしかして工藤くんってぼくのことすきなのかな?だ、だとしたらなんて返せばいいんだろう?ありがとう?僕も好き?キャーー!どうしようどうしよう、グヘヘへ、あーでも結婚とかはちょっと早いかな?せめて卒業してかr「おい橘!どうしたんだ?」
「……ごめんね工藤くん。急に変なテンションになっちゃって。気持ち悪かったでしょ?こんな性格のせいで"変人"って言われちゃうんだ。自業自得だよね、ハハッ」

そうか。どこにも欠点がないように見えたが、実は妄想癖だったのか。でも俺はそんな橘も可愛いと思うけどな…

「全然気持ち悪くなんかないよ。むしろ俺はそんな橘も可愛いと思うぞ」
「えっ?こ、こんな変な娘なのに?それでも可愛い?」
「もちろん。俺はそれが橘の個性だと思う」
「そ、そっか……そんなこと言われたの初めてだよ。この性格が原因で友達と遊ぶのが苦手だったんだ。でも、本当にいいの?僕なんかと一緒にいたら疲れちゃうよ?迷惑かけちゃうよ?」
「だから、そんなの関係ないって。今日から俺たちは友達兼パートナーだ」
「ありがとう……じゃあ友達になった証として名前で呼んでもいい?少し憧れてたんだよね」
「構わないぞ。てことで花蓮、今日からよろしくな!」
「うん。よろしくね!春樹くん!」

こうして俺は有名な"変人美少女"橘花蓮と友達になった。話している間は気づかなかったが、随分と話し込んでしまったようで西の空は既に茜色に染まっている

「花蓮!一緒に帰ろうぜ!」
「うん!」

俺は新たな友人を連れて校門から出た。

(友達を作るのがここまで楽しいとはな…)

春樹は微笑み、帰り道を歩き出す

「あっ、僕帰り道こっちだ……ま、またね!春樹くん」
「あ、お、おう。また明日…」

雰囲気って何ですか



遅くなってすいません。
実は新学期早々風邪をひいてしまいまして…
まだ少し熱っぽいですが、山は過ぎたようです。
やはり、フォローしてくださる人が増えて調子に乗って夜更かししていたのが原因でしょうか?
今回も完全に私の趣味で書いていますが、どうぞよろしくお願いします

「神様を拾った俺はイケメンになれるそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 作者K

    趣味でいいのでは?

    0
コメントを書く