俺、自分の能力判らないんですけど、どうしたら良いですか?

朝綾 夏桜希 因みに、イラストは「クロイ」さんのフリーイラストです

第八話~大きさがすべてではない~

私「はぁ~。やっと終わりましたね」

 まさかここまで避難誘導が激務だとは・・・・。
 教官は絶対にこうなると分かっていて私達に避難誘導を手伝わせたに違いありません。
 其れなのに一切表情を変えずに指示を出すなんて、流石開拓団屈指の名といったところですわね。

宗「あぁ、疲れた・・・・。マジで、死ぬぞ、これ」

雅也「そうだな。流石に、これはキツイ。それと宗、口調が、もと、に戻ってるぞ」

宗「うっ、ほ、ほんま疲れたなぁ~」

 宗は動揺したりすると口調が元に戻りますが疲れても戻ってしまうようですね。何故宗はエセ関西弁で話そうとするのでしょうか?今度質問してみましょうか?
 皆さん息を切らしていますね。走っていたわけではないのですが、其れほどに皆さんお疲れなのでしょう。
 書く言う私もヘトヘトなんですがね。

皐月「終わったねー!それじゃあ皐月達も避難所にしゅっぱーつ!」

 約一名その限りでない方が居ました・・・・
 皐月は本当に元気がいいですね。見ているだけで心がなごみます。彼女ほど純粋な目をした人を私は今まで見たことがありません。
 私が普段目にするのは、濁っていて、厭らしい目を向けてくる政治家や何かしらの組織の上層部の方々でしたので、皐月のような純粋な目を見ると心が浄化されていきます。

私「本当に、落ち着く・・・・」

皐月「ん?」

私「いえ、なんでもありません」

皐月「そお?」

 思わず口に出ていたようです、気を引き締めなければ。
 其れにしても不思議そうに首を傾げる皐月も可愛いですね。思わず抱き締めてしまいたくなります。
 
宗「皐月ちゃんは元気やねぇ、こっちはダウン寸前やってのに」

雅也「本当にその身体の何処にエネルギーが詰まってるんだ?」

 そう言って雅也さんは首を傾げます。

宗「アハハ、確かにそうやね。でも、そこがいいんよ元気っ子で尚且つ幼女体型、加えて年齢は高校生。完璧な合法ロrーー」

皐月「・・・・。」ニコッ

雅也・宗「「ひっ・・・・」」

 皐月は顔こそ笑っていますがこめかみに青筋が・・・・。

皐月「完璧な、何だって? その身体のってどういう意味なのかな?」ニコッ

宗「あ、いや、そ、其れはッ・・・・」

雅也「ち、違うんだ!あ、あれは、その、こ、言葉のあやと言うかなんと言うか・・・・」

宗「そ、そうそう!言葉のあやです!あや!」

雅也「だから、その、なんと言うか・・・・」

皐月「で?結局、何が言いたいのかな?」ニコッ

雅也・宗「「た、大変申し訳ございませんでしたァァァ!!」」

皐月「皐月は謝ってなんていってないよ?ただ、さっき二人は何て言おうとしたのかが聞きたいだけだよ?」

雅也・宗「「ひ、ひぃぃぃぃ!?!?」」

 い、今、私には皐月の後ろに不動明王が鎮座して見えます。きっと二人にも同じものが見えているのでしょう。
 どうしましょう。今の皐月はとても私には止められそうにないのですが・・・・。 
 まぁ、自業自得と言ってしまえば其れで終わってしまうのですが。
 
 その時です、救世主が現れたのは。

教官「皐月、その辺にしておいてやれ」

雅也・宗・皐月・私「「教官!」」

 か、神様ァ!!神様です!遂に私達の元に神が舞い降りたのです!

