義妹は引きこもり美女

神野猫夜

バレンタイン4(サブ)

バレンタイン当日

朝下駄を開けてもやはりチョコはなかった。放課

後までもらえず生徒会の時間に、、、

あやめ (大和お兄ちゃんこれ!)

あやめちゃんは小さな紙袋を前に出してきた。

あやめ (チョコクッキー焼いたから、たべてね?)

大和 (ありがとう。大事に食べるよ)

あやめちゃんの頭を撫でていると、かなさんが

来た。

かな (私、男の人に渡すの始めてで、何をあげよ

うか迷ったんだけど私の一番すきなメーカーの

チョコあげる事にしたの)

袋の中を見ると金箱だった。

大和 (味わって食べます)

凛 (はいこれ。)

凛は俺に袋を叩きつけるように渡して来た。

凛 (これからもよろしく)

顔が少し赤くなっていた。

大和 (ああ、よろしくな)

結 (はい、私から抹茶チョコ)

大和 (和と洋合わせたのか?)

結 (大和はん、甘いの苦手やったさかい、

工夫してみたんねん。)

大和 (味に期待してるよ)

凛空 (ではお兄様。私の愛がこもったチョコを

どうぞ)

大和 (何もいれてないよな?)

凛空 (失敬な!多分なにもいれてませんよ)

大和 (信じるからな?)

凛空 (は、はい)



数時間後

そのあと生徒会の仕事が終わって戸締りを確認

しに教室を回っていると、学園長がいた。

大和 (あれ、学園長どうしたんですか?)

学園長 (いや、そのな、これあやめと作ったん

だ。よかったら食べてくれ)

大和 (ありがとうございます)

学園長 (あ、あ。では私は仕事があるから、気を

つけて帰れよ)

そう言うと学園長は走っていった。



あ、こけた。





というわけでバレンタインは終わりです。

次からちゃんと本編書くのでよろしくお願い

します。

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • Calendar

    セリフはカギカッコの方が見やすいかなと思います

    5
コメントを書く