義妹は引きこもり美女

神野猫夜

料理対決2

服部 「と、言う訳でみなさんの料理が終わりました!!大和と学園長、試食お願いします。残った分はちゃんと生徒が食べますので観客の皆さんたのしみにしてろよ!!では、抽選を始めます」

体育館にセットされたモニターに名前を写された。
2年A組岡宮  凛空

服部 「学園長いきなり優勝候補がでてきましたよ!!」
学園長 「では凛空くん料理名を聞こうか」
凛空は俺たちの前に料理を置いた。
凛空 「はい、私はお兄様が最初に褒めてくださった思い出の料理、肉じゃがです。」

人参は大きすぎず女子の口にも入れやすい大きさにきってあり、糸こんにゃくにも味しみていた。
箸でジャガイモを割ると中まで汁がしみていた。

学園長 「なかなか美味いじゃないか、塩気があまりないのは少し残念だが、、」
凛空 「お兄様の健康を考え減塩にしてあります。」
あーいつもの美味しい味だ、、、
服部 「あーと健康にも気を使う料理だーこれは得点が高いぞ。では次は、、」

また抽選が行われた。


2年C組  三嶋華代

華代 「あ、あ、はい。」
学園長 「料理名は?」
華代 「は、はい!料理名はきりたんぽです。
実家が秋田なので、、、」

食べると懐かしい味がした。おばあちゃん家の味だぁ、、、、

学園長「実家のおばあちゃん家の味がした。いい味だ。」
服部 「またも高評価だ!では次の抽選だ!」

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー194522

    面白いけど、女の子達の描写が少な過ぎて、今一顔が想像できないせいでみんな、読みづらくなっていると思います。

    1
コメントを書く