劣等魔術師の下剋上 普通科の異端児は魔術科の魔術競技大会に殴り込むようです

山外大河

24 世界の壁 上

 拳を握り絞めた。
 ここから先攻撃を掻い潜ってこの拳を叩き込む。
 その為に全神経を集中させる。

 此処から先、いくら目の前に対象がいるとはいえ、目の前にだけ意識を向けていればやられる。
 おそらく、当然大半の攻撃は正面から飛んで来るだろう。
 だけどもう少し。そのもう少しがどの程度なのかは分からないけれど、そうなればもうそこは暁の距離だ。
 正面からだけではなく赤坂から見て全方向。どこから奇襲のような、或いは堂々とした強力な攻撃が飛んで来る可能性も否定できない。
 故にこれまでもだがこれからも。より一層気は抜けない。

 そして、暁の攻撃を躱しながら距離も残り100メートルとなった時だった。

 暁が左手から赤い魔術弾を射出させる。
 そして次の瞬間、超高速で放たれたそれを身を反らして躱した瞬間、暁は地面にデバイスの刀身を擦り、それを勢いよく降り上げた。
 次の瞬間、背後で轟音が聞こえ、思わず一瞬だけ視線を背後へと向ける。
 出現していたのは巨大な壁だった。
 中之条が昨日使っていたような結界ベースのものではなく、文字通りそこに壁を生やしたようだった。
 そして暁の放った魔術弾が着弾する。
 ……次の瞬間だった。

「……ッ!?」

 魔術弾が着弾したポイントを中心に魔法陣が展開され、次の瞬間暁を巻き込むほどの出力で無数の雷撃が放たれる。
 間違いなく当たればただでは済まない。そういう攻撃。
 そういう攻撃と挟み撃ちにするように刀を持った暁が迫ってくる。
 自身にその被害が及ぶ事など考えないように。
 そして雷撃どころでは無い。
 上空からも魔術弾の雨が降り注ごうとしていたのが見えた。

(……マジかよクソ!)

 思わず心中でそう叫ぶが、一つある事に気付く。

(……よし)

 ある意味これはチャンスだった。
 今の地形がそれをチャンスに変えてくれた。
 前方、後方、上空。その全てからの攻撃が赤坂に向けられる。
 だが左方右方への回避ができない訳ではない。
 左右の民家に飛び込むという選択肢が用意されている。

 ……赤坂だけに。

「劣等魔術師の下剋上 普通科の異端児は魔術科の魔術競技大会に殴り込むようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く