子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです

kurio

屋上での昔のお話

屋上の扉を開けると、そこには綺麗な髪をなびかせながら待っている有咲がいた
「おっ、颯ちゃん。早かったね、迷わず来れたのかな?」
微笑みながらそう言う有咲に不覚にも僕はドキッとしてしまった
「とりあえずお昼食べよっか。ね、颯ちゃん」
この学校は学食もあるが、お弁当を持ってくるのが主流らしい
僕はあまり学食が好きではないのでお弁当を持ってきたのだが、正解だったようだ
「いただきます」
僕と有咲はお弁当を食べながら話を始めた
「いやぁ~、颯ちゃんが来たとき、名前は一緒だなって思ってたけど顔が全然違ったから怖くて話しかけられなかったんだよね」
有咲と一緒に遊んだのはもう10年以上前のことなので、仕方ない
「ん~、俺はすぐにわかったよ?何かすごい可愛くなってたけど、昔の面影が残ってたっていうか、まぁそんな感じかな」
隣の有咲を見ると、顔どころか耳まで赤くなっていた
「颯ちゃんねぇ、年頃の女の子に可愛いなんかいったら照れちゃうじゃん……」
「お、おう、確かにそうだな。素直な感想だったんだが、悪い」
なんだかこっちまで恥ずかしくなってきた
「でもよく俺の名前なんか覚えてたよな。もう10年以上前だよな?」
単純だが疑問に思った僕は有咲にそう聞いた
「そりゃぁだって……子供のころの約束もあるし…ね?」
「約束?何のことだ?それ」
何のことだか良く分らなかった僕は有咲にそう聞いた
「えっ?もしかして覚えてないの?……まぁもう10年以上も前のことだしね、仕方ないか……」
そういう有咲の顔は虚ろげで、どこか悲しそうだった

「子供の時の約束を、相手の方々(複数形)はどうやら覚えてるみたいです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く