俺、自分の能力判らないんですけど、どうしたら良いですか?

朝綾 夏桜希 因みに、イラストは「クロイ」さんのフリーイラストです

第四話〜騒動〜

琥太郎「ふぅ〜、やっとひと段落だな」

 無事でなによりだな。怪我人も出てないし、平和が一番だ

雅也「だがまだ筆記試験があるからな。油断は出来ないぞ?」

 次は筆記か・・・面倒くせー

皐月「皐月は書くのきらいー」

宗「皐月ちゃんは苦手そうやね。澪はんは寧ろ得意そうやけど」

澪「確かに筆記は得意ですが・・・そう言う宗はどうなんです?」

宗「わいはまぁまぁやね」

琥太郎「苦手ではないと・・・。こっちは一夜漬けだぞ・・・」

 イケメンはなんでもありってのか。世の中は実に不公平だ・・・。

澪「琥太郎、一夜漬けは頭に入りませんよ?」

雅也「あぁ、澪の言う通りだ」

宗「せやね」

皐月「そうだぞー!」

麗奈「ん」

琥太郎「おい、後半の二人は明らかにおかしいだろ」

皐月「むぅ〜」

麗奈「得意」

琥太郎「皐月は当然として、麗奈って勉強得意なのか?」

麗奈「ん」

宗「意外やわ」

 人は見た目じゃわからんもんだな。宗とか特に

皐月「びっくりだよー!レイレイって勉強できるの!?」

麗奈「レイレイ?」

皐月「レイレイの渾名だよ!」

麗奈「ん♪」

 気に行ったようだ

澪「皐月、麗奈に失礼ですよ。事実でも言っていい事と言ってはいけない時があるものですよ」

麗奈「・・・」

雅也「澪はナチュラルに抉ってくるな・・・」

琥太郎「あぁ、今めっちゃ自然だった」

澪「え!?何か失礼な事を言ってしまったでしょうか?」

琥太郎「しかも自覚が無いと・・・」

雅也「タチが悪いな」

澪「一体何を言ったんですか私は!?」

琥太郎「いや、気にするな。それはそれで澪のいいところだ」

雅也「正直で真っ直ぐと物事を口に出来る者は中々いないからな。」

宗「なんや・・・この茶番」

 そんな事を話していた時──

麗奈「う・・・ん、、、」

琥太郎「麗奈?大丈夫か?」

麗奈「少し頭痛がするだけよ」

宗「大丈夫やないやろ、それ」

雅也「そうだぞ、長引くかもしれない」

澪「何処かでお休みになられた方がよろしいのでは?」

皐月「レイレイ大丈夫?」

琥太郎「おい、本当にやs──

 休んだ方がいいんじゃないか?と言おうとした時

 不意に後ろから大きな衝撃と轟音、そして大勢の悲鳴が聞こえた

 大勢の人間が学園へと流れ込んでくる

琥太郎「ツ!?なんだ!?」

宗「街でなんかあったんか!?」

一般人A「ま、魔物!が、ドカーンって、崩れて!みんな逃げてきて・・・助けてくれ!」

澪「取り敢えず落ち着きましょう。深呼吸をしてみましょう。吸ってー、吐いてー、吸ってー、吐いてー」

一般人A「すー、はー、すー、はー」

澪「落ち着きましたか?」

一般人A「は、はい!ありがとうございます。あ、あの!ま、魔物が街に出て、それで、学園なら安全だろうと思って・・・」

 魔物が街に?そんな馬鹿な。普段Dゲートは開拓団が監視、及び管理してるんじゃなかったか?もし開拓団さえ知り得ないDゲートが街中に開いたなら開拓団の信用を失いかねない大問題だぞ

