ロールケーキは甘くない

巫夏希

ロールケーキは甘くない

「結婚するんだ」

 十年ぶりに出会ったクラスメイトに、喫茶店でそう言われた。
 それを言われた俺は、アイスコーヒーを一口啜りながら「……そう」と言った。それしか言えなかった。

「変わったね、この町も。卒業したのって、もう何年前だっけ?」
「十年前だろ。俺もお前も、年を取るわけだよ」
「やだ。何よ、その表現」

 あいつは、そう言って昔と変わらない笑顔で答える。
 ガムシロップを開ける。もう三つ目だぞ。

「……相変わらず、甘党だな」
「そうかな。……そうかもしれないね」

 そう言って結局四つのガムシロップ、三つのミルクを入れた。もうそれ、カフェオレだぞ。そうツッコミを入れるのは、きっと学生時代だけの話になると思う。今なら、そんなことはしない。野暮だから。

「ロールケーキでございます」

 そう言って店員が持ってきたロールケーキを見つめる。
 フルーツと生クリームが入った、ごく普通のロールケーキだ。今思えば昔はこれを高級品と思っていたのだが、それもとても懐かしい思い出の一つに数えられている。
 店員は俺とあいつの前にそれを置いた。

「いやあ、懐かしいねえ。まさかまだこのお店、ロールケーキ販売しているなんて」
「……そうだな。俺も知らなかったよ」

 卒業してから十年間。あまり訪れることのなかった店。
 理由は――もう考えたくなかった。

「町も、お店も、どんどん変わっていって……でも、ユウくんは全然変わらないね」

 フォークでロールケーキを一口大に切って、それを口に入れるあいつの顔はとても幸せそうだった。
 そういえばこのロールケーキ、生クリームがとても甘かった記憶がある。甘党のあいつにはお似合いだ……そんなことを笑いながら話していた。そんなこともあった。
 学生時代なんて、あっという間。
 むしろ、それからのほうが気の遠くなるほど長い。

「……どうしたの?」

 あいつの声を聴いて、俺は我に返った。

「……ん。いや、とてもロールケーキを美味そうに食べるもんだから」
「だって美味しいんだもん。久しぶりに食べたからかもしれないけれど、それでもここのお店のロールケーキ、絶品だよ。都会にもいろいろとおいしいロールケーキ屋さんはあるけれど、中でもここは絶品。何というか素朴な感じがするよね」
「それ、褒めているのか?」

 俺も、食べることにしよう。
 そう思ってフォークをとって、ロールケーキを切り分ける。
 そしてそれを口の中に入れた。
 しっとりとしたスポンジ生地に、しっかりとした生クリーム、そしてキウイと蜜柑といったフルーツの瑞々しさが口の中に広がった。

「……美味しい」
「そう言ってくれて、嬉しいよ」

 俺とあいつの会話は、いつも淡白なものだった。
 それは昔からだったから、それについては致し方ないことなのかもしれないけれど。

「そういえば、」


 ――君は、どうなの?


 唐突にあいつは、俺のことについて質問を始めた。唐突に、とは言ってみたものの、実際はそんな展開は来て然るべきものだと言えるだろう。いずれにせよ、俺のことが聞かれる――そんなことは、重々理解していることだった。
 しかしながら、いざあいつに質問されてみると……やっぱり恥ずかしいものがある。なんだろうな。昔からの馴染みだから、というところがあるのかもしれない。

「俺は、いつも通りだよ。ここで暮らして、この町で働いているよ。……すっかりこの町も寂れてきてしまって。俺としては、寂しいものがあるんだけれど」

 それは、間違いじゃなかった。
 間違いじゃなかった、というよりかは、嘘を吐いていると言ったほうが正しいのかもしれないけれど。
 俺はコーヒーカップを手に取り、そのまま口に寄せて傾ける。熱くなっていたコーヒーはすっかり温くなってしまっていた。仕方ないといえば仕方ないけれど、あまりの熱さに舌を火傷してしまうよりかはマシだった。

「あ、」

 彼女は、外を見て何か驚いたような声を出した。
 コーヒーカップを持ちながら、俺も外を眺める。
 外は雪が降り始めていた。まだ積もっている様子が見えないから、降り始めたばかりだろうか。外を歩く人が忙しくなく歩き始めるのを見て、彼女はこちらを見た。

「雪、降ってきたね」
「……そうだね」

 雪。
 そういえば彼女と話をしているときは、いつもこんな調子だった。
 雨でもなく、晴れでもなく、曇りでもなく、雪。
 まるでこの世界がすべてクリームを塗りたくられたような、そんな感じ。
 彼女と話す機会が生まれたのは、学生時代でも、冬の時期だった。中学二年生の冬。彼女のことを名前で初めて読んだのが、その雪の降る夜だった。
 それから俺と彼女の距離感はいつも曖昧な感じで、話をしたのはその冬の数回だけ。俺も彼女もあまり干渉出来るようなものでもなくて、気が付けば、話をしていなかったということになるのだろうけれど。
 彼女は時計を見遣って、呟く。

「……飛行機の時間だ。行かなくちゃ」
「飛ぶのかい? 雪が降っているけれど」
「それは行ってみないと解らないよ」

 彼女は立ち上がり、伝票を持っていく。

「あ、俺が払うよ」
「いいよ、私に払わせて。いや、私が払いたいの。……きっと、この街に戻るのも最後になるかもしれないから」
「……何で?」

 そういえばさっき飛行機とか言っていたけれど――まさか?

「今、海外に住んでいるの。マンハッタン。五年前まではパリに住んでいたけれどね、仕事の関係で今はアメリカに住んでいるの。大統領が変わって色々と仕事も大変だけれど、それでも日本ではやれないことが色々とあるから楽しいものよ」
「海外。今、海外に居るんだ」

 こくり、と頷く彼女。
 そうか。俺が気付かない間に――彼女はあっという間に遠くに行ってしまっていた。それを、俺は、気付けなかった。

「そういえば、」

 踵を返し、俺の左手を指差す。

「何?」
「結婚、おめでとう」

 左手の薬指。
 そこには指輪が嵌められていた。
 俺も、一年前大学時代に出会った恋人と結婚していた。そして、来月には子供も生まれる。順風満帆な人生だと言ってもいいかもしれない。
 でも、それは第三者から見て――の話だ。
 俺の中には、未だ中学時代の思い出が大きく残っている。
 けれど、それを悟られることなく、俺は頷いて笑みを浮かべる。

「ありがとう」





 外に出て、彼女と別れて、一人ホテルへと向かう。この雪じゃ、車を動かしたところでまともに帰ることなど出来ないだろう。別にそれが理由ではないけれど、今日はホテルをとっていて、明日家に帰る予定だった。
 降り注ぐ雪を見つめながら、俺は考えていた。
 考えていたことは、当然ながら、先程の喫茶店でのことだった。
 十年ぶりに食べたロールケーキは、ほろ苦い。
 それがロールケーキ自体の味では無いということは、自分自身理解していたのだけれど、今はロールケーキの所為にしておきたかった。
 雪は街の景色を白く染め上げていく。
 けれど、俺の中に残るほろ苦い過去は――そんな雪にも白く染め上げることなんて、出来ないのだった。



終わり

「ロールケーキは甘くない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く