皐月「でもぉ・・・・。酷いよ二人とも!」

雅也・宗「「も、申し開きも御座いません・・・・」」

教官「二人とも悪気があったわけではないのだろう?」

 凄まじい速度で首を縦に振る二人。正直に言って情けないですね・・・・。
 それもまぁ仕方がないのですが。今の皐月からは何かただならぬオーラを感じます。

教官「なら許してやれ。それに幼女体型なのは事実だし、悔しいなら努力しろ。そもそもこいつらはお前の事を馬鹿にはしてないぞ?なぁ?」

雅也「そ、そうだ。俺は別に馬鹿にしたんじゃなくて、俺より小さいのに体力が俺より有ることに感心していただけだ。」

宗「そ、そうなんだよ!其れにおれは今の皐月ちゃん好きだから、ね?」

私「えっ!?」

 まさか、こはるちゃんの時にも思いましたが宗はもしかして・・・・。

教官「ん?宗はロリコンなのか?」

 きょ、教官ストレートすぎます!もう少しオブラートに包んで下さいよ!それに、そうなると皐月に遠回しに・・・・

皐月「教官!!皐月はそんなに貧相ですか!?そんなにですか!?いいですねぇ、教官はそれはもう、バインバインのポヨンポヨンですもんねッ!皐月みたいなゴリゴリ肋骨が当たる絶壁女の気持ちなんてわからないですもんねッ!?」

教官「えっ、あ、いやっ・・・・その、申し訳ない」

 教官が謝った!?其れに気にしてたんですか、胸のこと・・・・。
 ここは友人として励まさねば!

私「皐月、大丈夫ですよ? たとえ皐月みたいにでも世の中には皐月のようなが好みのな方がいるしれないですから、ね?」

 ふっふっふっ、我ながら完璧なフォローが出来ました。
 これならお二人に対する気持ちも落ち着くは、ず?

雅也「出た・・・・」

宗「うわぁお・・・・」

教官「お、おい。わざとなのか?」

私「えっ!?何でですか!?私何か変なことでも言いましたか!?」

 何でだそんな"マジで?わざとじゃないの?"みたいな顔で私をみてるんですか!?

宗「変と言うか、抉ると言うか・・・・。寧ろトドメじゃね?」

雅也「やはり自覚は無しか・・・・。恐ろしいな」

教官「これを無意識にだと?ある意味才能を感じるぞ?私は」

 何を言ったんですか私は!?
 そんないたたまれない顔で私を見ないでください!!

皐月「ふふっ、絶壁、絶壁、ペッタンコ♪
            私は、私は、ペッタンコ♪
            教官と、違って、ペッタンコ♪
            澪と、違って、ペッタンコ♪
            麗奈、よりも、ペッタンコ♪
            ゴリゴリ、肋骨、ペッタンコ~♪」

教官・雅也・宗「「何て不敏なんだッ・・・・」」

私「皐月ー!?」

 さ、皐月が、皐月が壊れた!?
 虚ろな目で自分の胸を被虐する歌を歌うなんて・・・・。
 元の皐月に戻って!?

私「さ、皐月?お願い、元にもどって!?」

皐月「? いいのんだよ?ほんとのことだもん。此れからは"絶壁ちゃん"って呼んで?」

私「戻ってきて皐月ー!?」

教官「と、取り敢えず避難所へ行こう。避難所には優秀な精神科医も控えてるはずだ、急ぐぞ」

雅也「皐月、すまない・・・・」

宗「皐月ちゃん・・・・。ごめんな」

教官「その、大きくてすまん・・・・」

 その後はとにかく身体に関する話題は一切禁止で向かっていたのですが、宗が口を滑らせ、教官が皐月を宥めたところ、

皐月「詐欺顔、黙れ」

 と、宗にクリティカルヒットを浴びせ、

皐月「乳でか大年増は黙ってて」

 と、教官のライフを削り取り・・・・







澪「と、言うことがありまして・・・・」

俺「・・・・なんと言うか、その、御苦労様です」

澪「あはは・・・・。はぁ」

麗奈「元気出す」ポンポン

 麗奈が澪の肩をポンポンしてる。心なしか同情の眼差しをしてるようだ。お前は寧ろ苦労させる側だろう。

宗「俺が、詐欺顔・・・・詐欺、顔・・・・」グスン

教官「乳でか大年増・・・・乳でか、大年増・・・・」グスン

皐月「絶壁、絶壁、私は絶壁。ツルッツルのペッタンコ♪」



 俺にどうしろと?こはるのことだってあるってのに、こんな厄介なのを連れてこられてもなぁ・・・・。
 精神科医の人も若干引いてるじゃん。プロを引かせるとか厄介過ぎだろ・・・・。
 これからの事に頭を悩ませそうだ・・・・。                                                    

「俺、自分の能力判らないんですけど、どうしたら良いですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ⚤いんすりん。

    皐月のリズムが良すぎるw

    0
コメントを書く