シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます

蒼山 響

盗賊退治


女神によって転移させられた2人が目を開けると、そこは緑が広がる大草原の中心に立っていた。

「どうやら無事転移したようだな」

「ここが異世界…」

雫は新しい世界を興味津々で見渡していた。
周囲に人気を感じないことから、恐らく人里を離れた所にある山の中なのだろう。
風にそよぐ草木の香りが俺の鼻腔をくすぐる。

まあ、妹に童貞を奪われる危険性がある世界に転移させられて、無事と言っていいのかは甚だ疑問だが…

だが、正直女神の配慮には感謝をしておこう。
いきなり街の中に転移させられたら不審者決定だ。
異世界人だと気付かれないためにも大っぴらな行動は控えよう。

それと俺達の持ち物の確認をしないといけない。服装や持ち物は元の世界のままなので、この世界で使えるものがあるかもしれない。

まず俺の持ち物だが、服装は何処にでもあるような黒のTシャツ、持ち物は刀の黒鵞と銃のデザートイーグル.50AE。後はスマホだな。
刀と銃は戦闘で使えるだろうがスマホはどうだろうか。電波が無いと使えないだろうし。

自分の荷物の確認をした後は、雫の荷物も確認する必要がある。

「雫、お前は何か使えそうな物は持っているか?」

「私は、スマホとタブレットPC、後はここに来る時に使ったペン型の酸素ボンベだけ。それとお兄ちゃんが好きな制服を着──」

「よーし、確認も終わったな、うん」

「──てるから、何時でも襲っていい」

「せっかく誤魔化したのに最後まで言うなよ…」

雫は体をくねくねさせながら言うが、別に俺は制服フェチではない。
確かに制服は好きだが、どちらかと言うと巫女やシスター等のいけないプレイの方が萌えるのだ。

俺の性癖はさておき、持ち物の他だと後は俺達の能力の確認だがどう確認すればいいんだ?
この手の異世界系のラノベだとステータスがあるはずだが。

思い付く方法を試してみることにするか。

「ステータスオープン」

すると頭の中に自分のステータス表が浮かんできた。



名前    神代 太陽

年齢    18 LV 1

種族:人間

職業:無職

体力:32500

魔力:31000

筋力:36330

耐久:34900

俊敏:35650

スキル:【空間収納マジックボックス



「これはどう考えてもチートだろうな…」

俺の能力値はLV1の時点で既に全ての能力値が3万を優に超えている。
この世界の能力値の平均を知らないからなんとも言えないが、恐らく高い部類だろう。
残念なことに、スキルは空間収納しかないようだ。

というか職業が無職って!いや確かに定職にはついていないけれど、実際に見せつけられると心に傷が…。

精神に多大な傷を負いながらもステータスを確認した俺は、他人のステータスは相手の許可なく勝手に閲覧できないようなので、雫にも自身のステータスを見て貰うことにする。

「雫、“ステータス”と言えば頭の中に浮かんでくるから試してみてくれ」

「了解」

雫は「ステータス」と小さく呟くと確認を始める。
暫く待っていると確認が終わったみたいなので俺も自分のステータスを教える。

「…雫のステータスは平均が1000ぐらいだった。そう考えるとお兄ちゃんの能力値はチートだと思う。でも、スキルは4個あった」

「4個?」

「うん。“空間収納”と“鑑定かんてい”、“構築ストラクチャー”、後は“錬成れんせい”があった」

成る程、つまり俺が戦闘系に特化したステータスで雫が援助系に特化したステータスになっているみたいだ。
スキルの部類から考えるに恐らく俺達二人の特技がそのままスキルに反映されているのだろう。
俺の場合は優れた身体能力、雫は超人的な知能を生かした多彩な能力となる。
つまり、特技=スキルと捉えられる。
そう考えると魔法収納は女神からの餞別といったところかな?

「雫、ちなみに職業はどうなってた?」

「ん?職業なら無職だったけど。自宅警備員は無職者ニートの永久就職先」

胸を張り、自慢げに自分が無職であることを報告してくる雫。

さ、流石雫…自分が無職であることに誇りを持っている。此処まで清々しい無職者ニートがいるだろうかっ!いや、いない!
つまり何が言いたいかというと、雫は最高の妹だぜっ!(シスコン視点)

