シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます

蒼山 響

兄妹の初探検

この世界での迷宮ダンジョンとは地震や台風等の自然災害と同じ人工的に創られるものではなく、自然現象として考えられている物だ。
多くの学者がその謎に取り掛かっているが、未だにその謎は完全には解明されていない。
一説では地中に埋められている、魔力の多く込められた魔石によって引き起こされる現象だという考えもある。
迷宮内の魔物もその魔力によって産み出された副産物のようなものだと推察されているようだ。
時々、宝箱トレジャーボックスが見つかる場合もあるので、一攫千金を狙う冒険者も後を絶たないようだ。

クエストの為に迷宮に向かっていた太陽達兄妹は、迷宮に備えての準備を街でしていた。

「まずは松明的な暗闇を照らす物が必要だな」

「ん、魔法が使えればいいんだけど」

雫言うとおり、基本的に迷宮内を探索する場合には光属性魔法を使用するのが普通なのだが、当然この二人は魔法の練習をしてないので使用が出来ないのだ。

まあ、魔法が使えないという縛りプレーの一環だと思えば楽しく感じるがな。

そんな二人が向かった先は、冒険者御用達の武器や防具が販売されているお店だった。

何故今更?と思われるかもしれないが、正直今までのクエストは手持ちの武器だけで楽勝だったのだが、迷宮となると話しは別になってくる。

これまでのクエストは討伐する魔物の種類が予め分かっていたが、迷宮内では遭遇する魔物の種類バリエーションは数えきれないほどになる。

今までの魔物は黒鵞のみで倒してきたが、近接戦が出来ない相手に遭遇した場合刀は不利になり得る。

念には念を入れる為に訪れてはみたのだが…

「す、すげえ!お前さん、これほどの業物をどこで手に入れたんだ!これ売ってくれねぇか?金は出すからよ!」

俺は只今、ドワーフのオッサンに詰め寄られていた。
というか、近い近い!オッサンに詰め寄られて喜ぶほど、俺は腐っていない。

「こいつを売るつもりはないんだ。悪いな」

「そ、そうか…残念だ」

そう言うと、ドワーフのオッサンは肩を落としてあからさまに落ち込んでしまった。
どうやら、この異世界でも日本の伝統技術は特筆すべきものらしい。

落ち込んでいる時に悪いが話を進ませても頂く。

「それで俺達迷宮に向かいたいんだけど、必要なものってあるか?」

「迷宮入りするのか?それなら灯りは必須だな。お前さん達光属性の魔法は使えるか?」

「あー…使えないな」

「分かった。なら、光属性の魔石を買っていくといい。他にはそうだな…」

オッサンは店内の商品を漁りながら、次々と必要な物を並べていく。

すると、その中から一つを雫が興味深そうに手に取る。

「オッサン、これは?」

「ん?ああ、それか。それは火薬といってな、音で魔物を追い返す物なんだが…Fランクぐらいの魔物にしか効果がないんだよ」

オッサンはそう言うが、火薬があれば地球での人類が作り出した、あの最強の武器──が造り出せる。

その事に雫も気付いたのか、俺の顔を見て頷く。

「オッサン、この火薬を在庫があるだけ売ってくれないか?」

「は?火薬を?いや、俺としては売れなくて困ってたから嬉しいが…いいのか?」

相当売れ残りがあるのか、オッサンはこんな物を?という目で訊いてくるが、火薬の良さに気付けないとは勿体ない。

俺が頷くと、ちょっと待ってろと言い残して、店の奥に在庫を確認しに向かう。

その間、暇な俺達は店内の商品を物色して回ることにする。

店内には片手剣や両手剣、弓や槍など様々な種類の武具が揃えられていた。

武器は黒鵞があるからいいとしても防具は買った方がいいだろうか?
気になって雫に相談してみると、防具も一緒に錬成で造り出すから必要ないと言われた。

店内を物色してから暫くすると、オッサンが大きめの木箱を2つ、両手に抱えて戻ってきた。

「これで全部だが、かなり重たいぞ。お前さんたち二人だけで大丈夫か?」

「あぁ、何ら問題はない」

俺はオッサンから木箱を受け取ると、魔法収納を発動させ中に放り込んでいく。

「おぉ、お前さん空間収納持ちだったのか。商売人としては羨ましい限りだぜ」

暗黒の覗く空間の中に放り込まれていく木箱を見て、オッサンが感慨深そうに呟く。
この反応から恐らくだが、空間収納は珍しいスキルの部類に入るのだろう。
訊いてみたいところだが、当たり前の事を訊くとかえって怪しまれそうなので心の中で留めておく。

「それで、金額はいくらだ?」

「そうだな…銀貨3枚でどうだ?」

「そんなに安くていいのか?」

「ああ、どうせ売れ残りそうだったからな。それにお前さん達なら、何か驚くことをやってくれると思うからよ」

オッサンはそう言ってくれるが、木箱2つ分の火薬が銀貨3枚は破格だと思う。

地球の相場だと大体2リットルペットボトル程の容量で7000円程なので、この木箱だと12万5000円位の値段はするだろう。
なので銀貨3枚──地球で15000円は破格の値段だろう。

まあ、安く買えるのなら問題はないけれど。

ちなみに光属性の魔石は思いの外高額で銀貨6枚もした。日本円に換算すると3万円だ。
魔石は魔力を籠めれば魔石に刻まれた魔法が発動できる仕組みとなっている。俺達が購入する魔石には〈発光ライト〉の魔法式が刻まれているらしい。

魔石はモバイルバッテリーのように使用できる回数に限りがあり、籠める魔力にもよるが大体800回は発動できるらしい。
使い回しが効くとはいえ中々痛い出費になってしまった。

