義妹は引きこもり美女

神野猫夜

始業式冬

(よお!大和)
後ろから肩を叩いてきたのは服部だった。
(冬休みはどうだったんだ?やっぱり凛空様とイチャイチャしたんか?)
(嫌べつにそんなことねえよ。ふつうだふつう)
(そうか、まあ、大和が臆病なのは知ってたしな。)
服部と冬休みの事を話して自分のクラスへ入り席に座った。


全校集会、クラス集会が終わり俺はかえった。
玄関に手を当てると、
ガチャ
勝手にドアが開いた。

(お兄様おかえりなさい)
(なんでおれが玄関にいるってきずいたんだ?)
(知りたいですか?)
(まあな)
(愛のなせる技です!)
俺は呆れた顔をしながら自分の部屋に入った。

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • たく

    短すぎ

    2
コメントを書く