お姉ちゃんが欲しいと思っていたら、俺がお姉ちゃんになったので理想の姉を目指す。

kit

7話 女の子の朝は忙しいのです! ☆

 グッドモーニング!朝から超絶元気な琴音ちゃんだよっ!昨日の夜は結構ブルーでしたが、寝て起きてみればあら不思議!いつもの琴音ちゃんです!単純だって?人間単純な方が精神衛生保てますよ!やっぱり元気な子ってそれだけで周りに活力を与えるし、方向性さえ間違えなければ皆をハッピーにできるのです!陰気なメンヘラーよりだったら明るくて笑顔な娘の方がいいでしょ?「鬱だ死のう……」よりは「てへぺろっ☆」の方が私はいいと思うのです。

 さて、今日も今日とて学校があります。昔はこの学校が始まるっていうのが死ぬほど嫌だったけれど、今は学校に行くのが楽しみで仕方がありません。今までできなかったと後悔していたことができる。そして女の子として学園生活を送れる。これって素晴らしいことだと思いません?あ、私別にTS願望が凄かったわけじゃないからね。結果的にTSしちゃったから理想のお姉ちゃんを目指しているだけなので、そこは間違えないように!テストに出るよ!

「あんた今日から午後もあるんだっけ?」
「うん、そうだよ!」
「……朝から元気だこと」

 お母さまが非常に眠たそうな顔で朝ごはんを用意してくれがら言う。うちのお母さまは非常に朝に弱い。普通に起きれるのだけれど寝起きが悪いといったところ。それに対し私は元気一杯でお返事。そりゃ朝からローテンションだとその日一日が陰鬱な感じがしちゃうからね!

 私は朝食を用意してくれたお母さんにお礼を言いさっさと食べてしまう。あ、と言っても秘技かきこみは使用しないよ。……あれは封印されし暗黒の技だからね。よっぽど追い詰められないと使用できない大技なのだよ。なので品が崩れないように、かつできるだけ急いでパクパクし胃にレッツラゴー。

 弟君たちはまだのろのろとご飯をもっしゃもっしゃしているが、私はサッサと朝食を終えると洗面台に向かう。本当は弟君たちの食べてる姿を眺めていたいのだけれど時間的猶予はそんなにないのだ。食べる姿を愛でるのは晩御飯までお預けさ。口惜しや……。

 歯磨きを終え、今度はストレートアイロンで髪を撫でていく。ぴょんぴょんと飛んでいた羽っ毛たちを挟んでは撫で挟んでは撫でを繰り返し、見事綺麗なストレートにすることができた。

 鏡を使って色々な角度から見てみるが……うん。大丈夫。寝癖はどこにもない。今度は化粧水を手に取り肌に染み込ませていく。流石に中学生の、しかも一年生に上がったばかりの私が化粧をするには早すぎるので、今できることと言えばお肌を大事にすることくらいだ。思春期の子供の肌は敏感で、油断するとすぐに赤いコンチクショーもといニキビができてしまうのでこういうケアはとても大事だ。しっかりもののお姉さんたるもの、身だしなみにも気を付けなければいけない。誰が見ても「汚い」とかそんな風に捉えられてはいけないのだ。

 ふと、サラサラの髪を見てるとちょっとばかし試してみたいことができた。確かにストレートヘアというのもいいものだけれど、やっぱりここはいろいろと髪型を試してみたいと思った。

 幸いにも今の私は中一。つまりやれる髪型の幅は多い。現実的に考えて、高校生になってまでツインテールだとかはやれない。ていうかしてる人を見たことがない。歳相応の髪型というのが求められてしまうからだ。まぁ今の歳であんまり大人びた髪型も似合わないとは思うけど、そこは子供の好奇心ということで許される……はず!

 私は髪の毛を一房持ち、こめかみよりも少し高いところで抑えてみる。所謂サイドテールってやつだ。

 おおうふ……。結構似合ってる。これ初めからあたりひいちゃったかしら?とはいえ、他にも試してみたい。今度は両手でやってツインテールにしてみる。こっちは快活そうな私の見た目を更に強調する感じになるね。じゃあ次はポニーテールに……うん、ちょっと気難しい感じの顔をすればあら不思議、風紀委員の完成だよ。

 ふむぅ、他にもくるりんぱとかやってみたいけどそもそも長さが足りないし……髪伸ばそ。さてそろそろゴムで結ってみるかな。確か机の引き出しに貰い物のゴムが何本かあったはず。

 私は足早に部屋に戻り、机にある引き出しを開ける。そこにはかつての私が使うことはなかったゴムが沢山。うわ、結構可愛いのあるじゃん!これ使わないとか宝の持ち腐れでしょ!私が使ったるわ!

 取りあえず目についたゴムを片っ端から手に取り洗面所へゴー。にしてもこうゴムゴム聞いてると――


 ****自主規制****


「さてとやりますか」

 私は数あるヘアゴムの中から鮮やかなオレンジのものを手に取り口に咥える。くー!一度やってみたかったんだよね!ヘアゴム口に咥えるの!んでんで、こうポニーテールを作りながらうなじを見せつつ横目に鏡をチラッ。ひゃああ!やばいやばい!これ映ってるの自分だけど結構破壊力ありますよ!ナルシではないはずだけど、これは萌えてまうやろー!……男の子の前でやるのは控えとこ。

 取りあえず今日のところは……うーん。悩むなぁ……ここは初めにやったサイドテールでいこう。というわけでサイドテールにチェンジ!

「うんうん、いい感じいい感じ♪」

 実際にヘアゴムでまとめてみると違うね!手でわっかを作ってやった時よりも数段良く見えるよ!これは私のフェイバリットヘアーに決まりかな!!

