シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます

蒼山 響

相違点

俺達兄妹は依頼クエストのゴブリン討伐のために、ゴブリンの目撃情報の多いと言われる、王都の東にある森に来ていた。

森は木で生い茂っており、数メートル先が見えないほどだった。

その為、俺は目でゴブリンを探すのではなく、気配で探すことにする。

自分の深層意識をこの森全域に拡げてゴブリンの気配を探る。

すると、ここから数百メートルに位置する、丁度森の中心辺りに数十個気配を感じる。

ちなみに俺は町に来るまでに魔物特有の気配を覚えておいたので、魔物と人間の区別がつく。
これは…魔物が30体程と人間が10人程いるな。

だが奇妙だ。魔物の近くに人間がいるとすると、一番高い確率は冒険者だろう。
だが魔物と人間が戦っている感じはしない。となると、拐われたのか…

人質が居るなんてギルドでも聞かなかったし、おそらくギルドでも確認できていないのだろう。

「雫。魔物の気配の側に人間の気配もあった。救助をしながらの戦いになると思う」

「了解」

俺と雫は相手に気付かれないように忍び足で近づいていく。残り数十メートル程になったところで、目視でも魔物の姿を確認できた。

そこにはボロい木の建物が建てられており魔物はその中と外を行き来していた。

魔物は緑色の皮膚をしており、身丈は人間だと俺より低い160㎝程、手には野球に使うバット程の大きさをした棍棒を握っていた。

ラノベの知識が正しければアイツがゴブリンで間違いないだろう。
ゴブリンは口から涎を垂らしており歯も剥き出しで気味の悪い笑顔を浮かべていた。

うわっ、あれは気持ち悪いわ…出来れば素手では倒したくないな。

ゴブリンはこちらに気付いていないようで、せっせと何かの荷物を建物の中から外に運び出していた。

すると中から一際大きな袋を持ったゴブリンが外に出てきた。
その袋は時折モゾモゾと動いており、生き物が入っているのは明確だった。

俺の気配探知でも、あの袋の中から人間の気配を感じるし、あれが拐ってきた人間で間違いないだろう。

しかし、奇妙だな。人質は出来るだけ逃げないように閉じ込めておくのが普通だ。
だか、ゴブリン達は数十個もある袋を全て外に運び出している。
それに俺の感じた気配は30はあった。
ここにいるゴブリンは見たところ20体程しか見当たらない。

奇妙に感じていると、建物の中から10体程の魔物が現れる。
見た目は先程のゴブリンよりひとまわり大きいぐらいだろうか。異なるところがあるとすれば、男の股についているものを隠しもせずにぶら下げていることだった。

──いや、変態かよ!隠せよ!何?ゴブリンは服着る派と裸族派で別れてるの!?

ちなみに雫にはあの汚ならしいものを見ないように目隠しをさせておいた。
俺の妹にあんな物見せるとはいい度胸してるじゃねぇか。

遅れてきた裸族のゴブリン達は荷車を引っ張ってきていた。
その荷台には剣や盾、弓矢などの様々な武器が積まれていた。
どれも新品には見えないので冒険者から奪ってきた物だろう。

服着る派のゴブリンと裸族のゴブリンは近づくと握手をして何やら会話を始める。

その会話を常人の10倍ものある俺の聴力が拾う。

「オイ。ヤクソクノモノハモッテキタカ?」

「アア。ヤクソクドオリ、ボウケンシャカラウバッタブキヲモッテキタ。ソッチモニンゲンヲモッテキタノカ?」

「モチロン。このフクロノナカニアルサ」

「ヨシ。ジャアトリヒキセイリツダナ」

そんな事を話ながら武器の積まれている荷車と人質の入った袋を交換し始めた。
会話から察するに、この2つの派閥は交易をしている途中みたいだ。

というか、ゴブリンって人の言葉を発せられるのね。地球でも猿が最も知能が高いというが、流石に虎と戦ったら負けるから知能と戦闘力は比例していないのかもな。

そんなことよりも、今この場面は好機かもしれない。
交易を交わしているのなら、このゴブリン達はゴブリンヒエラルキーでも相当な地位にいると想像ができる。
つまり、ゴブリンを根絶やしに出来る絶好の機会というわけだ。
…自分で例えといてなんだけど、ゴブリンヒエラルキーって何…?

気を取り直した俺は早速ゴブリンとの戦闘準備に取り掛かり始める。
まずは、ゴブリン達の強さが知りたいところだ。

「雫。アイツらのステータスを視てくれ。あっ、裸族の方は見るなよ」

「分かってる」

そう言うと雫は裸族の方を見ないように、鑑定を発動させる。

「んー、大体平均で400ぐらい?」

四百!?弱すぎない!?
これ俺がやったらオーバーキルになっちゃうだろ。
そのまま森まで破壊したら環境問題に…うん。手を抜いてやるか。

俺は腰に下げている黒鵞を鞘から抜いて戦闘準備を整える。

ゴブリン達はお互いの荷物の確認に夢中になっている所だった。

──今が好機。

そう決めると、俺は音もなく草むらから飛び出て、まるで影のように身体を低く沈めて地面を這うようにゴブリン達の背後まで回り込む。

「〈影縫かげぬい〉」

この技は相手の視角の隙を縫って背後に回る技だ。
この技はバスケのダックインという技を戦闘用にアレンジした技で、人間の視角は主に縦横の方向に動きやすく斜めに移動されると追うのに一瞬の間が出来るのだ。
それはゴブリンとて例外ではない。

