子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

約束とは?

昼休みの終わりのチャイムが鳴り、僕たちは教室に戻った
その後の有咲には特に変わった様子は見られなかった
でも、有咲にあんな顔をさせてしまったということは、忘れてはいけない大事な約束だったのだろう
だが、どうしても思い出せない
(もう一度有咲に聞いてみるか。)
そう決意し、5,6時間目を終えた
帰りのHRが終わると、生徒たちは次第に帰り始める
その波の中に有咲もいたので僕は呼び止めた
「なぁ有咲。今日は一緒に帰らないか?有咲の家が昔と変わらないなら一緒の方向だしさ…どうかな?」
「………そうだね。一緒に帰ろうか。行こ、颯ちゃん」
昼休みのことがあったせいか、答えるまでに一瞬のためらいがあった
(約束のことしっかり聞かなきゃな……)
その事を胸に、僕は有咲と校門を後にした

「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く