「……」

 うん。似合ってるんだ。似合ってるが故に、こう……違う欲が出てくるんですよね。こんなに似合っているのなら、やっぱりポージングとかしてみたくなるわけですよ。いつものだよね。私がポージングをするとママ上が出現するっていういつものアレ。でもね、琴音ちゃん、今回はちゃんと学習したんですよ。なぜなにをした結果、あんな恥ずかしい想いをする原因は不注意にあると結論ずけられました。つまり、ポージングをしたいのならば、まずは周りを確認しろってことっすよ。

 私は洗面所から顔をヒョコッと出しきょろきょろと顔を動かす。右よーし、左よーし……一応後ろよーし。

 これで誰もいない確証が取れた。つまり私は今度こそちょっと痛いポージングもできるわけですね!琴音ちゃんやっちゃうよー。

「こう左手を腰に当てて……右手は横ピースとかしちゃったりして――」

 ピピッ。

「あらぁ♪アイドルみたいで可愛いじゃな~。髪型も似合ってるんじゃない?」
「ひぃえっ!!」

 完璧にポージングを決めて、キラッ☆とでも効果音が出そうな笑顔までしたその瞬間だった。不意に声がした。それも一番聞きたくない声というやつだ。

 絶対に聞こえてはいけないはずの声が聞こえたことに私は思わず悲鳴を上げてしまう。そして嘘だと思いながら後ろを振り向けば――。

「あら勿体ない。もう少しポーズとってても良かったのに。あ、でも写真に撮ってあるから……あんたも見る?」

 何でいるのママンー!???

 さっき私確認したよ!右見て左見て後ろまで確認したよ!あなた様はSCPですか?!イナミちゃんなのですか?!目線を外すと瞬間移動でもしちゃうんですか?!

 ていうかさっきのピピッて音デジカメかよっ!何しっかり準備してから来るの!さっきまで超テンション低かったじゃん!動きも亀さん並みだったのになんで神速の速さで刹那の一枚を撮ってるの!あ、私にその写真見せないで!無駄によく撮れてる写真を私に見せないで!もう体力が0を通り越してマイナスだよ!氷点下だよ!!

「ちょ!お母さん!その画像消して!!」

 いくら中々にいい写真だとしても、私がそのポーズをとって写真に収められたというのがまずい!恥ずかしいじゃん!鏡の前でポージングする子だって証拠撮られちゃったんだよ!恥ずかしいじゃん!!

「なんでさ~。可愛いんだはんでいいじゃん。娘の成長記録を残しておく義務が親にはあるのよ?絶対消さないから」

 ニマ~と超絶嬉し楽しそうな顔でママ上はおっしゃった。その顔!その顔は絶っっ対に私のことからかってる顔だよね!前世でもその顔よく見たからわかるよ!最もらしいこと言ってもその顔が全てを台無しにしてるのよ!

「あら、いい時間じゃない?そろそろ学校行かないとまずいかもよ~?」
「またそんな手に私が引っかかるとでも……もう7時半?!やだ、急がないと!あ、ちゃんと写真消してよね!!」
「消すわけないじゃない。永久保存よ♡」
「嬉しくない!そのハート嬉しくないかなっ!!」

 ちくしょうっ!今回はしっかりと確認してからやったってのに、前よりもひどくなったよ?なんで?なんでなの?私は永遠にポーズをとることするできないっていうの?

 私はママ上を精一杯恨めし気な顔で睨み、鞄を手に取る。今日は登校二日目。遅刻なんてありえないし。かといってゼイゼイ言いながら教室に入るなんてナンセンス。朝礼が始まるのは8時10分。これ以上の遅れはお姉ちゃんの死を意味する。私は急いで階段を降り玄関で靴を履く。うちの学校は外履きの指定がないため個人の自由だ。しかし私はあえてローファーを履く。なんでってそりゃ可愛いから。「行ってきまーす」と若干声を張りながら言い、玄関をくぐる。そして車庫から自転車を引っ張り出す。初日は車に乗せてもらったけど、基本は自転車通学だからね。

 私は早速自転車に跨ったのだが、ここで一つ問題点が出てきた。

 スカートで自転車って……どう乗ればいいんだ?校則をしっかりと守ってスカートの長さは膝丈までなのだが、自転車に乗ってこいでいれば風が生まれるわけで。そうするとヒラヒラするスカートは簡単にチラッとかしちゃうわけだ。痴女を目指すのであればそれでもいいのかもしれないけど、私が目指すのはそれとは真逆だ。ていうか普通に恥ずかしいし、誰彼に見せびらかしたくないし!

「うーん、取りあえず……サドルでスカートを挟んで、ショートパンツみたいにしちゃうかな」

 うん。これならなんとかめくれないかな。でもなんかすごくこぎづらいし……それにヒヤヒヤはする。さっきからすれ違う人がチラッチラ見てくるし……うぅ……実は後ろが大惨事?それとも前から普通に見えてる?早く学校についてぇ……。

 そうこうして私の精神は盛大に削られながらもなんとか学校にたどりついた。朝から疲れたよもう。

 後々、同じく自転車通学してるみーちゃんにどうやって対策しているのか聞いてみると……。

 『中に短パン履けばいいんだよ』とのことだった。私はそれを聞いて愕然としてしまったよ。確かにそれだ、と。そして私の中にかすかに残っている男の私は小さな夢をぶち壊され大層残念がっていたそうな。

「お姉ちゃんが欲しいと思っていたら、俺がお姉ちゃんになったので理想の姉を目指す。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く