義妹は引きこもり美女

神野猫夜

プレゼントその後付き

家に帰ると豪華な食事が置いてあった。。。
『お兄様、どうですか私からのプレゼントは?』
(嬉しいよ凛空)
『お兄様に喜んでもらえて私はとても嬉しいです。明日からはビシバシいくので、覚悟してくださいね?』
妹は、悪魔のように笑った。
(お手柔らかに頼む)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『お兄様の寝顔はとても可愛いです。
はぁー早く私のクラスに、来て一緒に学校に行きたいです。早く私と結婚して欲しいです。キスだってして欲しいです。まわりをちゃくちゃく染めていますよ、お兄様。はやくお兄様も染まってくださいね?』

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く