???「話しは聞かせて貰ったぞ。」

一同「「教官!?(お母さん?)」」

教官「お母さんと呼ぶなっ」がつん

麗奈「痛い。」

一般人A「は?え?お母さん?ご姉妹ではなくて?」

教官「そんな事はどうでもいい!!」

一般人A「す、すいません!」

澪「教官、私達はこれからどうすれば良いでしょうか?」


教官「今討伐隊が編成されている、もうじき討伐が開始されるだろう。お前達には避難誘導を手伝ってもらう。」

琥太郎「なんで街中にDゲートが開いたんですか?」

教官「それは現在調査中だ。いずれ発表があるだろう。さて、そろそろ行くぞ」

宗「ほかの受験生はどないするんですか?」

雅也「さっきから見かけていないが・・・」

皐月「もういっちゃったのかなー?」

教官「他の受験生は全員逃げた」

一同「「・・・え?」」

 え?何、じゃあただ単に逃げ遅れただけって事か?
マジかよ。

教官「ボサッとするな!行くぞ!」

一同「「あ、はい」」

忙しくなりそうだな・・・





ーー市街ーー

 街は騒然としていた。逃げ惑う人々、倒壊する建物、燃え上がる炎

雅也「酷いな・・・」

宗「こりゃ予想以上やで・・・」

皐月「怖いよ・・・」

澪「これは・・・」

麗奈「・・・」

教官「被害が予想より拡大しているな・・・」

 その光景は俺にとある記憶を強く呼び起こした



ーー回想ーー

琥太郎「お母さん!お母さん!ねぇ、死なないでよ!ねぇ!ねぇ!」

琥太郎母「ごめんね、琥太郎、一緒に、居てあげ、られなく、て。あな、た、琥太、郎を、守っ、てあげてーー」

琥太郎父「・・・わかった。絶対に守り抜く。だからせめて安らかに眠ってくれ・・・京子」



ーー現在ーー

琥太郎「ッ!!」

 一瞬顔を歪める。くそッ、こんな時に思い出すなんてな・・・克服したと思ってたんだがな

麗奈「大丈夫?」

 どうやら見られていたらしい

琥太郎「っ、あぁ、大丈夫だ」

澪「本当に大丈夫ですか?とても辛そうに見えましたけど?」

宗「さやで、無理はしない方がええで」

琥太郎「本当に何でもない、それよりもう頭痛はいいのか?麗奈」

麗奈「ん、もう収まった」

琥太郎「ならいいが・・・」

教官「ならば行くぞ、やるべき事は山程ある。それと琥太郎」

琥太郎「は、はい」

教官「無理はするなよ、足手まといになったら被害が拡大する」

澪「何もそこまで言わなくてもいいのでは?」

皐月「コタ兄頑張ってるよ?」

 コタ兄?誰だそれ?

教官「コタ兄とは誰だ?」

皐月「んー?コタ兄はね!琥太郎の渾名だよ!」

教官「あぁ、そ、そうか」

 また付けたのか渾名。これなら全員分ありそうだな。よし、このまま誤魔化そう

琥太郎「教官、急ぎましょう」

教官「あぁ、そうだな」


ーー街中中心部ーー

「助けてくれぇ!」

「うわぁぁぁぁぁぁあ!!」

教官「お前達、早速避難誘導をしてもらう。避難地は学園。中央通りを真っ直ぐ進ませてくれ。絶対に単独行動はするなよ?今暴れてる魔物は試験で闘ったAIとはわけが違う。生身の人間はまず太刀打ち出来ないだろう。いいか?絶対に単独行動だけはするなよ?ーーー死ぬぞ。」
 
一同「「!!」」

 思わず息を飲む。今までとは纏う覇気が違う。一瞬で弛んでいた空気が引き締まるーーー

教官「いいな?絶対に死ぬなよ」

一同「「はい!」」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





澪「落ち着いて下さい!ゆっくり、ゆっくりと進んで下さい!」

皐月「おちついてー、大丈夫!直ぐに倒してくれるからね!」

「早く動けよ!」ドカッ

宗「ちと落ち着きぃな。お兄さんや、そないかっかしたら進むもんも進まへんで?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「本当に大丈夫なんですか?」

雅也「大丈夫だ、今は落ち着いて避難することだけを考えろ」

「は、はい////」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 みんな上手く誘導出来ているようだな。麗奈は・・・

「ねぇ、本当に大丈夫なんですかっ!?私達はたすかるんですか!?」

麗奈「ん、大丈夫」

「本当ですね!?責任とれるんですか!?」

麗奈「・・・」

「どうなんですか!?」

麗奈「こ、琥太郎・・・」ウルウル

 何やってんだ・・・仕方ない助け舟を出すか。

琥太郎「只今討伐隊が編成され、討伐に向かっています」

「どちら様で?」

琥太郎「彼女と同じ受験生です。開拓団の団員の指示により避難誘導をしています。ですのでこちらの誘導に従って頂けないでしょうか?」

「っ、わかったわよ。従うわよ・・・少しイライラしてたみたい、ごめんなさい」

琥太郎「いえ、分かって頂けたならば」

麗奈「琥太郎」

琥太郎「ん?どうした?」

麗奈「ありがとう」ニコッ

琥太郎「っ!あ、あぁ///」

 だから反則だって・・・



「お母さぁぁぁぁん!!」

 小学校4年生くらいの女の子な泣いている

琥太郎「どうしたの?お母さんとはぐれちゃったの?」

「ひぐっ・・・うっ、うん・・・」

澪「どうされました?」

宗「どないしたん?」

雅也「迷子か?」

琥太郎「あぁ、母親とはぐれたらしい」

皐月「ねぇねぇ、お名前はなんて言うのかな?皐月はね?皐月って言うんだよ?」

こはる「こはる・・・」

皐月「こはるちゃんって言うの?かわいいなまえだね!よろしく、こはるちゃん♪」

こはる「うん!」

琥太郎「凄いな、皐月。麗奈も見習ってほしいな。」

麗奈「むむむ」

澪「こはるちゃん、私は澪と言います。よろしくおねがいしますね?」

こはる「うん!」

宗「わいは宗って言うんや。気軽に呼んでな、こはるちゃん」

こはる「わかったしゅうお兄ちゃん!」

宗「も、もう一回言ってくれへんか?」

こはる「?いいよ!宗お兄ちゃん!」

宗「ありがとうな。よし、お兄ちゃんがんばるでぇ」

雅也「雅也だよろしくなこはる」

こはる「まさやこわい」

雅也「・・・。」

強く生きろ。雅也

琥太郎「俺は琥太郎だ、よろしくな、こはるちゃん」

こはる「うん!」

麗奈「麗奈」

こはる「?」

琥太郎「今のは麗奈だ、無口だけど悪いやつじゃないから仲良くしてやってくれ。」

こはる「わかった!よろしくねれいなお姉ちゃん!」

麗奈「ん」

琥太郎「さて、自己紹介も終わったことだし、早速こはるちゃんの母親を探すか」

 一体どこに行ったんだ?

「俺、自分の能力判らないんですけど、どうしたら良いですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く