度重契約により最強の聖剣技を

初歩心

第十八話 生誕

 数分がたつ。
以前肉塊は脈打ち床に血を垂れ流したままだ。
 その血はだんだんと俺の足もとまで近づき生暖かく濡らす。

 先ほどからか息をする度に体が鉛になるように重くなっていくような
そんな圧迫した殺気がこの空間を包んでいく。
 そんな空間の中心に位置する脈打つ肉塊からはまがまがしい膨大な魔力が集まっていくのを感じる。

 俺はいつその時がきてもいいように一息整え、重く感じる左足を引き切っ先をその肉塊へと向け構えた。

 そしてその時はやってきた。
 床に広がっていた血池が瞬時に肉塊へと吸収されたかと思うとすぐに細かく肉片を撒き散らしながら粉砕した。

 その中心には魔王をはるかに越えるであろう図りきれない魔力を持った魔神バケモノがたたずんでいた。

 凍傷したかのようにところどこひび割れ血の気が失せたような白すぎる肌。。
 
それの姿は化物と呼ばれているほど醜くはなく、自身が想像していたイメージとはだいぶズレていた。
 全くもってなんら人種の容姿と変わらないかったのだ。 
 目や眉などキリッとしていて気が強そうだが、ひと目見ただけで間違いなく美貌だとわかる整った顔だち。
 細くきっしゃでところどころ豊満な体つき。
まさに人種の女性そのものだ。
 
 俺が想像とのあまり違いに身構えたまま拍子抜けしていると裸体のそいつは、こちらを蛇のように鋭く、血のように濃い紅色をした瞳でこちら一瞥した。
そして舌打ちをすると顔を渋めた。

「魔王の奴、私を召喚しておいてこれっぽちしか贄をよこさねぇのか
 ふざけんじゃね!!
こんな雑魚じゃ足りねえだろうが!
次はお前だ、お前を贄にしてやる!!」

 上を見据え叫ぶ彼女の怒りに満ちた女性の声がこだまし、響き渡たり、より一層空間を漂う殺気を強くした。


その後そいつはゆっくりとこちらに視線を向けると軽く微笑んだ。
そしてすぐに俺の背後から腹を居抜き死を告げる一撃が放たれる。

「......よし軽くいっちょ上がり」






「度重契約により最強の聖剣技を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く