神様を拾った俺はイケメンになれるそうです

おろしポン酢

ラブコメの予感?

入学して2週間経ち、徐々に学校生活に慣れて来ていた。

「今からそれぞれの委員を決めてもらう」

唐突に先生の口からそんな言葉が発せられる。そんなことを言うと当然

「えー嫌だよ」「適当にやりたいやつだけやればいいだろ」「めんどくせー」

などと周りは騒がしくなる
周りはこんなことを言っているが、イケメンである俺は周りとは違う行動を起こす

「みんな静かに。嫌だと思う気持ちはわかるけど、今は話し合いをしよう」

「工藤くん…」「工藤が言うならそうだな」「そうだよ。みんな静かに」

ウハァ。イケメンは正義なようだ

「よっやったぞ工藤。それじゃあまずはクラス委員を決めてもらう。立候補でも推薦でもいいぞ」

「「はいっ!俺がやります!」」

1人目はもちろん俺だが、もう1人は誰だ

「お前も立候補したのかよ工藤。これは勝てねーな」

そう言って挙手をやめたのはクラスのお調子者 田中伊月 だった
でもなんでこいつが立候補したのだろう?もちろん俺はクラス委員になって生徒会長とイチャイチャするためだが。

「なんでお前は立候補したんだ?」

クラスの誰かが田中に問う

「うちの生徒会長美人だろ?だからお近づきになって仲良くしてもらおうって魂胆だったんだけどね〜」

っ!こいつもだったのか!?

「田中くん最低ー。少しは工藤くんを見習いなさいよ」「そうよ。工藤くんはみんなのためを思って行動してくれてるじゃない」

「そうだよな。変な気持ちでやるのは工藤に失礼だよな。すまん工藤」

もうやめて……俺もそっち(田中)側の人間だから…

「やっぱ工藤はすげーな」「イケメンだわ」「喧嘩も強いとか何それチート?」

空間掌握聞こえないふりをしている俺には何も聞こえない

「男子は決まったようだな。あとは女子だけだぞー」

ふふっ俺が立候補したんだ。女子ががっついて来ないわけがない。さぁどんどん立候補しなさい

「………………」  「……………//」

誰も手を挙げないと思っていたら、みんなの視線の先には恥ずかしそうに手を挙げる女子が1人だけいる

「嘘だろ…」「あの雪野が手を挙げた…」「穂花ちゃんかぁ〜」「勝てないよねー」

雪野穂花  入学して僅か1週間で年齢関係なく5人の生徒に告白されたことのあるみんなが認める美少女だ
坂上高校には五魔女と呼ばれる美少女集団がいるのだが、雪野もその1人だ。
だが雪野は自分から行動を起こして何かするような奴ではなかったはずた

「な……なんですか。私以外いないんですか?」

これは……

「それじゃあ女子のクラス委員は雪野に決定だ。2人には放課後クラス委員の用事があるから教室に残ってもらうぞ」

「「わかりました」」

ラブコメの予感……?

ーーーーーーーーーー

放課後俺たちは言いつけを守りに教室に残っていた

「なぁ雪野。委員の仕事って何だろうな」

「わ…わかんないけど、明日クラス委員で集会があるからそのことについてじゃないかな……?

「そうか。ありがとな」

「う…うん」

と、こんな風に俺が一方的に話しかけていてわかったのだが雪野はクールなのではなく恥ずかしがり屋なのだと思う

「雪野。クラス委員になってこれから名前を呼ぶことも増えるだろうし俺のことは春樹でいいぞ」

「じゃ、じゃあ私のことは穂花って呼んでほしいかな…?

「おう!よろしくな穂花」

「よ、よろしく春樹…くん」

「……ッッ//」

おっと。いかんいかん
可愛すぎてつい撫でてしまった

「ごめん。嫌だったか?」

「い、嫌…じゃない……よ」

可愛い。可愛すぎる。俺はなぜかみんなの知らない穂花を知れて嬉しかった

「……俺って独占欲強すぎかな……」

「何か言った?春樹くん」

「いやいや、何でもないよ」

つい声に出てしまったようだ。

「それにしても先生遅すぎじゃないか?あと5分で下校時間だしもう帰ろうぜ」

「いいの?帰ったりなんかしちゃって」

「一緒に帰ろうぜ穂花。」

「い、一緒に!?」   

「そうだけど…もしかして嫌だったか?」

「嫌じゃないよ。むしろ……」

「なら一緒に帰ろうぜ!確か家は駅の方だったよな。俺もそっちだから早く行こう」

「ま、まってよー!」

こうして俺たちは仲良くなれたような気がした。

翌日、朝の廊下に男女2人の影がある
昨日勝手に帰ったのだから仕方がないのだが、これは流石に酷すぎるのではないだろうか

「いやぁ〜まさか廊下に立たされるとは…」

そう言った俺に彼女は綺麗な笑みを浮かべながらこう答えたのだ

「そうだね…でもちょっとだけ楽しいかな」

俺のラブコメは意外と順調かもしれない


「神様を拾った俺はイケメンになれるそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 作者K

    わーあはははは、イケメンは排除しましょうか!

    0
コメントを書く