義妹は引きこもり美女

神野猫夜

寝顔

次の朝

目が覚めると、妹が寝ていた。
寝顔はキリッとしたいつもの顔ではなく、可愛い寝顔だった。俺の腕をホールドして話してくれない。
『起きてくれる?』
(嫌です。あと五分待ってください。)
『えっと、ご飯とか作らないと』
(もう、作りました。)
あれ?
『いつから俺のベッドいた?』
(1時間前くらいですかね?お兄様の寝顔は可愛いかったです。それて、お兄様起きてから私の顔や胸を見過ぎです。照れてしまいす。)
『おい』
(お兄様いじりはこれぐらいとして、朝ごはん食べますよ?着替えて下さい。あと帰ってきたら少し勉強します。)
『なんで勉強?』
(お兄様をAクラスにあげます!!)

「義妹は引きこもり美女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ちょっと二次元が好きです

    短いけどおもしろい!

    3
コメントを書く