義妹は引きこもり美女

神野猫夜

担任

教室に入ると新しい机に椅子とお金がかかっていた。HRまで5分前になったので、俺たち5人は椅子に座った。少し待つと、カツカツと足音が聞こえドアが開いた。そして入ってきた先生が教壇に立った。
[担任を受け持つ、花芽薫。お前らのすべての教科を受け持つ。質問はあるか?]
薫先生の真ん前に座っていた、妹が手を挙げ薫先生に質問した。
『薫先生。このクラスを作ったのは別にいいのですが、なぜ私が生徒会長をやらなければならないのですか?』
[それは、]

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く