その後、ステータスの確認を終えた俺達は、これからの計画を立てることにする。

「まずは人の居るところ、つまりは街や村に向かおう。そこで、この世界の情報を集めよう。流石に無策で歩き回るのは悪手だ」

「賛成。今居るところは山みたいだから、このまま降りていけば街が有るかもしれない」

計画を決めた2人はまず、今居る山を降りることにする。

ちなみに雫は今現在、俺の背中に乗っている。
雫は研究ばかりやっていたので体力がほとんど無いから、雫がお願いしておんぶしてもらったのだ。

「う~ん、お兄ちゃんのこの匂い好き~」

雫は俺の背中に顔を擦り付けて匂いを嗅いでいる。勿論、顔が背中に付くほど密着しているので胸も当たっている…うん、ちょっと当たっているモノが骨か胸か判らない程だが、確かに感触は感じる。

「あ、あの雫さん?」

「ん~、何」

「背中に女の子特有のモノが当たっているのだが…」

「当ててるんだよ」

「お前そんな事をどこで覚えてくるんだよ…」

勿論、俺自身は妹に興奮するような変態にはならないと心に誓っているが…。
この背中に当たるほのかな胸の感触。A…いや、Bはあるな。以前まではAだったのに成長したなぁ…雫。これからの更なる妹の成長を心から応援しているよ、お兄ちゃんは。

この場に第三者が居たのなら、妹の胸のバストサイズを熟知しているお前も充分な変態だよ、と突っ込まれると思うが、その事に微塵も気付いていないシスコン兄であった。

「そう言えば暫く歩いているが、魔物の類いが全然居ないな。こんな森のある所だったら居るものじゃないのか?」

「確かに」

実際に2人はもう数十分は歩いているのだが、魔物の影すら見ていない。

「あっ、もしかしてお兄ちゃん殺気出してない?」

「うん?出してるよ。何がいるか分からないから警戒するに決まっているだろ。それがどうかし…あっ!」

雫が言った言葉がヒントになり魔物がいない理由が分かった。

「つまり俺の殺気にびびって出てこないってことか」

「恐らくそういうこと」

俺は少々落胆していた。
確かに周囲の気配を察知するために意識を半径100m程広げているが、気配を探知する為であって殺気は少ししか含んでいないからだ。
殺気のlevelMAXを10とすると2ぐらいしか使用していない。
つまりこの周辺の魔物は太陽にとって雑魚ばかりという事になる。

この異世界には俺を楽しませてくれる程の強さを持った相手が居ると思い来たのに、魔物がこの程度の殺気でびびっているようでは期待はできないかもな。

その後も探知をしていると前方から5人程の気配を感じる。気配から察するに人間だろう。
だが、村人などではないだろう。
微かに鉄が擦れあう音がする。武器を携帯しているのが分かる。
さらに嗅覚では血の匂いもする。
ここは異世界なので冒険者や盗賊の可能性も考慮する必要がある。

「雫、前方から人間が5人程の来るぞ。武器を持っていることから、盗賊の可能性もある。一応注意しておけ」

俺は雫を背中から降ろすと柄に手に掛けて、何時でも刀を抜けるように準備をしておく。
銃は弾が元の世界から持ってきた弾数しかなく、無駄遣いはしたくないので使用しない。

雫は俺の背中から降りると、一歩後ろに下がり気を引き締める。

暫くすると、言った通り5人の武器を持った男達が現れた。
男達は俺達を見つけると剣を鞘から抜いて、こちらに歩いてくる。

「おい、そこのガキ達。ここで俺達に会ったのが運のつきだな。有り金全部置いて去りな」

俺達の近くまで歩いてくると、先頭にいた頭目らしき男が話し掛けてくる。

盗賊が俺達に模造剣なんかではない本物の剣を向けるが、そんな事は今はどうだっていい。俺的には目の前の男の言葉で1つの懸念が晴れた方が重要だ。

よかった…日本語で通じるのか。
異世界転移で先ず最初に心配するのが、言語の疎通である。小説では翻訳能力が女神から授けられたりしているが、生憎と俺達はそんな便利能力は受け取っていない。雫はまだしも、俺が一から全く知らない言語を覚えろと言われても正直自信が無いので安心した。

俺は密かに心の中で安堵の息を吐きながらも目の前の出来事に集中する。

しかし盗賊ねぇ…。
勿論一般人から見れば、武装した集団に刃物を向けられる事は十分脅威に成り得る出来事だろう。けど、俺からしてみればチャンバラごっこしてる子供くらいの認識しかない。