あっという間にゴブリンの背後に回ると、気づかれて人質を盾にされると不味いので、気付かれる前に出来るだけ戦力を削っておきたい。

その為にまずは、目の前にいるゴブリンの首を音もなく刀で斬り落とす。
ゴブリンの生態系を知らない俺は弱点が何処か分からないので、取り敢えず頭を胴体から切り離す。
大抵の生物は首を斬られれば絶命するからな。

「ナ、ナニモノダ!」

すると、やっと1体が倒されて俺の存在に気付いたのか荷車に積んであった武器を持って応戦してくる。

「その見苦しい姿を露見させた罪は償って貰おうか」

俺は一旦刀身を鞘に納める。
決して戦うのを止めたわけではない。
この技をやるには鞘に納めないといけないのだ。

するとゴブリン達は俺が武器を仕舞ったことで油断したのか、一斉に俺に襲いかかってくる。

好都合だ。この技は纏まってくれている方が効果があるからな。

俺は精神を刀に集中させる。ゴブリンとの距離が段々短くなっていく。
それでも俺は焦らない。技が一番効果を発揮するタイミングを待つのだ。

するとゴブリン達との距離が5メートルを切った。

「〈斬咆きほう〉」

その瞬間俺は鞘の角に刀身を引っかけておいて、勢いよく刀身を引き抜く。

すると刀は音速を超える速度でゴブリン達に向かっていき、その体を何ら抵抗も無く切り裂く。

「グギャーーーーッ!」

精々今の一閃で斬ったのは3体程度しかいない。
これでは只の居合い斬りでしかない。

この技の真骨頂はこれからだ。

次の瞬間、俺の周囲に竜巻が巻き起こる。
竜巻はどんどん大きくなっていき、まるで龍の砲口のような音を出していく。

ゴブリン達は俺の近くにいたお陰で竜巻に巻き込まれて、空高く打ち上げられていく。

竜巻は一番大きい時で、高さ10メートル程になっており、近くにいたゴブリン達は跡形をなく竜巻の鎌鼬によって切り刻まれており、その原型を留めては居なかった。

ちなみに台風の目の位置にいる俺は無傷で、何ら影響はない。

原理としては刀身を少し傾け、わざと刃の受ける空気抵抗を倍増させることで竜巻を引き起こさせる程の風を作り出しているのだ。
勿論、空気抵抗が増えると刀を振るう重みが大きくなるが、そこの所は太陽の並外れた筋力で補っている。

大体効果範囲は半径5メートル程で、多対一の戦いでは重宝している。
ちなみに何故抜刀する際に刀身を鞘に引っかけてから抜くというと、力を溜めてから放った方が速く抜けるからだ。
分かりやすい例で言うとデコピンが一番近い。
親指で中指を押さえてから放つ。それと同様の原理だ。

暫くすると風も止んだので周囲を見渡してみると、丁度俺の半径5メートル程の地面が深く抉れていた。

あちゃー、結局環境破壊しちゃったよ…
大体、全力の3割程度の威力しか出してないから、手加減した筈なんだけど。

周囲にはゴブリンの肉片が飛び散っており、実にショッキングな光景となっていた。

すると草むらに隠れていた雫が俺の元まで歩いてくる。

「流石お兄ちゃん。思わず濡れた」

「ははは、妹からパワハラを受けているよ」

雫の下ネタにも冷静に対処する。
俺は袋の中の人間が生きているか一応確認することにする。
死体を持っているとは思わないから心配は無いと思うが…

袋の中からは10人の女性が出てきた。年齢は全員10代ぐらいだったので、ゴブリンの趣味なのかと思ったりした。

「あ、有り難うございました。あのまま捕らえられていたら、オーク達の苗床にさせられているところでした…」

ん?オーク?俺が倒したのはゴブリンだった筈だが…

詳しく聞いてみると、裸族派のゴブリンだと思っていたのは実はオークだったらしい。
いや、似すぎだろ…。

どうやらゴブリンは人間の体には興味がなく、武器などを集めるのが趣味らしい。

一方、オークは四六時中セックスの事しか考えていない変態で、女性が捕まったら孕むまでさせられるらしい。

成る程、だからゴブリンとオークは人質と武器を交換していたのか。

そんな事を考えていると、捕まっていた女性達がこちらを見ていたことに気づく。

彼女たちの対処に困ってしまう。捕らわれた人が居たなんて聞いてなかったしなぁ…。

「雫。彼女達はどうすれば言いと思う?」

「まず、お兄ちゃんを蕩けきった目で見てる女は殺した方が良い」

雫の言うとおり助けられた女性は皆、太陽をまるで王子様を見るような目で見ていた。
無理もない。実際、彼女達からすれば犯されそうになっていた所を助けてくれた勇者のような存在なのだ。

雫はその事が気に食わないのか、小さく頬を膨らませてお怒りになっていた。
流石我が妹、怒っている姿も可愛い!

「取り敢えず、ギルドに連れていくしかないか…」

ギルドに連れていけば、捜索願いが出されているかもしれないので、依頼の報告ついでに丁度良い。

その後、依頼達成クエストクリアの証拠としてゴブリンの牙を拾った俺達は、早速ギルドに向かって歩き出した。

「シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 音街 麟

    パワハラ?セクハラじゃなくて?

    0
コメントを書く