その後も暫く店内で迷宮に必要な物を物色し、代金を支払い店を後にした。







王都を出て、暫く歩くと前にゴブリン討伐の際に訪れた森が見えてきた。

システィラの話だとこの最新部の辺りに迷宮が在るらしい。

今回はゴブリン共には用はないので、お下がり願おうか。

俺は殺気をlevel6まで引き上げる。

すると、周囲に感知していた魔物らしき反応が俺達の周囲から散っていく。

これで少しは楽に進めるだろう。

虫除けならぬ、魔物避けをした俺達は早速迷宮に向かって森の中の入っていく。

その後、暫く歩くと目の前に迷宮らしき洞窟が姿を現した。

システィラの言っていた座標とも合ってるし、ここで間違いないだろう。

ちなみに、此処までの道のりは魔物避けをしていたお陰で一匹たりとも魔物と遭遇することはなかった。

「お兄ちゃん、雫疲れた」

「お前は歩いていないだろ…」

雫は俺の背中にもたれながら呟くが、歩いて数分で疲れたと駄々をコネだしたので、仕方なく俺がおんぶをしてきたのだ。

このままだと俺の二つ名が『子育て冒険者』になりそうで怖い。

文句を言う雫を背中から下ろして、空間収納の中から光属性の魔石を取り出す。

魔石は魔力を込めると、白く光り始める。

その光は徐々に大きくなっていき──って、眩しい眩しい!光が強すぎるから!

個人的には魔力を込めすぎた感じはなかったのだが、どうやら規定の量よりも多かったらしいので、込める魔力を弱めると丁度いい明るさに戻っていく。

雫は隣で「目がー!目がー!」などと、叫びながらのたうち回っているが、ボケている辺り問題はないだろう。

魔石の光を調整し終わると、いよいよ迷宮内に足を踏み入れる。

洞窟内は暗く、明かりがなければ数メートル先も見渡せないほどだった。

だが、予想に反して地球の鍾乳洞のようにじめじめはしておらず、虫なども見当たらなかった。

雫は虫が大の苦手なので好都合と言えるだろう。

通路は整備されているかのような程歩きやすくなっており、地球と異世界との違いを感じる。

すると、曲がり角に魔物の気配を感じる。

「雫、下がってろ」

「了解」

俺は雫を下がらせると、黒鵞に手を掛けて戦闘準備に入る。

ちなみに、この迷宮依頼ダンジョンクエストには迷宮内に出現する魔物の種類の記録も含まれているので、殺気で追い返すわけにはいかないのだ。

「グルルルル…」

曲がり角から顔を出したのは、黒い毛並みを持った狼のような魔物だった。

「あの魔物の名前はナイトウルフ。ステータスはスピード特化のDランク相当。暗視スキル持ち」

雫が鑑定で視たのか、素早く教えてくれる。

──流石、シズペディアさん!

駆け出した俺は腰にくくり付けていた光魔石に魔力を込めて辺りを一帯を光輝かせる。

すると、暗視スキルを発動させていたナイトウルフは急激な発光に目が眩んだのか、一瞬動きを止める。

その一瞬の隙にナイトウルフに近づいた俺は黒鵞を相手の喉元に突き刺す。

その一撃で魔物は致命傷を負ったのか、赤い血飛沫を上げて倒れる。

ゲームと違い、倒した後は消えるのではなくその場に死体が残るので、かなりグロいシーンになる。

先程、魔物を倒す際に斬るのではなく、突きを使用したのは、迷宮内は狭いので刀を振り回すと、動きが制限されるからだ。
更に迷宮内のような一直線の通路だと道幅が狭く、横の移動が制限されるので、避けられにくいと思ったからだ。

俺達は、ナイトウルフの牙をドワーフのオッサンの店で購入しておいた、討伐部位の採取専用のナイフで切り落とすと先へと進む。

探索の途中で宝箱を幾つか見つけたが、お宝に目を奪われている隙に敵襲に会う場合も想定して、中身は適当に空間収納の中には放り込んでおいたので、鑑定で詳細を視る事もしなかった。

その後も何体かの魔物と遭遇したが、何か奇妙な雰囲気を感じる。

──こんなに魔物の数が少ないものなのか?

迷宮自体初めてなので何とも言えないが、これは余りにも少な過ぎる。

俺達が不思議に感じながらも洞窟内を進んでいると、目の前に黒い重厚な扉が視線に入ってきた。

雫は「うわー、ラスボス感が凄い…」と呟いているが、中に居るぞ──

これまでの魔物とは格が違う──桁違いの存在感を放つ生物が──

「雫。どうやらこの扉の中にはボスキャラが居るっぽいが…どうする?」

雫に確認を取る。

ここは異世界だ。安直な判断は出来ない俺は雫の意見を聞く。

恐らく魔物の数が極端に少なかったのは、こいつのせいだろう。

「言語道断。行く」

「だよな…」

俺達がこの世界には刺激を求めに来たのだ。
弱者と戦う気は起きないが、強敵ならウェルカムだ。

お互いに頷き合い決断をした俺達は重厚な扉に手を掛け、力を込める。

すると扉は砂埃を上げ、軋むような音を出して開き始める。

扉を開けた中は大きな空間が広がっており、学校がすっぽり入りそうな大きさがあった。

だが、その空間も狭く感じるような存在が、そこにはそびえ立っていた。

「ハハッ…こいつは驚いた…」

「初めて見た…」

扉を開いた俺達の視界に映り込んだそれは───





「グルアアアアアアアッ!!!」





───俺の持つ魔石の光を反射し、神々しく光輝く鉱石で全身を包まれた、悪魔のような双角を持った、全長15メートルは有りそうなミノタウロスだった

「シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く