義妹は引きこもり美女

神野猫夜

登校

[よー大和、元気してたか?]
こいつは親友の  服部 、顔はいいけど重度のオタク。
(まぁ、散々だったな)
[そうか、そうか、ならこの  "妹はメイド!?"を貸してやろう。]
(おめー、学校に何を持ってこようとしてんだよ。)
[そういやー、ツッタカターでお前の写真見つけたんだよ。]
(マジで?)
[しかも、あの凛空様との2ショット。おめーも隅に置けないなぁー]
(大丈夫かな、、、)
そんなことを話していたら学校に着いた。


ガラガラガラ

俺は教室のドアを開けると男達に詰めよられた。
色々言ったりしてきたので少し落ちついてもらった。
(俺の父が、再婚して凛空が妹になった)
話を終えると、発狂する奴とかいっぱいいた。
ただ兄妹になっただけなのに。
後ろ女の子から質問された。
{大和君は、凛空さんと恋人とかじゃないよね?}
(違うけど)
女の子はそれを聞くと自分の席に戻っていた。
[やっぱり隅に置けないなおまえ、可愛いランキング1位の楓さんにも話しかけられるし。]
(うるせー、服部)
面倒なことになったなぁー

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く