十勝晴れ

August

4

 ジョンは朝の散歩の時以外はずっと寝ている。ジョンを飼い始めてすぐには坊ずたちが1日になんども散歩に連れて行っていたが、3日坊ずで終わった。
 平日の夕方には近所のちびっこが触りにくる。どこの子か知らないが、初めて見かけた時に挨拶をしたら走って逃げてしまった。それ以降は勝手にさせている。
 昔は犬は放し飼いにしていた。ジョンもはじめは放し飼いにしていたが、近所にうるさいおばさんがいて、危ないと何度も注意されるのが面倒でやめた。世知がない世の中になったものだ。
 北海道では鹿が増えすぎて、山から畑にまで下りてくるようになり、作物を荒らされて困っている。
 そこで狼を外から連れて来て野に放とうという計画があるようだ。犬も放し飼いにできないのに、狼なんて連れて来た日には大騒ぎになるだろう。

「十勝晴れ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く