義妹は引きこもり美女

神野猫夜

各家にて、

兄視点

家に帰ってご飯を作っていると、父 岡宮 一 が帰

ってきた。[ただいま、大和今日の飯はなん

だ?]

(親父!汗臭からはよ風呂入ってこい。)

こんな毎日である。数十分後親父が風呂から上が

ったのでご飯を食べ、片付けをしていると、、、

[俺な、再婚しようと思ってるから今週土曜空け

といてくれ。相手がうちに来るから。]

(は!?急になんだよ!)

[まぁ大丈夫だ、花さんは可愛いし、優しいから

すぐ慣れるだろう。あと同い年だが妹も出来る

ぞ。]

(まじかよ)

[まじだよ]

妹視点

私のお母さんの名前は、佐藤 花。可愛い系の

優しい母親だ。私とご飯を食べていると

急に真面目な顔になって話してきた。

{凛空、私ね再婚しようと思っているの。}

急な話して驚いていた。

{相手はね、岡宮 一さんっていってね。

貴方と同い年の男の子がいるそうよ。

まぁ誕生日は貴方の

方が遅いからお兄ちゃんが出来るの。}

私はあんまり男が好きではない。

けど頭の片隅で放課後助けてくれた、

あの男の子がお兄さんになったら

どれだけ嬉しいか、なんて想像してしまっ

ていた。

{で、今週の土曜に一さんの家に行くから、

空けておいてね?}

私はどうしたらいいの。。。

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー99213

    読みにくいです…

    1
コメントを書く