義妹は引きこもり美女

神野猫夜

引っ越し

兄視点

父親を送った日。

『お兄様、明日の朝に荷物が届くのでそれに合わ

せて私もお兄様の家に行きます。』っと言われ

た。何時に来るかとも言われてないから、焦って

6時から準備をして、テレビを見ていた。

(今8時56分か、、いつくるんだろ?てか、あと

4分で、ドラくんホープやるじゃん。)

そんなこんなで10時まで待っていた。

10時20分に、チャイムが鳴った。

『お兄様、おはようございます。荷物はどこに置

けばよろしいですか?』

(二階の一番奥の部屋をあけたから、そこに。)

『わかりました。では、引っ越し屋さんお願いし

ます。』


妹視点

母を見送って、私はスマホで明日の予定を確認さ

した。昼までには、引っ越しをすませお兄様とご

飯に行く予定。

『お兄様、明日の朝に荷物が届くのでそれに合わ

せて私もお兄様の家に行きます。』

私はそれを言ってスキップで空港を出て家に帰っ

た。朝引っ越し屋さんが来る2時間前に、起きて準

備をした。もう秋の終わりなので、ネイビーのウ

エスト部分が引き締まったワンピースに、黒タイ

ツ、あと黒のブーツで大人ぽくしたコーデにして

見た。

『お兄様この服気に入ってくれるかな?』

そう考えていると、引っ越し屋さんが来た。

『17年暮らしてきたこの家ともおさらばだね。』

私は少し悲しかったけど、今が一番充実してい

る。タクシーに揺られて、20分お兄様の家に着

いた。

インターホンを鳴らすと、お兄様が出てきた。

『お兄様、おはようございます。荷物はどこに置

けばよろしいですか?』

(二階の一番奥の部屋をあけたから、そこに。)

『わかりました。では、引っ越し屋さんお願いし

ます。』

さぁ予定通り引っ越しを早く終わらして買い物

に、、、。

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く