神様を拾った俺はイケメンになれるそうです

おろしポン酢

俺の高校デビュー②

桜の花びらが散り、地面に落ちていく。
桜の赤と空の青が相まって誰もが見惚れて立ち止まってしまうような風景だった。

「うるせーよ!」

そんな幻想的な雰囲気に合わない男の荒い声がする

「何だろう……?」

「オラ新入生。財布を出せよ」「い、いやです。離してください」

(カツアゲじゃねーか……。いや待てよ、これってひょっとしてフラグか!?)

喧嘩に自信のあった俺は意気揚々と飛び出しす

「お前らッッそんなことして恥ずかしくねーのか!」俺は最大のキメ顔で言う

そこには2人の男とひ弱そうな男が言い争いをしていた

「あ?何だテメェやる気か?」「あんまり舐めんなよ」

「………そこの人を離してやらないならこっちも強硬手段に出るぞ.,.」

(当然やるきなど無くなっていた)

「なんだとッッ死ねクソガキ!」

周りから見たらピンチなのだが、本人は(なんだよそのパンチ。完全に外見詐欺だな笑笑)と余裕である。

不良Aのパンチが当たるわけもなく右に避けて躱すとカウンターを放つ

バコッ「うぐっ」
男は一撃で倒れた。その様子を見て怖じけずいたのか不良 Bは慌てて逃げ出す

(やれやれだぜ)

春樹の後ろには心なしかスタ○ドが見え隠れしている

「大丈夫か?」

「ありがとうございます!助かりました」

「いえいえ」

そのような騒ぎを校門前で起こして周りに人が集まらないわけもなく、

「あの人カッコいい!」「スッゲーイケメンじゃん」「格好良すぎだろ」

と野次馬が集まっていた。
そんな歓声に耐えられるわけもなく
「じゃーな!またなんかあったら言えよ」
と逃げ出す
体育館に入ると、まだあまり人は入っていない。少し来るのが早かったようだ
とりあえず自分のクラスを探しておこう

(俺のクラスは……3組か)

「おーい!春樹ー!何組だった?」

誰かが俺を呼んでいる

「なんだ勇気か。俺は3組だったぞ。お前は何組だったんだ?」

「お!俺も3組だったぜ!これからもよろしくな!」

この男は織田勇気  何もかも平凡ないわゆるラノベ主人公だ。こいつとは中学時代からの友人である

「おう。よろしく」

勇気とたわいもない会話をして時間を潰していると、後ろの方から
「そろそろ始まるから席につけー」
と男の教師の声が聞こえる

それから入学式が始まった。
始まったのは良いものの、いかんせん校長の話が長い。
何とか寝ないように校長の「〜でもって」と言う回数を俺は必死に数える
校長の話がようやく終わりを告げる
(((ようやく終わったか…)))
皆んなの気持ちが一瞬で重なった。
これからクラスに分かれて教室に行くようだ

教室に入って席についていると担任であろう教師が入って来た

「今日からお前たちの担任になる梅沢絢香だ。今からのホームルームの時間は自己紹介をしてもらう」

「「「え〜〜〜」」」クラスがざわめく
「いいから決定だ!1番から言っていけ」
それから順番は回っていき、ついに俺の番が来た

「俺の名前は工藤春樹で、スポーツはなんでも得意です。仲良くして下さい。」

「あれって朝のイケメンじゃない!?」「えっ、あいつが!」「カッコいい...//」などと盛り上がりを見せているが
(やっべぇ...自己紹介ってあれでいいよな?)春樹は軽く鬱になっていた

そんなことがあったが、無事に終わり今日は下校となる。いつもなら早く帰れるのだが、今日は違う。何故なら
「春樹くん!一緒に帰ろ!」「工藤くんの家どっち?」
俺はモテていた。
初めてのことに戸惑う俺、周りからは質問の嵐。まさに混沌である

「おれは駅の方だよ」

「それなら私と」「いや私と」「いやいや私と」(もう帰りたい....)
争う女子、涙目の俺、男子からの嫉妬の眼差し。混沌を超えて天変地異である
もう帰ることを諦めていた春樹に女神が微笑む。

「春樹ー!一緒に帰ろーぜ!」

そこには勇者がいた(勇気です)
その勇者に連れられるように俺は魔王城からの脱出に成功させ、帰路につく。

「今日は疲れたなぁ。明日も学校か…」

そんなことを口にしてはいるが、その男の機嫌は最高に良さそうだった

「明日からも学校頑張りますか!」

イケメンの1日は終わりを告げる

「神様を拾った俺はイケメンになれるそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く