義妹は引きこもり美女

神野猫夜

部屋決め

結と再会してから一週間がたった。

結も学校に慣れて来たところで問題がおきた。

それは、修学旅行の部屋決めだ。

うちのクラスは人数が少ないため2つしか部屋が

ない。

それ故に、俺は女子と部屋が一緒だ。

そして今、まさに戦が始まっていた。

学園長 「ではお前ら部屋決めをする。うちのク

ラスは少ないから2部屋だ。当然大和も同じ部屋

だ。そして問題が起きぬように私も2部屋の

どっちかに入ることになった。」

学園長がそう言うと、女子全員の顔が赤くなり、

モジモジしながら独り言をつぶやいていた。

学園長 「あと、部屋はこのくじで別れ

てもらう。1日目はA部屋に大和が入り、

2日目に、B部屋に入るさぁ、

みんなこのくじを引けーー」

女子たちは目を光らせた。








続く




テスト期間なので少し休んでます

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く