強大な力を持った俺だが面倒事はなるべく避けたい性分なので、最初は話し合いで解決出来るか確かめてみる。だって無駄な体力消耗したくないし。

ここは一度穏便に済ませられるか試してみるか…。

「折角の所悪いが、金の類いは持ってないんだよ」

「ん~じゃあ持ってる物全部寄こしな。それで許してやる」

はぁ…どうやら話が通じるような相手では無さそうだな。

盗賊との話し合いでの解決が不可能だと見極め、武力で対処する手段に変更する。

その中から1人ぐらい生かして、この世界の情報を教えて貰うことにする。

俺は即座に抜刀する体勢を取る。

「リーダー、女の方は好きにやっちゃっていいですかね?」

「ああ、けど程ほどにしておけよ。奴隷として売るときに価値が下がる」

「了解」

盗賊の1人がそんな事を言いながら、雫に悪寒がするような卑猥な視線を向けてくる。

雫はそんな男の視線から逃げるように太陽の背中に隠れる。

──その瞬間、俺の概念意識が切り替わる。

雫を奪う?
誰が?
誰の許可を得てそんな発言をしている?
俺の雫を奪う?
俺の妹を奪うだと?
雫に害をなす存在は全て俺が切る。

──抹殺対象確認。

手の前の塵共を敵と判断した瞬間、俺の身体に纏う雰囲気オーラが可視化出来る程の漆黒の殺気が漂う。

まるで別人のような変貌っぷりに相手の盗賊達は一瞬、思考、動きを忘れる。

──次の瞬間、俺は盗賊の1人の首を刀で切り落としていた。

「──は?」

切られた男は間抜けな言葉を残して頭だけが地面に落ちる。
周囲の仲間も何が起こったのか理解が追い付いていないようだ。

「て、てめえ!何をしやがった!?」

「貴様らは雫に害をなそうとする存在だ。ならばその存在、消滅させる他ない」

雫へ向けられた鄙陋な言動への殺意が俺の言動にまで影響を及ぼし始める。

そう言うと刀を横に薙ぎ払う。
それだけでまた1人の盗賊が血飛沫をたてながら真っ二つになっていく。
盗賊達には剣速が速すぎて、時が刻まれていく毎に仲間が斬られていく光景が広がっている事だろう。

俺から漂う夥しい殺気に当てられた盗賊達は皆、我を忘れたように只、俺に剣を向ける。
頭では理解している、目の前の敵は自分達の叶う相手ではないと。
だが、悲しいことに身体に備え付けられた生存本能が必死になって生きようと身体を突き動かす。

大斧を持った男が太陽に向かって落下の速度を乗せた斧を降り下ろしてくる。
俺はそれを避けようとせずに、ただ目を瞑って時を待つ。

「これで死ねーーーーーー!」

斧を持った男は俺が避けることを諦めて負けを認めたように感じたであろう。
男は少し拍子抜けに感じた。もしかしたら見かけ倒しなのでは?

──だがそれは男の勘違いであった。

「力の差も分からない雑魚が粋がるなよ」

俺は降り下ろされる斧の直線上に手を向ける。このまま回避行動を取らなければ腕ごと体を引き裂かれることになるだろう。

相手は勝利を確信する。
この状態から回避行動を取るには遅すぎる。
だが次の瞬間、男の予想だにしない出来事が起こる──

「は…?」

男の降り下ろした斧が俺の頭に当たろうとした瞬間に斧が止まったのだ。
男が斧に力を込めるがびくともしない。
男の視線の先には俺が目を瞑り、片手で斧の刃を掴んでいる光景が見えた。

「馬鹿な!?斧を片手で止めるなんて!」

「喚くなよ雑魚が。貴様なぞ片手で十分である」

指に力を入れると斧の刃が粉々になる。

──男は戦慄する。

片手で剣を受け止めるなら聞いたことがある。
だがそれを斧でやってのける人間なんて聞いたことがなかった。
さらに指力だけで斧を粉砕させるだなんて。

男が恐怖で一歩後ろに下がる。
その光景を目の当たりにした他の盗賊達は接近戦を続けるのは危険だと判断し、数歩後方へと下がる。

俺はそれに反して一歩前に出る。

盗賊達は理解する。
この男の視界に入った時点で既に、目の前の化け物の領域に足を踏み入れていたと。
この男に喧嘩を売ることが死に繋がると。

「貴様ら理解しているだろうな。我ら・・兄妹に喧嘩を売ったのだ。生きて返すと思うなよ」

その僅か数秒後──大地には頭と胴体が別々に為り果てた4人の死体が転がっていた。

元の世界で太陽の存在を知る人間達は皆、太陽の事をこう呼ぶ。『死神』と。
死神の作り上げた屍の数は数百万にものぼる。
殺人に罪悪感など微塵も感じ得ない。
ただ俺達の進路を妨げる。それだけで殺すには充分な理由になり得る。

