TS転生は強制的に

lime

閑話、原初の生命体

 
 
 
 昔々ある所に、アルテナと言う生まれたての神様が居ました。 
 その神様は、あまりにも無邪気で、おてんばで、人懐っこい性格でしたが、神様が生まれた所には人間も、生物も全く存在していなかった。 
  
 その時、神様は思いつきました。 
 
「生物が居ないなら自ら作ってしまえばいい」 
 
 と、 
 そのあまりにも短絡的な考えにより、神様が生まれた場所には新たな生命体が生まれました。 
 その生命体は少女だった神様の寂しさをいやすように、神様と同じ様な少女の姿をしていました。しかし、その生命体は全く神様の話を聞かず、後々誕生させた生命体達を殺戮していきました。 
 そしてある日、神様は思いました。 
 
「このままではいくら生命体を作り出したとしても殺されてしまい、最終的には何もなくなってしまうだろう」 
 
 と、 
 結局、その原初の生命体である生物は、何処に閉じ込めても出てしまうため、神様はその原初の生命体を異空間へと封じ込めました。その異空間の名前はメディヌス。または冥府と呼ばれる、生命の最終地点に封印させられた。 
 しかし、消滅させることなく。封じ込めると言う、神様の優しい心をもってしても、その原初の生命体は、メディヌスでも暴れた。 
 その結果、純粋だった神様の心は大きくゆがんでしまった。 
 そして、その神様がこういう風に命令してしまう事も仕方がなかったのだろう。 
 
「すべての生命体達よ、メディヌスに住む異形を討伐せよ、あれは全生命体の敵だ」 
 
 そして、その原初の生命体は消滅まではしなかったものの、完全に封印させられており、魂を五つに、記憶を九つに、身体を十五つに、能力を五十に、それぞれを世界にばらまいた。 
 その結果、その原初の生命体は完全に復活することができなくなってしまった。 
 
 しかし、その分割させ封印させた中にも、暴走を起こし始める個体も居た。 
 そして何時しか、その五つに分裂した魂が、それぞれに分かれた。 
 一つは剣神と呼ばれる、生命体に武器と言う物を教えた。一つは賢人と呼ばれ、生命体達に知恵を与えた。一つは魔神と呼ばれ生命体に魔法と言う物を伝えた。一つは暴神と呼ばれ生命体に戦闘意欲を、戦いと言う物を教えた。 
 そして、一番原初の生命体に近い魂は冥府神として、死の恐ろしさと、生の苦しさを生命体に教えた。 
 
 この五つの魂は姿かたちも全く違い、剣神は筋肉が付いている小柄な男。賢人は筋肉がなく、細長い男。魔神は豊満な身体つきをした女。暴神は筋肉がついた大男。そして冥府神は原初の生命体と同じ姿かたちの女だった。 
 
 その生命体達は、今まで機械的に、命令された事しか行動しなかった生命体達に、自由意志と言う物を与え、そして恐怖心と言う物を植え付け、そして恐怖がありながらも戦う快感と言う物を教えた。その結果が今の人間になっている。 
 
 しかし、その生命体達を、原初の生命体によって歪まされてしまった神様は罰そうとした。 
 勿論、その五人の生命体は反発したのだが、すべてはまた冥府へと封印させられてしまった。 
 それ以降、その生命体を見かけたものはいない様だった。 
 
 しかし、その哀れな五人の生命体達の様な事にならないように我々も注意しなければならない。 


 神話解説~第一章、原初の生物~  抜粋

「TS転生は強制的に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く