話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

義妹は引きこもり美女

神野猫夜

番外編クリスマス2

12月24日


『お兄様早くしないと電車に間に合わなくなってしまいます!』
早く行きたいと言わんばかりに妹ははしゃいでいた。
電車に乗ること2時間、旅館に着いた。よくテレビでみる高級旅館だった。
『お兄様どうしました?』
(いや、てっきりもうちょい安いとこだと思ってたから、、)
二人でエントランスに入ると女将さんらしき人が出てきた。
{大和様ですよね?}
(なんで俺の名を?)
{一さんとは縁があり、知っていたんです。}
(はぁ)
{ではこちらへ}
部屋に案内された。
部屋には大きなテーブル、壺などがあった。
{各部屋にお風呂がございますゆえ、そちらをお使いください。夕食、朝食は一階にバイキングとして用意します。}
(わかりました。)
女将さんが出ると、
『いい部屋ですね』
妹は、着ていたコートをかけ言った。
『ではお兄様、一緒に温泉に入りましょう。』
(いや。入らないから)
『クリスマスプレゼントくれませんか?』
上目遣い、、、グッときますよ、、でも、
いやダメだ。
(ほかなら許す)
『いいましたよ?』
ニタリ、

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く