義妹は引きこもり美女

神野猫夜

初めての生徒会

{紅茶のセットを持ってきていいでしょうか?}
桜木さんが言った。
〔よしそれぐらいはいいだろう。では明日から放課後生徒会をやるからこの教室に残っておくように。〕

帰ると妹は大きなため息をついた。
(お兄様と一緒のクラスのはいいですが、毎日学校に行くのはめんどくさいです。)
『一緒に生徒会頑張ろうな?』


次の日
放課後、、、
〔では生徒会を始める。今日はまず自己紹介からやる。まず岡宮 凛空お前だ。〕

妹は席を立った。
(私の名前は岡宮 凛空です。趣味は料理です。)
簡単なお辞儀をして席に着いた。

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー129225

    話をもっと読みたいです。できればもっと長くお願いします。これからも応援しているので頑張ってください

    4
コメントを書く