義妹は引きこもり美女

神野猫夜

妹が最近勉強を教えてくれる。
教えてくれるのはいいが、となりに座ってくっついてくる。その仕草や服装が妙にエロい。
狙ってやっているかと思うところがあるが、確信はない。
(凛空、少し離れてくれないか。)
『お兄様は、私が嫌いなの?』
だから、その上目遣い禁止だって、何も言い返せなくなるから。
(い、いや)
『でしたら、近くに居さしてください。』
(う、うん)
どうやら俺は尻に敷かれるタイプらしい。

『では、今日はここまでにしましょう。』
(今日もありがとな、あと少しで冬課題おわりそうだ)
そう5日後はお正月だ。




「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く