仲間が一人、また一人と斬り捨てられていく。その光景に果てしない恐怖を感じた盗賊の残りの1人は必死に逃げようとする。

──だが、死神がそれを許す筈がない。
一瞬で逃げまとう男の眼前に移動し、刀を振り上げる。

「お兄ちゃん、そいつ生かしといて。この世界の事を聞く」

まさに刀を振り下ろそうとしたその瞬間、俺の耳に雫の静止を促す声が届く。

「──了解」

俺は雫の言葉を聞くと刀を鞘にしまう。
例え戦闘状態でも雫の言葉が最優先なのだ。

「今から質問するから、それに答えれば生かして帰す」

雫が盗賊の男に向かって話し掛ける。

男は恐怖で、壊れた人形のようにただ頷くことしか出来なかった。
何より答えれば生きて帰れる希望が見えたのだ。
今の男に答える以外の選択肢はなかった。

「まずこの世界の種族はどのくらい存在する?」

「し、種族は人族と獣人と魔族、エルフや竜人、ドワーフ、他には精霊などが存在しています。」

「この世界の硬貨は?」

「高い順に、神貨・黒金貨・白金貨・金貨・銀貨・銅貨です。1つの硬貨10枚で1つの上の硬貨1枚と同じ金額です」

その後も雫は男にいくつか質問をした。

質問される中で男は疑問に感じていた。
何故こんな当たり前の事を質問するのか。
硬貨の情報なんかは、この世界の人間なら子供でも知っていることだ。
男は疑問に思っていたが今は質問に答えるしかない、それが男に残された生存への希望の道なのだ。

暫くすると雫が質問をするのを終えた。
男はやっと助かると思い、気を抜く。
だが次の瞬間再び絶望が降り注ぐ。

「お兄ちゃん、こいつ殺しといて」

「分かった」

二人の会話を聞いて男は耳を疑う。
なぜ?質問には答えた。
助かる筈だと思っていた男が聞き間違いだと思い込みたくなるのも無理はない。

「は、話がちがうじゃないか!?質問に答えたら殺さないって!」

「貴様が抱いたであろう疑念が理由だ。『何故こんな当たり前の事を訊くのか』とな」

「そ、それは…」

自身の心中を当てられた男は唇を強く噛む。

「つまり、貴様は我らの知ってはいけない箱を開けてしまったのだ。それが貴様の死ぬ理由だ」

「で、でも殺さないって!」

「貴様は虫とした約束を守るのか?我は虫ごときの言葉に耳を傾けるなどするはずもない。まぁ、正直貴様達が何人、誰を殺めようが知ったことではないが、相手が悪かったな。我は聖人君子ではない。要らぬ期待を抱くだけ無駄というものだ」

そう。俺は世界中の人々を守ると妄言を吐くような偽善者ではない。

「──だか、我にも守るべき存在がいる。貴様達はただ我の逆鱗に触れた、それだけで貴様らが死に逝くには充分な罪状だ」

「あ、あぁ…」

「──死ね」

そう言うと刀を男の心臓に突き刺す。
男は前のめりに倒れ、地面には血溜まりが出来る。

盗賊によって染まった刀の血を刀を放物線を描くように振り取って鞘に納刀する。

平和ボケした地球あっちの人間からしたら残虐だと思われるかもしれない。
ちなみに勘違いしないで欲しいが、俺に自分達に無害な人間を無意味に虐殺する趣向は持ち合わせていない。

だが、相手が武器を抜いたときは別だ。
その敵が俺達の歩む道に立ちはだかるというのなら迷うことなく斬り殺そう。
武器を抜いたのだ、それはつまり死地に自らの意思で赴いたということを意味する他ない。

そんな状態で相手に慈悲を掛ける?はっ、笑わせるな。俺達の道を遮ったのだ、その魂、刈り取られても文句は言えない。

他にも情報のついでに奴等の持っていた装備品や金銭を全て剥ぎ取って空間収納の中に放り込んでいく。
盗賊だけあって金銭は中々の金額を溜め込んでいるようだったので、これなら当面の生活は心配する必要はないだろう。

それから2人は盗賊から聴いた情報にあった、国のある方角に向かって歩き出した。

「シスコン&ブラコンの天才兄妹は異世界でもその天賦の才を振るいます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー20752

    貴様はいままで食べたパンの枚数を覚えているのか?

    2
  • ズーミン

    数百万「を超える」→数百万「にものぼる」にした方がいいのではないですか?

    1
  • ズーミン

    指摘失礼。武器持ち→盗賊と安直に断定するのはどうかと…結果的にそうだとしても、まだ他に可能性のある中では、世界観にそぐわないと思います。

    1
コメントを書く